FC2ブログ

春まだ遠い信濃路より~2013睦月(18)

ダットサントラック

日産自動車
ダットサン1300トラック(520S)

長野県松本盆地にて
2013年1月(銀世界)/2012年3月(雪なし)撮影

スタウトからちょいと山を降りると居るダットラも冬眠中でした。
北側の山のツートップが健在なのを見てホッとし、
ゆったりと鑑賞でもと思いましたが、寒くて堪らずすぐに車に戻りました。
直前にスタウトへの膝まである雪の中を、長靴も履かず市街地を行くような軽装で踏破したため、
靴に加えてズボンも雪まみれしてキンキンに冷やしてしまい、
スタウトを前にしたクライマーズ・ハイ的な高揚感の中では感じなかった寒さに襲われました。
モフモフの真綿に包まれたかのような温かそうなダットサンを前にして、
管理人はひとり人気のない山の上で凍えていました。

ダットサントラック

撮影時期は逆ですが、春を迎えて冬眠明けのご様子もあわせて。

コメント:管理人

コメント

>フーガさん

近所に会社の古い時代の写真で、ロゴ入りに社用車を前に記念撮影といった感じのものに、ペットレオにくろがねベビーが・・・。
もちろん廃車されて跡形もありませんが、「そんな時代もああったのね♪」と思いに浸れます。

この車は・・・寸又峡温泉にあった白黒写真に映っていたトラックだ!
現在は温泉街ではなく畑などもあるのどかな村でした。
その古い白黒写真にこのトラックが映っていました。
同トラックはもう一台あります。かつてのダム作業員の居住区へ続く道(現在は大荒れ)に捨てられています。

>草疲労さん

市内に一泊をして2日掛けて軽かレンタサイクルでじっくりと探索をしてみたいところです。
春の探索シーズンオフの頃に、ストリートビューで偶然見つけたB360と、加えて周辺部で多くの個体が草ヒリストたちによって成果として出てきています。
写真を見ても、こんなところがあるの?とクエスチョンマークが灯るところで、地元の草ヒリストの行動範囲の広さに脱帽です。
まだ十二分に楽しめる感触がある地域だったところに、さらにルーチェや大好物の存在とは・・・、早く秋が来ないかなあと、探索の出来る日が待ち遠しいです。


>魔洲魅丸さん

ヒャットサンには2灯の弱いところが、ダットチャンには4灯の強きところが、何となくイメージできるところです。
ダットサンがベースに、古いものがダットチャン、より古いものがヒャットサンとは、子供らしく無邪気なネーミングの一方で、新しくカッコイイことがイチバンという子供心が感じられます。

呼称

丸目2灯を「ヒャットサン」
丸目4灯を「ダットチャン」
MC後を「ダットサン」と子供の頃に呼んで居た記憶が有り 誰かに「吹き込まれ」(教え込まれ)た様です

いつにネタを投下しようかと迷ってましたが、北側の山と来たので本日投下します!


南側の山にルーチェ、カロバン、ライトエース、初代ミニカ等草ヒロが沢山落ちてる山があります。

さらに熊注意の看板を横目に道の終わりまで進むと管理人氏の大好物が置いてあります!
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数