FC2ブログ

山梨探索2011~2012(24)

B310サニー
B310サニー
B310サニー
B310サニー

日産自動車
ダットサン・サニー
セダン(B310)
山梨県甲府盆地にて
2011年11月撮影

第43回東京モーターショーの開催を記念して、
ただの山の上の畑のビニルハウスの傍らで見つけたカットモデルを紹介します。

鬱蒼と木々が生い茂る山道を上りきって開けて明るくなるなりすぐに、
首チョンパのサニーが、こんにちは!してくれて、どえりゃあヒキました。
整備工場のオヤジが戯れで切った風でもなく、メーカーが展示のために切ったでもなく、
ましてやサニーの果樹園仕様車を作ろうとしたという風でもない、
解体屋でチョンパされたところを譲り受けてきたという感じです。
グリルからして後期でも昭和55年11月MCモデルで、
バンパーのタイプとサイドモールが無いところから高いグレードではないのは確かで、
さらにホイールから見分けられるかとも思いましたが、管理人が踏み出す領域ではないと諦めます。
実用的な草ヒロではないものの、イロモノという点では天下一品な1台?でした。

コメント:管理人

コメント

>シャオさん

基本の形状はオリジナルのものと同じなのですが、骨組みを残してボロボロになっていたので断定はできません。
キーシリンダーがなぜかハンドルに括りつけられていました。


>魔洲魅丸さん

バラすための切り口では無いと思わせる綺麗さですが、その後の今の状態が何とも不思議です。


>羽前の国の旧車狂さん

CTはラジオが付かず除外でき、DXで落ち着き、ホイールから1300かな?となりましたが、検索大図鑑ではグレードが網羅できないので、尻切れで止めました。
11月MCなので昭和55年の自動車ガイドブックには載らず、56年にはB11となっている隙間モデルです。

 このサニーは恐らく1300DXでしょう。私が乗って居た車はこの車より上級グレードのSGLで色は同じです。

 マイナーチェンジは昭和54年11月です。

 でも内装を見ると懐かしいですね。もう16年も運転していないのに何となく記憶にある。ギヤは良くスコスコ入りました。ステアリングから判断すると私と同様親の車のお下がりを数年乗った後の廃車でしょうね。

 それと私の友人でこちらも父親が母校の教師(英語担当)だった者が居り、その父親が同じモデルに乗って居ました。確かリヤガラスに熱線が無かったと記憶しています。シートはオールビニールでしたね。残念ながらこの教師も親父が亡くなり5か月後癌で亡くなりました。
 

芸術

時折、カウルパネルの所から「ギロチン」された物を見掛ける事は有りますが、ここまで綺麗な切り口は初めてです

ステアリング社外?
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数