FC2ブログ
春まだ遠い信濃路より~2013睦月(12)
トヨタライトバス~2007
トヨタライトバス
トヨタライトバス

トヨタ自動車工業
トヨタライトバス(RK170B)

長野県松本地域にて
2007年5月と2013年1月撮影

BAさんから振り返ると勇姿を拝めるのはトヨタのライトバスさんでした。
こちらの個体は、昭和38年4月に発売されたライトバスの、
昭和40年にMCを受けるまでの前期型なのですが、
特徴的なおヒゲのようなライト周りのモール?が落ちてしまい、
中期型や後期型のようなアッサリ顔になってしまっていますが、
紛れも無いおヒゲの前期型でございます。

雪が深くて接近をあきらめたので、2007年の写真をベースにコメントを書きました。

ライトバスの後、意気揚々と近所の畑へ510さんを雪道を進んで見に行くと、
極上のブルちゃんは姿を消していました。
よ~く見えるところに置いてあったのでサルベージされたと考えたいところです。

コメント:管理人
【2013/04/24 15:00】 | マイクロバス | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<春まだ遠い信濃路より~2013睦月(13) | ホーム | 春まだ遠い信濃路より~2013睦月(11)>>
コメント
>羽前の国の旧車狂さん

すこし大雑把に書きすぎました。

自動車ガイドブックにエンジンの紹介ページでは、3Rには、クラウンでおなじみのエンジンとある一方で、3R-Bにはマスターラインやダイナという文字はあってもクラウンとは一言もありませんでしたが、クラウンRS40-Cなどには機関型式でしっかりと3R-Bとありました。
【2013/04/29 21:57】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
 クラウンはクラウンでもSTDやマスターラインに3R-Bは搭載されて居ます。デラックスのエンジンとはヘッド周りの関係部品が作りが違いますね。

 基本そのまま外して載せ替えても一部補機類を交換すればクラウンやマスターラインには載せ替えは可能です。今はOHしなければならないでしょうけど。
【2013/04/27 10:36】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
>魔洲魅丸さん

5mちょいのボディに1900ccのエンジンでは、今のコースターや車と並べると小さく見えてしまいそうですが、写真のようにひとりデンと構えている分には、小さくは感じることがないので不思議です。

>羽前の国の旧車狂さん

後輪が外されていたりするので怪しい感じもしますが、経年で各パーツが脱落した以外にどうこうした風には見えません。

3R-Bエンジンですが、低速でのトルクを重視しているので商用車だけなのかとおもいきや、クラウンでもしっかりと搭載モデルがいるというのに調べてみて初めて知りました。
乗用車ヤードの奥でトヨタライトバスを見かけたのを今になってなるほどと納得しました。
【2013/04/26 21:39】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
 珍しいモデルですね。エンジンは当然の如く3R-Bエンジンでしょう。果たして残って居るでしょうかね?
【2013/04/26 13:48】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
派生?ルーツ?
ダイナが基盤のライトバス トラックよりパワフルに感じたのは、フルサイズなボディの影響でしょうか?
【2013/04/24 18:19】 URL | 魔洲魅丸 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2376-bf79cba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |