FC2ブログ

春本格到来!シーズンラスト?の草ヒロ探索より(4)

ホーミー
ホーミーキャラバン
キャラバン

日産自動車
ニッサン・ホーミーライトバンデラックス(VPE20)

山梨県峡北地域にて
2013年3月撮影

フロントからの第一印象は、何の変哲もないボコボコなホーミーでしたが、
リアに道が通じていたので回り込んで見るとキャラバンでした。
現役時代にすでにこの状態で走り回っていたのか、
物置になった後にテールゲートが落ちて調達をしてきたのか、
どちらにしても涙ぐましいかぎりです。
細かく見てみると、右フロントドアのモールの取れた所も色が異なり、
カラーの明らかな違いから感じられるチグハグ感から、
波瀾万丈な人生を歩んできたことが伺えました。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

様々考えられますが、兄弟車や売れに売れたモデルの強みから当時は部品豊富であったことでしょう。

>1049さん

テールゲートが現役時代か物置時代のどちらの産物であるのかわかりませんが、積載量シールが重なっているようにも見えるので前者が濃厚そうです。兄弟車ならではのパーツの融通の結果で、コメントにもあるタウンエースとライトエースにも当てはまりますね。
車名は飾りで嘘八百放題ですが、積載量で嘘は付けないです。


>草疲労さん

剥げたところやテールゲートの隙間から元色白というのが伺えますが、テールゲートがオールペン後の交換品で白になるなど、オーナーの緑へのこだわりが貫徹できていないのがこの個体のポイントでしょうか。

元色白っぽいですね。

みんななんとしても倉庫車として使えるようにいろいろアレンジしているんですね。
旧車趣味人の中には他社製の部品を流用する人も多くいますが、農家でもされている人がいるとは…
珍しいデルタのエンブレムをつけて草ヒロ好きを騙すタウンエースとかいませんかね?(笑

自分は松本盆地で白のタウンエースを見つけたとき、助手席側のエンブレムを確認するとライトエースとあったので、一瞬自分の目と知識を疑いました。テールゲートにはタウンエースのシールが貼ってあったのでほっとしましたが、なぜそうまでしてライトエースになりたかったのか不明です。

オープン・ザ

テールゲートを開けたまま「バック オーライ」でガッシャーン マイナーチェンジしても代わり映えの無い「中古品」に変えたのでしょうかね? 互換性の有る「兄弟車」の強みです
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数