FC2ブログ

聖地探索2012春(10)

三菱B8/B9系
三菱B8/B9系

三菱自動車工業
三菱MR系

長野県長野地域にて
2012年4月撮影

コースターの横に居た長電の観光バス。
B系か?という推測からバス本を総動員して調べ、
リアの通気孔が3連であろうという点から、観光ボディー架装のMR系で、
MAR470(エアサス)、MR470(リーフサス)と推定され、
新エンジン搭載で登場のB系ではないようです。
しかし、この個体は肝心のエンジンさんが離れ活用され、
ボデーのみが残されており、バス趣味的には点睛を欠いています。

管理人や鈴木B360では、例えエンジンを捉えていても、
ぶっちゃけ正確な鑑定はどだい無理なので、
クエスチョンマークのあるくらいが丁度良いです。

この2台のバスの周辺は、荒れ果てた個体がゴミを招くのか、
置いたのか捨てられたのか分からないゴミに囲まれてしまい、
草生し朽ちいく姿を鑑賞するには残念な状態になっていました。

コメント:管理人

コメント

>フーガさん

山間部でスクールバスだというのであれば、もう少し小さい中型バスであると思われます。
似たようなものでも型式は複雑で、同じようなカタチがすぐに同型と結び付けられないのがバスの奥深すぎるところです。

同じバスか知らんが

これに似たバスなら撤去されずに残っているよ、スクールバスだけど・・・
川根本町の水川地区にはいる前にダンプが使う石の山があるがその片隅に草の中にバスがある。
ただし、現在そこの敷地は仮設の県道が走っているため見るのは厳しいかも(水川の部落の手前で土砂崩れがあり片側交互通行しているため)でも橋からなら見れるよ。
寸又峡へ遊び行く時見つけたの。

>草疲労さん

バスをしっかりと撮影し始めたのが2008年頃からなので、丸目2灯でもスルーしていた過去が憎々しいものです。
撮影したなかった!という記憶はあるものの、どこで何を落としたかまでは覚えておらず、見ているのに記憶に残っていない個体が多く撤去されたのは察するに余りあります。

どうも、こちらからは一台バスの撤去情報です。

C曲市から信州〇町へ抜ける県道の峠付近の畑にあったバス個体が撤去されていました。

木がうっそうとしていて、車種特定は困難でしたが、片付けられてしまっては確認のしようがありません。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数