fc2ブログ
第20回クラシックカーフェスティバルinところざわより(3)

16102902.jpg

いすゞ自動車工業
ヒルマンミンクススーパーデラックス
(PH50)
年式:昭和38年式

3ケタナンバーになったって、どっこい現役です。
イギリスのルーツ社から運ばれてきたパーツを組み立てることで生産がスタートした(いわゆるフル・ノックダウン)は、4年目ですべての部品を国産で賄い生産できるようになり、11年目の昭和39年に自社設計の後継モデルに道を譲り生産を終了させます。
会場に来ていたモデルは、後継のベレルも登場していた時期のものになり、最後の完成形とも言えましょう。

16102903.jpg
16102904.jpg
16102905.jpg

プリンス自動車工業
プリンス・スカイラインデラックス
(ALSID-2)
年式:昭和36年式

スカイライン?グロリア?どちらかな。
ゴメンナサイ、資料を見漁ればわかりますが、ところざわではSkylineのバッチを見つけてようやくでした。

16102906.jpg
16102907.jpg
16102908.jpg

トヨタ自動車工業
トヨペット・クラウンデラックス
(RSD)
年式:昭和32年式

3ケタナンバーではありませんが、それでも初代クラウンからしたらつい最近のナンバーが付いた1台。
テールライトは小ぶりで、サイドモールは観音開きドアを境に前後で繋がっていませんし、リアガラスは1枚物ではなく分割式で、後のRS20からRS31とは、同じ観音開きと名が付くクラウンでも別物です。

コメント:管理人
【2016/10/29 06:00】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
第20回クラシックカーフェスティバルinところざわより(2)

16102803.jpg

トヨタ自動車工業
トヨペット・コロナ1500デラックス
(RT40)
年式:昭和44年式

コロナが集まっている一帯で、管理人のハートをグッと掴んだのがこちらの1台。
3ケタナンバーなんて関係ナッシング。

16102804.jpg

コロナ愛に溢れるアイテム、看板になったホイールキャップと、ダッシュボードに飾ってあった愛車のシガレットケースが彩を添えていました。

コメント:管理人
【2016/10/28 18:43】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
随分とお休みしてしまいました。


久しぶりのネコです。
先週の土曜日に記事をアップしてから、コメントの返信をしようとしていたところ、全身にひどい倦怠感を感じ布団へと直行しました。その後は、仕事こそ穴を開けなかったものの、風邪?で一週間をアンニュイな感じに過ごしました。
その間に全く手を付けていなかったパソコンちゃんまでもがご機嫌を損ねてしまい、今日になってやっと平常運行に戻そうという感じです。
大変、お待たせいたしました。

コメント:管理人
【2016/10/28 17:39】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(16)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/22 17:48】 | マイクロバス | page top↑
冬の下見に山梨・長野へ(8)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/21 22:44】 | 複数車種 | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(15)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/19 20:00】 | バン | page top↑
第20回クラシックカーフェスティバルinところざわより(1)


会場を奥のほうへと歩いていて、ピカピカに整備された旧車たちがハレの姿が居並ぶ中、凄まじい存在感の後姿のトラックが目に入りました。
ニーイヤーミーティングをはじめ、時折イベントで姿を現すサルベージしたてのバケモノ(いい意味での)が、今回ところざわにも来ていました。

16101802.jpg
16101803.jpg
16101804.jpg
16101805.jpg
16101806.jpg

トヨタ自動車工業
トヨペット・トラックSK

年式:昭和29年式(モデル生産期間:昭和28年9月~29年7月)

S型エンジン搭載の1トン積み小型トラックのトヨペットSKです。
SGトラックのマイナーチェンジで昭和28年に登場のSKトラックは、モデル途中に派生をしたR型エンジンを搭載した1.25トン積みモデルのRKトラック、後にトヨペット・スタウトとなるモデルが、歴史を物語る上で有名な1台になっています。
系統ではSKトラックは途絶えてしまいますが、後にトヨエースとなるトヨペット・ライトトラックSKBが1トン積みモデルを引き継いでいます。
まだ車名が与えられず型式で通っていた頃で、トヨタの他に小型トラックを生産していたのが、オオタと日産だけという時代であると申し添えれば、古さがお分かりになることと思います。

16101807.jpg
16101808.jpg

ドアは両ともに外れていましたが、荷台の上にドアをはじめホイール、キャップ、マフラーなど、あった部品はすべて引き揚げてきたと見え、揃えて置かれていました。
ドアに配されたモールにはYAMADA-BODYとボディ架装メーカー名が刻まれています。
フレームとハンドルから前のボンネット部分ができた状態で、トヨタの挙母工場からラインオフしてきたシャーシに、それ以外のキャビンや荷台をボディメーカーで架装され完成だったので、ボディ架装はモールに社名を記して余りあるほどの大きな仕事でした。

16101809.jpg

ボンネット内は経年を感じる部品の劣化も見られましたが、エンジンは健在です。


16101813.jpg
16101814.jpg
16101810.jpg

架装されたボディを見てみると、骨組みはすべて木製で、フレームの上に梁も立派な枠が組まれ荷台を上に載せています。
ドアは木を曲げて組まれていた枠に薄い鉄板を張り付けてあるだけというもので、大工仕事に近いものがあり、今では熟練の大工か宮大工の細工のような造りです。

16101811.jpg
16101812.jpg

特に印象的だったのはリアウインドウ周りの細工で、開ければ急須などのお茶セットとともに茶菓子がでてくるような茶箪笥風の造りになっていて、運転席側にはお守りが収められるような飾りが施された物入れがありました。

16101815.jpg

左のアオリ板に鉄人28号のシールが貼られていました。
現役だったなら風雨で剥がれているでしょうから、シールが貼られた当時、すでに廃車になり留め置かれていたと伺えるものです。

コメント:管理人
【2016/10/18 23:11】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
第20回クラシックカーフェスティバルinところざわを見てきました。


電車乗り継ぎ、狭山ヶ丘駅下車すぐのところざわ自動車学校で開催された、第20回クラシックカーフェスティバルinところざわの見学へと出かけていました。
ブログのコメントの返信もためてしまっているなかで申し訳ありませんが、見ているだけなのに結構疲れてしまい、明日の仕事に備えて、本日は取り急ぎご報告までとして、参加車のご紹介は火曜日の更新からでお願いします。

コメント:管理人
【2016/10/16 20:22】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(14)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/13 06:00】 | 360 | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(13)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/12 06:00】 | 360 | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(12)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/11 09:49】 | 360 | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(11)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/09 20:00】 | マイクロバス | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(10)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/06 19:00】 | 360 | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(9)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/04 18:29】 | セダン | page top↑
相模湾と日本海のあいだに(8)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2016/10/03 20:53】 | セダン | page top↑
| ホーム |