FC2ブログ
←~2013神無月-長野行き(6)
マスターエース・サーフ
マスターエース・サーフ

トヨタ自動車
マスターエース・サーフ
4WDスーパーツーリング2000ディーゼルターボ(CR30GX)

長野県諏訪地域にて
2013年10月撮影

このカタチとなると、タウンエースの現役車の複数台を地元で見る機会があり、
オヤッと反応はするものの、ムムムッと正直な感想が出てきてしまうものです。
見つけた時にはスルーしたものの、直後にふたたび前を通るハメになったので、
「健気な天然モノを、分かっていてスルーする」のはアンマリと、しっかり撮影をしてきました。
考えてみれば、ネタだネタだと言いつつもエスティマを草ヒロとして撮影するからには、
その登場をキッカケにピリオドが打たれたマスターエース・サーフをスルーするのでは筋が通りません。

マスターエース・サーフ

ビニルハウスの横に置かれた物置車で、
車内には荷物をてんこ盛りに積載し大活躍し、
バックドアにはアピールポイントを示すエンブレムやステッカーがてんこ盛りで、
現役時代は4WDにディーゼルターボとTEMSが大活躍したことでしょう。

コメント:管理人
【2013/10/14 20:02】 | コーチ・ワゴン・1BOX | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<鉄と鉄の共演~今日は鉄道の日です。 | ホーム | 長野行きの取材先~2013神無月-長野行き(5)>>
コメント
>魔洲魅丸さん

お名前の冠にあります、魂の叫びは省略させていただきました(ペコリ)

兄弟車でありながら、太陽と月の関係が続いたモデルに思います。
ライトエースは先んじて2代目となり、タウンエースより多数派となったのは草ヒロでも実感がありますが、3代目はバンのイメージが強く、タウンエースとマスターエース・サーフに食われたのが感じられます。
【2013/10/14 22:13】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
スッカリ
マスターエース、タウンエースの影に消えかけたのが「ライトエース」順番で言えばライトエース-タウンエース-マスターエース 新し物に飛び付いた「バブル期」でした
【2013/10/14 20:22】 URL | 渡る世間で老朽化しているチョイ漏れオヤジの魔洲魅丸 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2551-3c49ebb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |