FC2ブログ
春目前の長野より~後編(54)
サンバートライ4WD

富士重工業
サンバートライ4WDロールーフ(M-KR2)

長野県長野地域にて
2011年2月撮影

昭和57年登場のサンバーのバンモデル・サンバートライ。
登場時のカタログには様々なNO.1が挙げられており、
フロントワイパーが払拭する面積が4,310cm2といった、
細かな数字を並べて『どこもかしこも超一流』と謳っています。
また、トライの名からラグビーを絡めて自身をタフガイと称し、
回転半径を『スポーツマンの身のこなし。』と機敏さをアピール、
さらには『タフさの実証。造りが違う、鍛え方が違う』と
頑丈でサビをよせつけないボディ構造を讃えています。

そのサンバートライもフィールドを道路から果樹園に変え、
タフガイといえども三十路に近づいて衰えが隠せない様子で、
機敏な足は土に捕えられ、ボディーはお肌の乱れが見えます。
おまけに限界を越えたバックドアは落ちてしまっています。
廃車後に倉庫になるところまで設計されている訳もなく、
そこは責められない所ですが、ピカピカ過ぎる倉庫車を見てしまうと、
その若さを保つ秘訣は何なのかな?と思ってしまいます。

コメント:管理人
【2011/12/27 22:26】 | 550 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<伊那どんぶり街道1泊2日の旅から(17) | ホーム | 春目前の長野より~後編(53)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/1873-1edf45a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |