FC2ブログ

第17回クラシックカーフェスティバルinところざわを見に行ってきました。(8)

ポーター軍団

ところざわでも、雨にも負けず軍団が形成されていました。

ポーター軍団
ポーター軍団

ポーター軍団(ガチャピン)

毎度おなじみのガチャピン・ポーターの並びは、
NYMで見たズラーーリから、ズラーーーーリにパワーアップしていました。
同じポーターながら、1台として似たようなものが居ない、
1台1台にオーナー個々のセンスが表現される作品展にも見えます。
頭の高さひとつでこうも違いが出せるものなのかと感心させられました。

ドロンパ

ミニキャブ(ドロンパ)

ガチャピンに唯一対抗できるドロンパというキャラを持ったミニキャブは、
1台が荷台に部品を背負って参加していましたが、
雨のせいで広げることもできず、待ちぼうけをしていました。
バスのオバQとタッグを組めば、ガチャピンのインパクトに敵う!ものでしょうか?

TN360

ホンダの軽トラ勢は分散しながらもTNから7を除いてアクティまで揃っていました。
ガチャピンの傍らに控えていたTN360に始まり、

TN-5とTN-3

TN-5TN-3の並びがいて、

TN-5

TN-5と、それに従うはローラースルーGOGOではではなく、鉄腕アトムのキックボードでした。

TN-アクティズ

TN-7は抜けて、その後のTNアクティの
青の前期MC顔、白の後期型、白の後期ビックキャブの3台が並んでいました。
草ヒロでは超が付くほど馴染みの皆さま方でしたが、

TN-アクティ

ホンダ・TNアクティ三方開スーパーデラックス

ハーフキャップを履いた姿なんて草ヒロでは期待できず、
カタログの中の写真だけの光景と思っていましたが、
今まで見てきたTNアクティの中で一番感激したオシャレ個体でした。

バモス

バモス

で、掲載を危うく忘れそうになったバモス。
RV要素が強いのと、何よりも実車を余り見かけないのも手伝ってますが、
最大積載量350kgの実力を持つ立派な軽商用車です。

キャリイ
キャリイワイド
キャリイ
キャリイ

キャリイはサブロク末期のL50から、
ワイドST20~ST30/40と4台の姿が見られ、
4台全てが一方開モデルでありました。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

すみません、このイベントでのTN-3の写真を見て、メッキ類のドギツさとベースのシルバーから、ドクロ仮面に見えてしまいました。
本当に、申し訳ないと思います。

>草疲労さん

L50がベースになり軽規格激動期を越えるのですが、シルエットはST20と同じながら、老け顔に見えてしまうのは頷けるところで、L40の後となったところといい、本当に損な役回りです。

色変えて

ポーターは黒にすると「ヤマンバ ギャル」
ホンダTNは「チョビ髭」
キャリーは「クマモン」
こんな感じ

ST20と30、並べてみるとほんの数年の違いなのにデザインの近代化が著しいですね。

そしてL50は歴代一の老け顔(笑)
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数