FC2ブログ

週末は山梨にいました~2012師走(22)

スターレット
スターレット

トヨタ自動車
スターレット3ドア1300ターボS(E-EP71-PGMST)

山梨県甲府盆地にて
2012年12月撮影

昭和62年のバブル絶頂期のスターレット。
なにがバブリーなのかと申しますと、何かとつけてターボがついたターボ狂いの時代でした。
今は、エコやダウンサイジングと言えば売れますが、
当時はターボ、本革、サンルーフなどといった謳い文句で売れた時代でした。

コメント:鈴木B360

スターレット

バッテリーの切れた電動サイクルを転がしてのサイクリング探索はこの個体で終了。
春日居町まで楽々進出し、お後は扇状地を登る恐怖の帰路です。
写真では何でもない街路樹のある歩道ですが、とても地味に登りになっており、
疲労困憊であった管理人はスターレットを撮影するのに逡巡をしました。
結局は止まって自転車のスタンドを立てて撮影に臨んだのですが、
春日居町から塩山にかけての地味な標高差100メートルは、
探索終盤にはえらく体に堪え、総走行40キロにも及んだサイクリング探索の終盤は過酷でした。

コメント:管理人


コメント

>草疲労さん

軽ではなく、高年式のコンパクトカーを引っ張ってくるとは、趣味人にはあっぱれと感じさせてくれる光景ですが、実際に営業車を転がす人にはどう映るのでしょうか。

先日の諏訪~上田、佐久地域探索で2台の現役車を見かけました。

しかも1台は介護センターの営業車で真新しい3ケタナンバーが装着され、今このスターレットを営業に使おうという心意気に感動しました!

>魔洲魅丸さん

横のブルーシートの中にもセダンぽいかっ飛びカーが収めされていました。
キビキビと小回りが効きそうなに見えますが、実は苦手というのは意外です。

韋駄天

「韋駄天かっ飛び」が謳い文句だったスターレット FFになって最初のモデル ターボが付いてドレッドも拡がり高速は良かったです が、本来得意なはずの「ワインディング ロード」はきつくなりました
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数