FC2ブログ

山梨探索2011~2012(17)

キャリイ
キャリイ
キャリイ

鈴木自動車工業
スズキ・キャリイ360三方開き(L41)

山梨県甲府盆地にて
2012年10月撮影

果樹の一大生産地ならではの果樹園仕様車でスズキさんは打ち止めです。

堤防道路を走っていると、果樹園の隅っこに佇む姿を認め、
お誂え向きにすぐそばに下りて行く道がありました。
アクセスの容易さに意気揚々とフロントを臨むと、
ジウジアーロのL40キャリイでした。
この屋根を切られた姿をジウジアーロが見たら何て言うことでしょうか。
デザインへの新たな意欲を掻き立てられられるでしょうか?

コメント:管理人

コメント

>井上ロボさん

スタイリッシュなL40Vでを紺色なんかに塗られては、知らない人が見れば外車で片付けられそうな雰囲気がします。
旧車趣味的にはバンモデルがスタイルでポイントが高いところですが、草ヒロ探索的には、すぐにネタバレするバンよりかは、この個体のように真近までL40であることをあまり主張していないのを見つけ方の方が、ポイントが高いです。

>1049さん

確かに、SUZUKIのアタリがセミのフォルムで、その横のラインがセミの腹です。
ただセミというとジウジアーロ大先生に申し訳ないので、夏限定でセミの声を聞いた時に思い出したいと思います。


>魔洲魅丸さん

川越支社に並ぶスズキ軍団の勇姿を見たい気もします。
丸目全盛の時代に、人相の悪いとも取れる角目がズラーッと並ぶさまは壮観だったことでしょう。


>羽前の国の旧車狂さん

L50のカタログはあるので、キャリイのグレードのへそ曲がりなところは分かるのですが、L40はガイドブックだよりです。
1970の掲載写真では一方開きのモール無しと三方開きのモールありがあったでのですが、表示のあった価格は一方開き(¥31.8万)と三方開き(¥32.8万)の荷台の差額1万円のみで正確なものではありません。
さらに、グレードを分けるような記述も無い有様でした。

バンでは見慣れたモール姿も、トラックでは「そういえば無かったような・・・」というレア車であるのは間違いありませんね。

こんばんは
毎度おなじみの親から聞いた旧車のエピソードです笑

このL40キャリイは父の友人(?)が乗っていたそうです。でもエンジン関係のトラブルがあったらしく60キロ以上スピードが出なかったそうで、付けられたあだ名が「なにがなんでも号」でした。
ただ、トラックではなくバンだったそうで紺色にオールペンされていたそうです。

ノ○ヒロでもこの間L40キャリイバンが特集されていて観覧車のゴンドラを思い出し、本屋で一人クスクス笑ってしまいました。
基本的に長野全域と甲府盆地で探索しているのでこのL40キャリイに出会えることを祈ります。

このキャリイですがグレードはSTDである事が判りました。更にグレードはスーパーデラックスとSTDのみしか用意されておらず、区別を付ける分には楽ですが、DX位は用意してもと思いました。尚外見で判るポイントはバンパーが鍍金かシルバー塗装か。ドアにラインが入って居るかいないかの違いで、内装はラジオとシガライターの有無です。

 価格差は幾らかは当方資料が無いので判りませんが出来ればSDXがホワイトリボンにしてDX以下はリボン無し、ラインなしでラジオと鍍金バンパーにして欲しですね。

 其れから私はL40については(41含め)SDXは見たとなると解体屋で33年前に一度見ただけで、あとは全部STDでした。現存車でもニューイャーで1台だけですね。現存車も多くがSTDです。

 もしかするとL40のSDXは激レアかも知れません。

工事車

東京電力 川越支社の工事車に多く採用されてました 比率はフロンテ バンの方が多かったですけど

おはようございます。
この顔のキャリイはなんとなくセミに似ていると感じます。
真ん中の盛り上がった部分からなぜかセミの口を連想してしまいます。
全く分からないかもしれませんが、ご容赦ください。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数