あくまでもドライブ、嫁にいいわけスペシャル!?うなぎと温泉とハイブリットカーを楽しむ日帰り長野強行旅(17)

ビートル
ビートル
ビートル
ビートル

フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン・ビートル

長野県上田地域にて
2013年5月撮影

ハイゼット55ワイドからチョイとばかり段畑の細い道を走ってみましたが、
とくにアタリ無く行き止まりにしてやられたり散々なことになったので段畑を下りて行くと、
県道に降り立ったすぐ目の前にビートルが2台オネンネしていました。
鈴木B360の来援を待って、少しばかりエピソードを盛って紹介したかったのですが、
もうこの連載を止めるわけにいかないので、細かく触れられずに済ませます。

ビートル乗りさんの保管車で間違いない2台で、
フロントガラスが左が平面ガラスで右が曲面ガラス、
リア通気孔の形状が異なるのが見て取れましたが、
それから導き出せる推定年式などの知識を持っていないので、
こんな違いがありましたよお~でご勘弁下さい。

思い起こせば2012年3月の探索で、納屋保管のいい頃合いのビートルをスルーするなど、
外国車に関しては冷淡極まりない探検隊なもので、
2013年1月に管理人単独探索で救済をしましたが、
畑で草ヒロをしている個体以外は、ネタに出来ないというアタマで対応してきました。

ビートル

スルーされていたビートルさん
長野県松本盆地にて
2013年1月撮影

しかしながら、今回のビートル2台は、不作だったところでの遭遇と、
探索車から降りずにお手軽に撮ったもので何とか写真に収めてきていました。

コメント:管理人

2013年8月6日追記

TED520様より、年式についてのコメントを頂きましたので転載します。

手前のフラットウインドウモデルは71~72年の1302(1600ccは1302S)です。
リアのスリットが2箇所でリアウインドウが少し小さいので71年式だと思います。

奥の曲面ウインドウモデルは73~75年の1303(1600ccは1303S)です。
フロントウインカーの位置からすると73か74年式かと思います。
どちらもそれまでのビートルとはフロント足回りが違いストラットの新設計です。
他のビートルと比較してフロント周りの形状が違ってます。

ブルーのビートルは、窓の形状から、おそらく65~66年頃のモデルかと思います。
(67~70年のモデルを古いタイプにバケさせた可能性もあり)


TED520様、ありがとうございました。

コメント

>魔洲魅丸さん

鈴木B360ならまだ少しは知っていそうなのですが、管理人単独でこの記事をこしらえたので、長期生産モデルに恐怖を感じて触れないでおきました。


>TED520さん

ビートルをよくお知りの方に「どれも一緒に見えるのがビートルの良いところ(笑) 」などと言われると気が楽になります。
微妙なフォルムの差を、写真だけでというのは、ディープな世界に入っていない身には厳しかったので助かります。
述べていただいた年式については、追記で引用させて頂きます。

また、ビートルさんなどを見つけた折には、どんどんアップさせていただきます。

はじめまして。
どれも一緒に見えるのがビートルの良いところ(笑)

手前のフラットウインドウモデルは71~72年の1302(1600ccは1302S)です。リアのスリットが2箇所でリアウインドウが少し小さいので71年式だと思います。
奥の曲面ウインドウモデルは73~75年の1303(1600ccは1303S)です。フロントウインカーの位置からすると73か74年式かと思います。
どちらもそれまでのビートルとはフロント足回りが違いストラットの新設計です。
他のビートルと比較してフロント周りの形状が違ってます。
ブルーのビートルは、窓の形状から、おそらく65~66年頃のモデルかと思います。
(67~70年のモデルを古いタイプにバケさせた可能性もあり)

ヤナセが1950年代から輸入していることもあり、輸入車としては桁違いの台数が日本に入ってますので、草ヒロの遭遇率発見率も高いです。
日本独自の仕様や改造などなかなか面白いので、今後も発見したら是非UPをお願いします。

微妙

この型のワーゲン Ⅰ型とⅡ型はヘッドライトとテールランプで判別可能ですが、Ⅲ型と型Ⅳになると、熟知してないと迷う事が多々あります まして「並行輸入車」となると、パニック必須です
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数