FC2ブログ

銀世界の長野より~2013如月Part-1・Part-2(ラスト目前)

三菱360
三菱360
三菱360

三菱重工業
三菱360ライトバンスタンダード(LT23)

長野県佐久地域にて
2013年2月撮影

谷戸田の段の上の方に可愛らしい物置になった三菱360が居ました。
下から見上げた時には段にしっかりと載っているように見えましたが、
上から見下ろしてみると、礎石にどっしりと身を預けてフロントが浮いていました。

2008年の探索の時は山から下って来たためか全く気が付かず、
2013年は山へと上って行ったらごくごく自然に視界に入ってきて、
「こんなの居たかしら?」と思わずうそぶいてしまいました。
これほど古く佇まいも自然な個体が2008年以降に突然置かれる訳もなく、
「はい、はい、撃ち漏らし、撃ち漏らし。」と大して騒がずに、
いつもの事です!くらいに軽く流して撮影をしました。
プレートになったエンブレムから三菱360でも末期の個体で、
昭和42年頃からのモデルで、グリルからスタンダードであると思われます。
リアは確認できませんでしたが、スタンダードなので横開きドアの筈です。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

田んぼに向かって顔を向けもているので、実りを見守っているかのようにも見えます。
上下に開くタイプよりも現役時代は場所は選んだ事もあるでしょうが、物置の今となっては一手で開け閉めできるので手間が掛からずに良さそうです。


>羽前の国の旧車狂さん

もうしばらく、とは言わずに末永い活躍を期待したいです。
ちなみに、ぱっと見た感じではアクセス路が軽サイズのあぜ道であったので、業者も簡単には作業できないだろうと、甘く考えています。

STDグレードに水田での草ヒロと珍しい尽くめですね。

 初めの時どういう置き方なんだろうと首をかしげましたが何度か見てやっと判りました。凄い置き方ですね。

 未だ藁小屋として現役の様子。もうしばらく留まりそうです。

終盤

モデル的にも末期ですが、ドラマで犯人が追い詰められて崖っぷちに来た様にも見えます バックドアの横開きは出前の「オカモチ」の出し入れには重宝してました
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数