FC2ブログ

聖地探索2012(48)

デリカバンワイド
デリカバンワイド
デリカバンワイド

三菱自動車工業
デリカバンワイド1400 5ドアデラックス(J-L031PV)

長野県中野飯山地域にて
2012年4月撮影

80年代へ走りだした。という刺激的な謳い文句など、
カタログでは1980年代を先取りした新時代の車であることをアピールし、
1979年(昭和54年)に登場をした2代目デリカシリーズ。
ワゴンモデルにはスターワゴンの名前が与えられ華開いていくモデルの一方で、
バンは小型車枠いっぱいまで車幅を広げた意味合いから「ワイド」の名前が入り、
サターンエンジンの1400と1600の二本立てでスタートをしました。
昭和57年のMCで1800cc4WD、ロングハイルーフ、ディーゼルの追加とバッチのMMC化の影で、
ミニキャブが辿ったように「ワイド」の名前がひっそり外れてしまい、
ラインナップは充実しましたが、ただのデリカバンになってしまいました。

この個体は、昭和54年~57年までの前期型の1400ですが、
テールゲートにはスポイラーを装備して少しオシャレなところや、
目の前に立派な納屋がありながらも物置として生きているところなど、
初代ハイエース4代目ハイゼットと来ていたところにガクリ感はありますが、
ロールーフ白の地味過ぎる箱と素通りできない好ポイントがありました。

コメント:管理人

コメント

>フーガさん

どこに住んでいるのかわからないものの、通勤時間帯の決まった時や、ホームセンターの駐車場で見慣れた旧車はいます。
管理人の気になる個体は、モスグリーンのK87サンバーを最近見かけないので、どうしたものかと心配をしています。老夫婦が趣味ではなく実用で乗っていたものなので、もしかすると・・・、です。

海岸に近いY市のスイミングスクールで職員か訪問者かは知りませんが現役で走っているねを見かけました。
現在スイミングスクールは廃業し跡地にはセブンイレブンが建ちました。
見れないなーと思っていましたが近くにあるショッピング施設の駐車場にありました。

>草疲労さん

リサイクル法を掻い潜って置かれるだけでも、廃車体文化の面からはありがたいことですが、旧車趣味の線では20年くらい寝かさないと通用しようにないのは正直痛いです。
で、それを寝かさずにどんどん出す探検隊は、もっと痛いのかもしれません。

ここ最近探索の道中で平成のスターワゴンを目にする機会が増えました。


これからあちこちで増えて探索の主力になる日がなるべく来ない事を願ってます!

>魔洲魅丸さん

エンジンラインナップも充実したMC後からの個体を多く見かける気がします。
またワゴンでも1800とキャラバンやハイエースにより近づこうというモデルが売れ線だったのか、この時の1400なんて地味なところは、残っているデリカの中では少数派かもしれません。

小さな

拡大されて使い勝手が良くなったデリカ エンジンはバネットやライトエース級ながら容積はキャラバンやハイエースに肩を並べました
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数