FC2ブログ
聖地探索2012春(30)プラス30くらい
皆様にご愛顧をいただきまして、昨日の昼ころに50万アクセスを突破いたしました。

40万アクセス記念企画が開始早々に連載在庫過多から頓挫したままではありますが、
企画再開は探索のストックの棚が寂しくなるまでは行えない状況であります。
なので、50万アクセス記念企画と銘打っては堂々と旗揚げすることは控えます
が、それでは寂しいので、昨日紹介の三菱360から30台ほど飛び越した探索1日目終盤の、
当ブログリスナーの草疲労さんからのご教示で発見できた2台を先行紹介いたします。
草疲労さん、大変お待たせいたしました。

ニューライン
ニューライン

ダイハツ工業
ダイハツ・ニューライン(L50)

長野県中野飯山地域にて
2012年4月撮影

昭和37年10月開催の第9回全国自動車ショーに「スーパーハイゼット」と出品され、
翌38年の1月に発売されたニューラインL50。
発売から9ヶ月余りの第10回全日本自動車ショーにはイタリアンな豪華なお顔に変わり、
早々とMCを受けたモデルが今日紹介の個体になります。
水冷4サイクル800ccエンジンで最大積載量が500kgと豪華スタイルがウリでしたが、
同年式のハイゼットやパブリカと比べると何ともアンバランスな感じが否めません。

ハイゼット  (L35) 356cc 350kg積 全長2,985mm 全幅1,290mm ¥29.8万
ニューライン(L50) 797cc 500kg積 全長3,340mm 全幅1,290mm ¥37.0万
パブリカ  (UP16) 697cc 400kg積 全長3,858mm 全幅1,415mm ¥33.5万  

全幅が同じで、ハイゼットの拡大モデルであることが嫌でも分かってしまいます。
昭和40年には500kg積のコンパーノやファミリアのトラックが登場してお役御免になりましたが、
昭和41年にはニューラインキャブS50(スーパーハイゼットキャブ的な拡大車)を登場させます。
残存個体数を見れば、どちらも意気込みこそあれヒットしなかったのが伺えてしまいます。

ニューライン

国道を曲がる交差点を教えて頂いたところから、自分スタイルでの探索を開始したのですが、
ニューラインくらいの激レア個体ともなると、人知れず存在するのだろうという思い込みから、
重箱のスミをつつくような探索を展開したのですが、時間ばかり経過して夕闇が迫り、
翌日の再起を図って太い道を撤退し始めた所に、ズバァーーンとニューラインが居ました。
探索人個々にクセはありますが、自分は深読みをしすぎてダメなタイプと再自覚しました。

ニューラインに思いの外手間をかけたので、後続の個体は明日です。

コメント:管理人

参考文献
自動車ガイドブック10~13
モーターファン昭和38年12月号別冊付録
日本のトラック・バス トヨタ・日野・プリンス・ダイハツ・くろがね編
【2013/01/21 22:36】 | トラック | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<聖地探索2012春(31)プラス30くらい | ホーム | 聖地探索2012春(29)>>
コメント
>羽前の国の旧車狂さん

この個体、発見までの9割は草疲労さんからの情報でアタリがついていたので、全くもって自らの実力ではありません。
中にしまうのみでなく、物を上にまで載せる姿は万能物置と形容でき、きちんと整列した剪定枝からオーナーの几帳面さが伝わってきます。
パッと見では焚付に使うようにしか見えませんが、几帳面そうなオーナーですから、しっかりと使い道はあるのでしょう。
【2013/01/22 20:49】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
 未だこのニューラインは物置として活躍中ですね。ドアが外れても反射シートをしっかり収納しています。

 でも剪定した枝をここに置いて何か意味が有るのでしょうか?不思議です。

 現役車両は見た事がなくこういう凄い物件を見つけられるお二人に驚いてしまいます。
【2013/01/22 19:50】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
皆様方のご愛顧に、改めて感謝いたします。

>長野在住の旧車好きさん

もはや自動車という役目は1ミリも残っていませんが、畑の作業台なり物置として普段使いされている様子が強く伺えます。
人知れず埋もれるわけでもなく、今もなお現役というところが嬉しいです。


>CRESTAさん

小さいボディーながら2台とも精一杯働いているバリバリの物置車です。
博物館に入って差し支えないという面々が、整然と置かれるわけもなく、齢50を超えようというのに普段使いされている光景こそ、草ヒロの醍醐味でしょう。


>草疲労さん

本当に、大変お待たせいたしました。
40万から50万はあっという間で、何も構えること無く迎えました。

一連の2台のニューラインで、自らの草ヒロ探索スタイルを磨くということをやめました。
実際に出かけて行って自然体はムリですが、大らかに漂うように優しく対面できるような探索家になりたいです。

これからも、よろしくお願いいたします。
【2013/01/22 09:47】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
あっという間の50万アクセス!
おめでとうございます。


そしてこれからも草ヒロ的にも支援していきます。


今年もまた草ヒロに実りがある事を願ってやみません。
【2013/01/21 23:44】 URL | 草疲労 #-[ 編集] | page top↑
50万アクセスおめでとうございます!

ニューライン、1台見つけただけでも信じられないことですが、まさかまだ生息していたとは本当にビックリ仰天です。
そしてその後ろにいるのはカエルさん(2代目フロンテ)かと思いましたがどうやらそのご先祖様のようですね。

しかし博物館クラスの激レア個体の共演なのはいいのですが、これほど小さくて物置として役に立たない2台の共演も珍しいような・・・?(笑)
【2013/01/21 23:44】 URL | CRESTA #IjUZIPhA[ 編集] | page top↑
50万アクセス達成おめでとうございます。
我が故郷にも、まだまだこんな個体があるなんて。。感激しております。
こんな余生を送るのも、また乙なもんですね。
【2013/01/21 22:59】 URL | 長野在住の旧車好き #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2282-9d4545a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |