恒例の塩尻探索プラス2012(16)

エルフ250

いすゞ自動車
いすゞエルフ250高床トラック(TLD23A)

長野県松本盆地にて
2012年3月撮影

昭和43年5月にFMCをして2代目となったエルフは、
昭和45年10月のMCで1トンクラスのエルフ150、2トンクラスのエルフ250、
3トンクラスのエルフ350の3モデルにわかりやすく整理をされました。
2代目ともなると現役ではほとんど見かけることがなく、
草ヒロでもここ最近はご無沙汰気味でありましたので、
この個体は集められている系の群れの中の1台でしたが、ピンで出します。
3代目や4代目であれば十把一絡げでの紹介に躊躇ないところですが、
2代目まではモッタイナイと感じてしまう探検隊であります。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

3代目や4代目を差し置いて2代目がクリアをしていたとは意外です。
ダブルとシングルの2タイプで、マニア的には嬉しいシングルタイヤの個体でしたが、放ったらかし感が何とも寂しげでした。


>minimini98さん

今のエルフが圧倒的に白であるなか、2~4代目エルフは白は邪道?と言うくらいに、圧倒的に青いイメージがあります。
ちょこちょこと白やグリーンも見かけていますが、結局は青に落ち着いてしまいます。

目が輝く一台で。
2代目となると関東周辺では現役車はおろか廃車体ですら見かける機会は少ないでしょうね。

白が人気であったトラックでありながら、2代目のエルフは標準カラーがブルー系の為か青い車体が多いそうで。

この時から

平成6年 強化された「NoX法規制」3代目、4代目は不適合だったのに、二代目は適合してたエルフ 同じエンジンのはずなのに、リヤシングルタイヤとリヤダブルタイヤで「音」が違う様に感じました 恐らく「代替え」で下取りされて放置されたか、ユーザー自ら放置されたって処でしょう

>なかつさん

シール類が剥がされて、いつまで現役であったのかは全く分かりませんが、このまま埋もれさせるにはモッタイナイ1台です。

たまに現役ばりばりかのようなきれいなのもありますが、残念ですね
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数