聖地探索2012(53)
ミニカ
ミニカ

三菱自動車工業
ミニカ73デラックス(A101)

長野県中野飯山地域にて
2012年4月撮影

昨日紹介のカローラと同じようにサビに覆わて崩壊寸前なミニカです。
どんな年式なんだろうかと見回すとラジエーターぽい物が見えたので、
水冷エンジンとなったミニカ73と思われます。
1972年(昭和47年)9月MCで登場のミニカ73は、そのひと月後にミニカF4が登場するため、
廉価モデルという位置づけでデラックスとスタンダードの2グレードのみで、
『残された』と呼べるようなモデルで、翌年にはフェードアウトしてしまい、
自動車ガイドブックに掲載がありません。

ミニカエコノ

三菱自動車工業
ミニカエコノ・ティコ(M-H14V)

長野県中野飯山地域にて
2012年4月撮影

ミニカ73のすぐ近くには、その16年後のミニカ(エコノ)も物置となって働いていました。
ボンバンブームに乗りに乗って、乗用モデルよりバンモデルが花開いた年代で、
エコノのサブネームの下に、マリエ、ライラ、パセリ・ジャッカル、ゼオ…と大家族になりました。
その大家族に昭和63年1月、最後に仲間入りしたのがこの個体のティコです。
FMCまで1年のモデルながら、ボンバンブームの集大成とも言えるものです。

博物館展示車をはじめ、とかくそのモデルの前期型ばかりに眼が行きがちですが、
この果樹園地帯では、熟成された末期モデルのいぶし銀な共演が見られました。

コメント:管理人
【2013/08/21 19:38】 | 複数車種 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<更新お休みのお知らせ | ホーム | 聖地探索2012(52)>>
コメント
>主さん

記事掲載以降に得た、当時の雑誌などを参照しましたが、管理人だけではご指摘の点に応えられません。
ミニカ72のスーパーデラックスであることの絞り込みができましたが、73の資料が手元にありません。
参照にしたのは、
モータファンの臨時増刊号で『ミニカー・バラエティ‘71~‘72』です。
ミニカ72でもファミリーデラックス、スーパーデラックスGLに水冷エンジン車を把握することができました。
【2017/09/19 20:48】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
ミニカ
こんにちは。
掲載のA101は、レインガーターにステンレスモールが付いているのと、クリアランスランプがウインカー兼用になっている事から、ミニカ72のスーパーDXあたりだと思われます。
【2017/09/04 22:19】 URL | 主 #X.Av9vec[ 編集] | page top↑
>フーガさん

背高全盛のイマドキ軽とは、影に隠れてしまいそうなくらい小さく、小さいのに走っている姿は目を引き目立ちます。
【2013/09/24 16:39】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
ミニカ73デラックスは現役で見かけます。
サークルKの店長が乗っているのを見かけます。
今の軽自動車よりも小さいので目立ちますね。
【2013/09/22 20:49】 URL | フーガ #tNNEWfu.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2499-b5b39200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |