FC2ブログ
雪の長野探索~後編(11)
レックスコンビ

富士重工業
FFレックスコンビ550XL(M-KM1D36F)

長野県松本盆地にて
2011年1月撮影

昭和59年に角目にマイチェンしたレックスコンビを
畑の入り口でみつけました。
この頃になるとドアミラーが標準装備ですが、
この個体はオーナーのこだわりでフェンダーミラーでした。
雪が降る地域になのに2WD車を多く見かけ、
このレックスも同様でした。
雪と氷柱が寒さをものがたり、
青いボディは寒さで青ざめたかのようにも見えました。

コメント:鈴木B360&管理人

【2011/03/20 19:44】 | 550 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<< 雪の長野探索~後編(12) | ホーム | 雪の長野探索~後編(10)>>
コメント
>草疲労さん

ボンバンでの統計をちゃんと取ってはいませんが、アルト≒レックスコンビ>ミラというイメージです。
管理人はアルトのリア窓の『寒冷地仕様車』というステッカーのイメージが強く残っています。
【2011/03/27 21:55】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
こんばんは。
長野で一番多い軽ボンバン草ヒロもやはりスバルなんでしょうか?
長野のスバル在庫の多さには毎回驚かされています。
当方この年代のダイハツ軽の草ヒロには余りお目にかかれていなかったりしますが、そんな中、佐久の果樹園の方でL55ミラのキャブターボを見つけたときは、サブロクでも見つけたかの様な感激を覚え、うろたえたものです。
【2011/03/21 20:00】 URL | 草疲労 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/1580-3aebd2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |