2012年草ヒロ郵便車のすべて

郵便車丸出しの660サンバーを2月の長野県飯綱町から、
銀色に塗られても隠しようの無い550サンバーを10月長野県茅野市から、
2台合わせて「2012年草ヒロ郵便車のすべて」でございます。
前回更新の660サンバーに続け!と、
ドサクサにまぎれて1台オマケをつけての紹介です。

サンバー郵便車

富士重工業
サンバーバンハイルーフ4WD STD(V-KV4)

長野県飯綱町にて
2012年4月撮影

いいニッサンの日はE23(イーニーサン)の日でもあります。
で触れた飯綱町のE23の写真から、当ブログリスナーの草疲労さんが、
『周辺にも草ヒロの匂いを感じます。』とコメントを寄せていただき、
事実、そこから徒歩30秒の平成車が落ち着くには深い所に、
平成2年登場モデルで車検は平成9年で切れているという
薄命なサンバーが収まっていました。

サンバー郵便車

富士重工業
サンバーバンハイルーフ4WD STD(M-KR6)

長野県茅野市にて
2012年10月撮影

オマケと称された方が古いというのは失礼な話ですが、
トライではないサンバーが、ピンで紹介するにはツライ状態で置かれていました。
トライでなはいので昭和62年MCでトライから分離したスタンダード車で、
660個体との年式の差は3年くらいになるので、
郵便車の寿命の相場は分かりませんが、
こちらも薄命な個体であったのでしょう。

コメント:管理人



コメント

>草疲労さん

どの個体も国営だったころの用途廃車のはずで、備品の自動車としては完全に破棄されたはずが、引き取り業者から自動車としてではなく放出されたためにチラホラと見られるのだろうと考えます。
自動車リサイクル法以降は、廃棄物の厳正な処理が求められているため、公共機関ほど草ヒロ化するのは難しいはずなのですが、果たして実情は・・・。

今年秋の伊那谷探索にて、南部の山あいを走り日野のボントラのクレーン車を見つけたところ、

そのすぐそばの草むらで660サンバーの郵便車の草ヒロを見つけてしまいました。

きっと事業仕分けの影響で草ヒロ担当になったのでしょう(笑)
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数