FC2ブログ
探検隊過去の探索からⅤ(36)
コロナバン
コロナバン

トヨタ自動車工業
トヨペットコロナバン1200(PT46V)

長野県伊那谷北部にて
2006年4月撮影

探検隊のコロナバンの歴史の第一歩となったのが、
この農道の脇に置かれた個体になります。
ガラス類、レンズ類はほぼ全て無く、
車内は空き缶が散乱しており、
もはや昔日の栄光を表すのは、
「TOYOPET」のエンブレムのみと
なってしまったかのような、
虚ろな佇まいをしていました。

コメント:管理人
【2009/09/23 07:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<山梨を行く(78) | ホーム | 山梨を行く(77)>>
コメント
>草疲労さん

免許を取った頃には、運転をしながら廃車を探す日が来るなんて思ってもいませんでした。
管理人にとって全く興味のなかった分野への参入なので、20歳前後のアクティブに各地を巡っていた頃にハマっていなかったのが惜しまれます。

伊那谷の国道沿いはもちろんの事、目立つ個体はスッキリと逝ってしまいまいた。
その一方で、南部の国道カーブに現れた?ボントラの頭部分なんていうのもあり、日本最大の谷に興味は尽きません。
【2014/03/04 21:58】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
昔の記事に失礼致します。

見ていて懐かしくなってしまいました。

今から9年前、免許を取って、自分の車を買って間もない頃の事、まだ廃車探しにも関心がなかった時に伊那谷を走り初めしこの個体の近くを通り過ぎました。

その時は諏訪湖周辺へドライブへと赴き、山梨県を回って帰路へ着きました。


その時はこの後草ヒロ求めて長野巡りをする事になるとは夢にも思いませんでした。


伊那谷も目立っていた農道や国道沿いの個体が一気に逝ってしまって寂しい限りですが、まだ見ぬ個体求めてこれからもちょくちょく探索へ伺う予定です。
【2014/03/01 13:04】 URL | 草疲労 #-[ 編集] | page top↑
>羽前の国の旧車狂さん

周りの見通しが良すぎて、人影さえなければ大胆な行動を取りやすくなるのでしょうね。
この個体はガラスが無い以上にショックだったのは、
車内に空き缶が何十と散乱してサビ放題で荒廃していた事で、
ゴミ捨て場にされてしまっているのかと感じたくらいです。
【2009/10/09 16:42】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
 地理的要因からして悪ガキが投石してガラスが割られこうなったと思います。
 こういう田圃道はやられやすいんですね。
【2009/09/24 18:19】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/1028-b56205f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |