長野地域の初代エルフのダンプさん

7 0
2012年4月を皮切りに2013年1月30日、2月16日と合わせて3回、
このエルフのダンプに訪問をしまして、溜まりに溜まったので一挙に放出します。
初代エルフでも昭和40年に4灯となった後期型、そのダブルタイヤのダンプで、
自動車ガイドブックには昭和41年と42年に掲載があったモデルになります。

いすゞ自動車
いすゞエルフダブルタイヤ(TLD60-D)

長野県長野地域にて

エルフ
エルフ

2012年4月27日(曇り)

このエルフへの訪問のキッカケとなったのは、
長野にこの人あり!とこの業界では有名な、とある草ヒリストからの情報からでした。
O川村へ泊まりに行くのと、付近の古墳訪問などに付近を2回も通っていたにも関わらず、
全くもって初代エルフの「エ」の字も感じていなかったことにショックでした。
家がひしめく県道を走っていては気がつけませんが、
ちょっと地図を見れば広い畑地があることは十二分に考えられたことなので、
お宿と古墳しか当時の頭には無かったのであろうと思われます。
フロント写真が残念なのは、路線バスがエルフの前で丁度クロスをして、
写真撮影どころではなくなってしまい、すぐに探索車に乗り込んだからです。


エルフ
エルフ

2013年1月30日(曇り)

松本スタートの探索でありながら、ズルズルと山を越えて善光寺平まで来てしまったので、
折角だからエルフさんを見ていこうと、さらにズルズルと北へ足を伸ばして見て来ました。
いすゞ自動車が所蔵する初代前期はモーターショーで見たことがありますが、
綺麗に綺麗にレストアされて、はたらく車というカタチしか感じられませんでしたが、
傷だらけになりながら使われてサビに覆われたダンプを背負ったこのエルフからは、
はたらく車の重みのある佇まいが感じられました。

3回目のエルフさんは大変ショッキングです。
その旨をお含みの上で、続きを読むをクリックしてください。
エルフ

2013年2月16日(晴れ)

初代キャンターから10キロほど走ってきて、
県道の元バイク屋の角を曲がってエルフの前に探索車を停め、
しばし鈴木B360とエルフの勇姿を眺めていると、
鈴「燃えているよね?」
管「燃えていますねぇ・・・。」
・・・・・・。
2週間のわずかの間にエルフの身にいったい何が起こったのか、
しばらく理解できずにいて、声にならない叫びが遅れて来ました。

コメント:管理人
ページトップ