FC2ブログ

鈴木B360恒例の夏の長野巡行より~2013(1)

昨晩の記事を出してからすぐに鈴木B360が訪れて2013年夏の写真を受領しました。
写真をもらって驚いたのが、画像サイズが640×480ピクセルという激渋サイズの低解像でした。
10年以上昔のヴィンテージデジカメを思わせるサイズを懐かしく思いました。
いざ記事にしようとしてみると「困った!」の一言に尽きましたが、
予告を出したからには引けないのでGO!です。

上が2006年、下が2013年

上が2006年、下が2013年の様子で、
2013年ヴァ―ジョンが引き伸ばしたボロボロ具合ですが、
各個体を下にスライドして見比べていただくと、
右から2番目の白いサニークーペが・・・

DSCN0480.jpg

赤いピアッツァに化けていました!
素敵な草ヒロ展示場の展示車入れ替えが行われたことに驚愕するとともに、
ずっと一緒に並んでいましたよ!とばかりに馴染んでいるピアッツァに呆れます。

現地のもっと詳しく高解像度の模様は、
Google大先生のストリートビューにありますので、
場所をご存知の方は、そちらで大いに補完をしてください。
管理人的にはドライブがてらに再取材も視野にいれていますので、
気長に気長にお待ちください。

写真撮影(2013年版):鈴木B360
コメント:管理人

コメント

>松本市民さん

はじめまして。
ほとんど持って行かれてしまいましたかー。

この記事で紹介した後に訪問をしていますが、
http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/blog-entry-2550.html

この時には、残っているというローレルにこそ「売約済み」のプレートが掛かっていました。

まだ、屋根の部分は立派に機能していますが、大型車の通りの多いところ、新たに車を置いてもフロントはサビが早いでしょうから、置いてくれたら面白いところですが、売り物を置く環境でないのは、並びの車から見て一目瞭然です。

はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。

今日この中古車屋の前を通りがかったところ、中央のローレル?と赤のピアッツアを残して他の車がすべてなくなっていました。
どこかのマニアが買ったのでしょうか。
今後が気になるところです。

>古厩さん

先ほどの更新で、10月6日に訪問した際の状況の記事をアップしました。
その記事の中で、こちらのコメントの内容を参照させていただきました。

それにしても、この中古車屋?はどこへ行こうとしているのしょうか?
並びのバリバリ現役なお店に初代RX-7居たので、空いたところに置かれるのか?などという妄想に囚われてしまいました。

本日、ここの前を通ったところ、左から2番目(こちらを向いている中では1番左)の230にプライスボードが付いていました。
お値段は冗談なのか本気なのか「76万円」でした。まだまだ、売る気十分なようです。

>魔洲魅丸さん

立派な屋根が設えてあるのですが、何年も車のように放置すると流石に・・・。
2006年と比べて、蛍光灯のカバーみたいな白いものが片付けられていますが、流れに逆らえるものでもなく、着々と進んでいっています。


>1049さん

隣接して自動車屋さんがあるので、そちらのものにも見えるのですが、だとするとお手入れの状態にもどかしさを感じるところです。


>古厩さん

勝手に持っていかれるほど長閑な場所とコンディションではないので、張り紙に従って購入者が現れたのでしょうね。
そして空いたところに新規在庫を補充するくらいですから、まだやる気十分。
そら恐ろしさを感じるところです。
自研の個体たちは博物館に匹敵する陣容であったため、むざむざ鉄くずに成り下がるとは思いませんでしたが、あの威容がまだ某所で見られるというだけで、ホッとします。


>草疲労さん

長野だけではなく、地元の神奈川でも感じるところです。
どうやって片付けるのだろう?整理なんて無理無理!!とタカを括っていたような物件も姿を綺麗サッパリと消しています。
OT132号のクラウンは鈴木B360が元あった場所で確認をしてきています。また、写真を見るともう1台見覚えのある個体がいました。

追記です。


見覚えのあるクジラクラウン2台が最新のOTのスリーアールのページに出てました。

錆びかたがどこぞの個体そっくりでした!

ヤードと言えば、遠山郷の有名中古車ヤードも姿が消えたそうです。

県道1号沿い、静岡県堺付近の初代カローラや、某駅周辺、懐かしいT野のヤード等ここ何年かで本当に色んな草ヒロが姿を消しました。

一時期、「クラシックカー売ります」と書かれた張り紙が有ったみたいなので、サニーは誰かに買われていったのでしょうか。
一台無くなったときはまさかそこに新たなクルマが置かれるとは思いませんでした。

因みに、「自研」のクルマの一部は某所に保管されています。
外からは殆ど見えませんが、結構な台数が残されていそうです。

未来車 ピアッツァ

今となってはピアッツァも古いですが、周りのラインナップが古いこともあってか、未来の車がワープしてきたかのようですね。

車が変わったってことは、もう誰の物かもわからないこのヤードも一応管理者がいるってことですかね?

・・・が先か ・・・が先か

車が先か、屋根が先か
耐久レース真っ最中なピンナップですね
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数