コルト800バン 松本盆地縦走探索(47)

コルト800バン
コルト800バン
コルト800バン
コルト800バン

三菱重工業
コルト800バンデラックス

長野県安曇野にて
2010年2月撮影

山間がどんどんと暗くなってゆく『日暮れ前のもうひと足掻き』に、
家と畑が流れる車窓に一瞬ライトバンのグレーのリアを認め、
「パブリカバンぽいのが居た」と車を止めました。
細いあぜ道を登って行くと畑にはコルトバンがおり、
しげしげと全体を見回すと800と読み取れるエンブレムがあり、
OT誌で草に埋もれた状態で紹介されたコルト800バンと判明しました。
マスクもハッキリあり、ミラーもあり、
ホイールキャップもあり、エンブレムもある。
ガラスは割れず、リボンタイヤを履いている。
怒涛の2000年代を超えたとは思えないコンディションで、
確かに長野の畑にいたコルト800バンは、
今回の探索の最高の1台となりました。

コメント:鈴木B360&管理人

コメント

皆様、返信が遅れ申し訳ありませんでした。

>しろがねさん

OTの連載は、最近は場所はバラバラの傾向が強いです。
紹介されているものの、半分くらいは見たことがあるので、な~んとなくわかります。

>羽前の国の旧車狂さん

宮城の解体屋が流行の発信となったのですが、日の目を見ることなく潰されたものや、
まだ、認知されていない個体も多いことでしょう。

>古厩さん

日本自動車博物館は最近では収集を行っているのでしょうか?
オーナーであるならば、福山に寄贈されたコンマースのようなことも出来ますが、
この個体に関しては一体どうなんでしょう。

コルト800、ライトエースとレインボーの間ですか・・・
大体、場所は把握出来ましたが、ちょっと範囲が広すぎます。
夏に白馬まで行く予定なので、その時に探してみようと思います。

北信の個体とニコイチすれば良いセン行きそうですね。
希少車なだけに、朽ち果てさせるのではなく、外見だけでも綺麗にして、然るべき場所で保管されてほしいです。

 此れだけ程度良く残るコルト800は凄いの一言です。当地ではファーストバックの潰れたものが有ったが気が付けば姿を消して居ました。

 宮城県内の解体屋にも有りましたが今もあの個体は残って居ます。

このコルト、安曇野ですか。
OTに「トヨタ救急車からそれほど遠くない所」みたいな事が書いてあったので、
てっきり佐久の方かと思っていました。

コルト800も案外生き残っているみたいなので、
ロンパーやベスタ等の、未発掘のレア車を探したいですね。
…コルト800も発狂するほど嬉しいですが(笑)。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数