福山自動車時計博物館より~2011夏休み(8)

ニッサンFRB42

日産自動車
ニッサンFRB42

福山自動車時計博物館にて

この消防車を紹介するのにジュニアの簡単な説明をしますと、
昭和31年10月に登場した初代ジュニア(B40)は、
昭和33年の(B42)へのマイチェンを経て、
昭和35年には小型車規格の変更で(B140)へマイチェンという歴史を持ちます。

そして、このFRB42消防車はジュニアがベースなのですが、
そのまんまジュニアな消防車(FB42)とは異なって、
大型消防車(FS680)と同じエンジンを搭載した拡大版モデルになります。
側面にある検定の銘板によると、
昭和35年2月とあるのでモデル末期の個体とわかります。

ついでに昭和35年からのFRB140を過去に紹介しているので、
リンクを貼っておきます。
↓            ↓
2万アクセス記念企画(5)

ニッサンF41

日産自動車
ニッサンF41

福山自動車時計博物館にて

この個体はそのまんまジュニアな消防車で、
昭和37年1月に登場した2代目ジュニア(40)
昭和40年10月に排気量アップでマイチェンし、
ジュニア(41)となった後のモデルです。
側面の銘板には昭和42年検定とありました。

コメント:管理人

コメント

>草疲労さん

日産も持っていない古い個体なので、さすが福山!というアッパレなものです。
中国地方方面の撤去も数々報告されていますが、長野でも年式は浅いながら、年を追うごとにジワジワ目立つ個体から撤去されていっています。
先日も、鈴木B360が東信~群馬方面で何台かの撤去を確認しています。

こんばんは。

日産FRB42。

こんな資料で見たかどうかという車体が、現実に見てとれるとは…
何度でも言いますが、恐るべし。
広島方面も例に漏れず、草ヒロ物件特に廃バス物件の撤去が著しいそうですね。
草ヒロも平成車が台頭してくる中、粘り強く頑張ってもらいたいものです。

日本の芸能界は終わっても、草ヒロに終わりはありません!
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数