雪の長野探索~後編(19)

エコー
エコー

日産自動車
ニッサンエコー(GHC240)

長野県松本盆地にて
2011年1月撮影

集落を通過中という盲点な場所にエコーが居ました。
農機具などが散乱しているテッペンに飾られていました。
周りの小屋からも雑多なものが溢れていましたが
エコーの中は意外なくらいにサッパリしていました。
他人が見れば散乱しているように見えていても、
置いたオーナーは的確にそのものを把握していることもあり、
昔、厚木の解体屋でゴチャゴチャパーツが散乱している所から、
ピンポイントで欲しいパーツを出してきた事を思い出しました。
エコーは昭和44年頃のものとは思えないほど綺麗で、
残念なのは引っ張られたときに曲がったバンパーくらいです。

コメント:鈴木B360&管理人

コメント

>草疲労さん

かつてはエコーは気にせずとも見つけられたものですが、
最近はそう簡単に行かなくなりました。

Kヶ根インター付近だと、ローザが山へのメイン通りにあるのは
何度も確認しながらまだ未撮影となっており、
2年はご無沙汰なのでそろそろその後が心配です。

>H8生まれの昭和頭脳さん

物にとって時の流れは本来の機能を維持し得ず残酷といった一面もありますが、
今は造られなくなった過去のものが残るさまはロマンがあるように思えます。
車内などは、窓が無いなど車内が伺えれば撮影することもありますが、
この個体はガラスが完全に残っており未撮影です。

んん~。時代って残酷なんですね。でも、それが逆に時代を感じさせてくれる。中もみてみたいな。

こんばんは。
いい感じのヤレ具合ですね。

自分も1月に中央道Kヶ根インターの近くで赤いストライプの同型モデルを発見しています。

エコーといえば、数年前のOT誌で上村の国道沿いに有るのが紹介されていましたが、ここ数年通っていないので現況が気がかりです。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数