FC2ブログ
春目前の長野より~前編(14)
ライトエースワゴン
ライトエースワゴン

トヨタ自動車工業
トヨタライトエースワゴン1200デラックス(KM10G)

長野県佐久地域にて
2011年2月撮影

バン専用に造られた車であり、
草ヒロでの数から言ってもこのツラを見ると
ライトエースバン叫びたくなりますが、
3列目の窓とバンでは見かけない紺色のカラーリングで
即座にワゴンと区別できます。
最終確認はリアエンブレムで決まりでしょう。
当時若者だった鈴木B360の両親は
このライトエースのキャンパーを友人から借りて青春していました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2011/05/21 23:24】 | コーチ・ワゴン・1BOX | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<春目前の長野より~前編(15) | ホーム | 春目前の長野より~前編(13)>>
コメント
>草疲労さん

スズキのお膝元となると、L30やその前の型がいたとしても不思議ではないでしょう。
探検隊は多くの後悔と懺悔をしてきたので、その衝撃は痛いほどに分かります。

草ヒロ探索を始めた頃に、伊勢湾フェリーに乗るためインターを利用しましたが、
そのオーラを感じることはありませんでした。
また、鈴木B360は浜名湖で行われるイベントに参加することもあるのですが、
会場に釘付けで周辺散策をした試しがなく、
両者に縁だけは十分にあります。
【2011/06/03 18:05】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
地元H松西インターの近所にある旧車の丘に一台のサブロクバンが草ヒロしていました。

見つけた当初は知識がなく、キャリーワイドだろう!と勝手に決め付け、その後確認することもなく気づいた頃には撤去されていました。

後年になってキャリーワイドを見かけた時に違和感を覚え、調べるとL30キャリーのバックショットが一番記憶にある形に近い事が分かりました。

顔面が錆び朽ちエンブレム等もなかった為、ずっと謎な個体として確認しなかったのを今更ながら後悔しています。

この個体の近所には、ジャパンの草ヒロはじめ、初代ハイラックス、230セドリック(現在安否不明)、初代レンジャー、ミニエース等が草ヒロしており、最新の確認ではもう一台くちびるダイナが居なくなっていましたが後は現存しています。後数台未確認の個体があるので、無くなる前に確認してきたいと思います。
【2011/05/22 15:03】 URL | 草疲労 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/1644-a69c9538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |