FC2ブログ

師走の山梨より(21)

センチュリー

トヨタ自動車
センチュリー4000Eタイプ(VG40)

センチュリー4000Lタイプ(E-VG45-GEPQE)
山梨県甲府盆地にて
2010年12月撮影

永田町にいるような車が、
甲府盆地の山の斜面の果樹棚の下に居るとは
思いもよりませんでした。
その車こそ2代目センチュリーの後期型中期型。
まず不思議なのがコンパクトサイズの探索車が躊躇した道の終わりに、
どうしてこの様なデカブツが居るのかと。
そして休憩車にここまで極端なラグジュアリーを求めるのかと。
あげれば切が無く、当ブログにおける乗用車史上
もっとも高値の草ヒロを見つけた日になりました。

コメント:鈴木B360&管理人

コメント

>羽前の国の旧車狂さん

農家の人でセンチュリーやプレジデントに乗っている人が当然いるので、
こういった光景に今まで出くわさなかったのも単に運の問題なのかもしれません。
近所を動くなら、仕事クルマで事足りてしまうでしょうし、
これを仕事に使っていたとは考えにくいので、乗る機会は限られ走行距離も短いことでしょう。

なので、売ればプレハブくらい軽く買えただろうにと思ってしまいます。
しかし、それではロマンがありません!

 おいおい、場違いじゃねぇか?と云いたい所だがこういう風景が有ってもおかしくはないです。

 実は意外に農家が冠婚葬祭用にこういう黒塗りを納屋に仕舞って居るケースが有るのです。恐らくはロクな走行距離を走っては居ません。

>クラウン★マニアさん

はじめまして。
ご教示ありがとうございます。

仰るとおり、鈴木B360から、中期のLタイプだと連絡を受けました。

鈴木B360がトヨタに少々疎いところもあるため、
これからも何かあればご指摘いただければ幸いです。

初めまして。たくさんの草ヒロいつも
楽しませてもらっております☆
初めて書かせてもらいます。
このセンチュリー、グレードが
中期のLタイプだと思います。
(グリルエンブレム大きさとホイールが中期)
リアドアステップの形状がロングモデル
これからも観覧、楽しみにしてます★
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数