FC2ブログ
第17回クラシックカーフェスティバルinところざわを見に行ってきました。(7)
いすゞボンネットバス

いすゞのボンネットバス(昭和39年式)

会場入ってすぐに眼に飛び込んできたボンネットバス。

いすゞボンネットバス

オデコに表示幕は無く採光の窓が配されているのが眉みたいで柔らかな顔つきに見えますが、

いすゞボンネットバス

眼を側面車体後方に転じていくと端に向かって丸みを帯びていくスタイルとは程遠く、
Rが付き始める手前でバッサリとカットした食パンみたいな風貌となり寸足らずです。

いすゞボンネットバス

リアに回って見えてくるのは、観音開きの大きなドアとステップ付きのバンパーで、
狭隘路線の旅客用というよりかは、バスボディーを活かした貨物車用途だったというナリです。
ボンネットバスでは馴染みのないスタイルに加えて
ドア横のプレートからボディーメーカーは京成自動車工業とわかり、
こちらに至っては馴染みどころか、実物を見るのは初めてというシロモノでした。
西武風のカラーリングを纏っているので、三角バスとの共演でも見られた日には、
ディープなバス世界にようこそ!といった祭りになることでしょう。

プログラムにあった1964年という年式と、
推定される4000mmの軸距からBXD20の改造車と思われます。

コメント:管理人

ところざわのイベントレポは明日更新までとして、
土曜日より草ヒロ紹介の通常営業に戻したいと思います。
【2013/10/24 23:01】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<第17回クラシックカーフェスティバルinところざわを見に行ってきました。(8) | ホーム | 第17回クラシックカーフェスティバルinところざわを見に行ってきました。(6)>>
コメント
>魔洲魅丸さん

検索をしてみると、件のタクシーの画像を見ることができるとともに、「笹カラー」と呼ばれているとうのを知りました。
【2013/10/25 22:15】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
復活色
このカラーリング、配色はバスでは定着してますが、嘗てはタクシーにも採用されて居たカラーリングです(共に西武) 近年ではエリア限定でタクシーのカラーリングが復活してます
【2013/10/25 07:45】 URL | 魔洲魅丸 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2563-fcdc07ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |