FC2ブログ

松本盆地再々再々・・・探索を終えて。反省会

○○ー越しの山々

草ヒロ探検隊の松本盆地での活動実績は

2006. 3 下呂~白骨旅行(塩尻初上陸)
2006. 9 群馬~伊那探索(松本~塩尻)
2006.11 長野県北部探索(安曇野北部)
2007. 5 長野県中央部探索(塩尻)
2007. 8 長野~草津旅行(広丘~安曇野)
2007.12 第1次松本盆地
2009. 1 第2次松本盆地
2010. 2 第3次松本盆地

他に単独で数回の立ち寄りがあります。

これら脳が草ヒロに侵されているとしか言いようのない遍歴から、
松本盆地は、噛めば噛むほど味が出る地域、と評することができ、
草ヒロ探検隊は、咀嚼が足りず、すぐに飲み込む堪え性の無い奴等
松本盆地は、まだまだ噛み足りない、とわかりました。
そして、探索スタイルに大いなる欠陥を露呈することになりました。

欠陥①
広大な碁盤目状エリアで、道選びが場当たり的で一貫性を欠く。

本筋といえる基本ラインが無く、北に草ヒロ個体あればヨロヨロ、
西に良さそうな畑があればヨロヨロ、と動き回り、
果ては自位置を喪失し、なんとなく通り抜けてしまう。(第1次・2次松本盆地)

改善
→本筋を設定し、右左折をして横移動をしても必ず右左折点まで戻り、浮気をしない。

欠陥②
探索センスの固着

2年ぶりに訪れたところで、地図も記憶も曖昧ながら、
道を選び選び来ると、同じ場所に行き着いている。(今までの再探訪地全て)
→新しい可能性を、自分のセンスが台無しにしている。

改善
→センスは急には改められないので、
再探訪地では、これがベストという選択を常に行わず、
2番目3番目の選択をすることも重要。

欠陥③
大物を発見すると周りが見えなくなる。

本来ならば研ぎ澄まして周りを良く見なければならないの場面ながら、
今回の探索で、前回、前々回の取りこぼしが多すぎて、
諸々で「3年前の管理人に死刑」と判決が今回下されました。

改善
→大物を撮影・観察し終わったら深呼吸し気を落ち着かせ、
じっくりと360度見渡してみましょう。

サンバー君に失礼な画像

コメント

>古厩さん

このエリアは広大な大地ながら、畑もさることながら、建物の影や、木の近く、荒地などに
程よく点在していて飽きが来ません。
やはり、この数年で多くが姿を消してしまっていて残念でなりません。
空港近くのファミリア800バンなど「あれ、いない!」という場所が多く、
近々【おくやみ欄】の設置を考えている次第です。

>しろがねさん

ダイハツライトバスは是非とも見てみたい1台です。
見つけた方に話を伺う機会がありましたが、塩尻ではないとの旨を話しておりました。

信州はもうミステリーエリアですから、取りこぼしが出ない方が逆に恐ろしいです。
確かに近くに○○ー、ありましたね。
こちらも一度クレーンでつり上げられたのか、屋根が変形していました。

因みにこのサンバー。私が春に訪れたときには、
後ろが菜の花満開で、とても良い写真が撮れました。
空が晴れていれば、完璧だったんですが…

塩尻にダイハツマイクロもあるそうですから、
信州は何回探索してもネタは残るでしょうね…

>古厩さん
無料廃品回収業者…恐ろしいですね…
撤去ラッシュが再来しない事を祈るばかりです。

松本盆地に生まれてから16年と9ヶ月。
3歳くらいの時から草ヒロに興味を持ち、探索を始めてから5年ほど経ちますが、未だに自転車でブラブラ出掛けると新しい個体を発見することが有ります。
市内、自転車で行ける範囲でもまだ見逃しが有るみたいですし、本当に恐ろしいエリアだと住んでいて思います。
先月、コンパーノトラックを発見したときは本当に驚きました。
幾度と無く通ったことのある道でも、一本入ったところには怪物が眠っていますから、侮れません。

この、サンバーが有るエリアも中々面白いですよね。
数年前から大幅に数は減ったモノの、一番の大物は残り、まだまだ魅力たっぷりのエリアです。
運動不足解消ついでに自転車でこのエリアを何度も訪れているので、流石に見逃しは無いと思いますが、それでも10回近く来て初めて発見した個体というのも有りましたから、恐ろしいです。
実は、このエリアの外れに今、「廃品無料回収業者」が居ます。
既に初代のカローラバンやスティングレイフロンテが置いてあるので、少々危機感を抱いている次第です。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数