FC2ブログ
管理人単独行Ⅱ(8)
クラウンエイト

クラウンエイト

トヨタ クラウンエイト(VG10型)
長野県木曽地域某所にて
2007年9月撮影

伊那に抜けるべく山道へと入りかけた時、
ふと目に飛び込んできたのがこの個体になります。
管理人だけでしたので、エイトとは知らず雨の中で速攻の撮影で現場を後にしました。
後に鈴木B360からエイトだと判明し、博物館クラスの個体であると言われました。
この車はV8の2599CCのエンジンを搭み、装備にはパワーシートやクルーズコントロール、
さらにはオートライトシステムといった、今日ではクラウンクラスではあたりまえの装備が
東京オリンピックの年にデビューしたエイトにはありました。
ボディーサイズも全長4720、幅1845と現在のクラウンに近い大きさをしていました。
2代目クラウンだけでもビックリなのに、エイトとなるとさらなる大発見ではないでしょうか。

コメント:鈴木B360&管理人

明日更新より、今まで撮り貯めしてきた草ヒロ写真を
「探検隊過去の探索」と題し、当面は毎日2台ずつご紹介していく予定です。
【2007/10/31 00:00】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<10月・日野オートプラザ訪問探索(1) | ホーム | 管理人単独行Ⅱ(7)>>
コメント
管理人が見てきたため、内装までは分かりませんが、
ボディーカラーから推測して、大事に今もしているものと思われます。
【2009/07/11 08:45】 URL | 鈴木B360 #-[ 編集] | page top↑
この個体

もしかしてタイプAだったりして?
初期センチュリーと共にフロアMTの
超レアモデル

国内にどれだけ存在したのでしょうか
(少なくともメーカーには無い様です)
【2009/06/19 08:42】 URL | 通りすがり #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
Shocked to see this late model Crown Eight(VG10) abandoned.It is the top range Japanese car before the Century in Toyota line-up.It engine is V series V8 OHV 2599cc carbruettor,115PS@5000rpm,20.0kgm@3000rpm.A piece of Japanese car history.Worth restoring as condition not to bad to be unrestorable.
【2009/02/14 13:58】 URL | David Enzo Phua #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/191-62d298ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |