きまぐれ伊那谷放浪記(29)

2011年11月伊那谷探索から、ダイハツ550軍団をまとめてご紹介。
昼下がりのスーパー中弛みから夕方の追い込みまで、
サブロク・ハイゼットの呼び水にはなりませんでたが、
地味に地味に地味ーに撮影をしていました。

ハイゼットパネルバン
ハイゼットパネルバン

ダイハツ工業
ハイゼットパネルバンVCタイプ(J-S65C(改))
ハイゼットパネルバンCCタイプ(J-S65-CC)

長野県伊那谷にて
2011年12月撮影

まず1台は、トラックのページに地味に掲載されながらも、
座席を持つバンには真似のできない積載効率がウリで、
パネル部分だけが下ろされて置かれている姿を多数目撃しているところです。
この個体のように、自動車と呼べる状態で居るのが珍しい皆さんです。

アトレー
アトレー

アトレーハイルーフEタイプ(M-S65V-FZG)

リアしか捉えていない地味ーな写真です。
さらに地味なAtraiのシール痕に、はっきりと残る350kgの積載量シールから、
ハイゼットスーパーデラックスのひとつ上のグレード的なEタイプだと分かります。
大変失礼なことをぶっこきましたが、Eタイプと他のアトレーではデフギアが異なり、
中低速での粘りが強い設定になり、ワゴンよりバンカラーが強めです。
冬景色に溶け込むように地味ーに置かれてはいましたが、
手前の町の看板が意味する所は何でしょうか。

アトレーターボ

アトレーLX-TURBO(M-S65V-MFZHTX)


ラストは14時48分にアトレーです。
大きな岩が隣人という資材置場で何年も過ごしたためか、
全身満遍なくボコボコに成り果てていました。
このターボモデルが追加された際のカタログの最初のページには、
見開きで『夢に、君が出てきたよ。』とありますが、
この状態で出てきたら正直引きます。
でも、禁断症状がでると、夢の中で草ヒロ探索をしていたりします。

コメント:管理人

コメント

>草疲労さん

掃いて捨てるほどいる?550世代でありますが、パネルトラックの全ラインナップを網羅するには至っていません。
個人オーナーというより、どこからか放出されたパネル部分だけが目立つ存在なので、こういった完全個体は年式問わず嬉しいものです。

S80系のパネルバンは見た事ありますが、S65のパネルは地味に見た事ないかも?


年式的にもまだ新しい果樹園地帯の様ですね。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数