fc2ブログ
週末は甲府盆地にいました~2015(5)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/31 17:44】 | ライトバン | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(13)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/28 19:00】 | マイクロバス | page top↑
週末は甲府盆地にいました~2015(4)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/27 19:00】 | 複数車種 | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(12)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/26 17:00】 | コーチ・ワゴン・1BOX | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(11)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/25 20:00】 | 360 | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(10)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/24 19:00】 | ライトバン | page top↑
週末は甲府盆地にいました~2015(3)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/23 19:00】 | ライトバン | page top↑
週末は甲府盆地にいました~2015(2)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/22 17:00】 | セダン | page top↑
週末は甲府盆地にいました~2015(1)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/21 18:37】 | 360 | page top↑
2015年を締めくくる甲府盆地めぐりをしてきました。
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/19 21:55】 | 雑記 | page top↑
過去の探索より(3)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/18 18:18】 | セダン | page top↑
過去の探索より(2)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/17 19:00】 | コーチ・ワゴン・1BOX | page top↑
過去の探索より(1)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/16 19:00】 | コーチ・ワゴン・1BOX | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(9)番外~カリーナバンのご近所で2006年に見かけた草ヒロ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/11 18:11】 | 360 | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(9)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/11 17:19】 | ライトバン | page top↑
お台場旧車天国(8)
ジュピタージュニア

貼られた当時の色合いを忠実に残す点検整備済ステッカー。
昭和48年から数えて昭和90年にもなるという2015年にこれは刺激的です。
ステッカーは草ヒロでも残されている個体で観察することがありますが、野ざらしでこのコンディションはまず無く、車庫保管されていたことが伺えます。

ジュピタージュニア

ステッカーの持ち主をドアップで一枚。
ヘッドライトを変な角度で捉えたわけではなく、もとからこの斜め配置。
もう少し丸っこい感じなのかと思っていましたが、案外エッジが効いています。

ジュピタージュニア

スリーダイヤは欠品していますが、ジュピタージュニアでした。
鴨居の上に付いたルーフキャリアがいい味を出してります。

ジュピタージュニア
ジュピタージュニア

新三菱重工業
ジュピタージュニア

年式:昭和38年~42年頃?

中型トラックのジュピターから2トン積み小型トラック版として昭和38年4月に登場したジュピタージュニア。
ボンネット型で乗用車ムードを盛り込んでいたものの、同じ小型トラックのキャンターに少し遅れての登場で、商業的にはキャンターの影に完全に隠れた存在で、自動車ガイドブックでは昭和41年を最後に姿を消しています。
6人乗り1.75トン積みのダブルキャブモデルなんてものも存在しましたが、その姿を見ることはこの先あるでしょうか。

コメント:管理人
【2015/12/10 19:00】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
お台場旧車天国(7)
リベルタビラ
リベルタビラ

日産自動車
ニッサン・リベルタビラ


もともと実家が乗っていた車なのに加えて、鈴木B330と管理人が日産車オーナーなのでハッキリと申しますと、
日産迷走期のよくわからない車、リベルタビラです。
よくわからない車ゆえに、何コレ?とスルーを決め込まれたり、ハッキリと車名を明らかにされずに済まされても仕方がないところもあり、まさかイベントに出てくるとは、微塵にも思ったことがありませんでした。
販売チャネルの都合だけのモデルで、バイオレット→バイオレットリベルタの流れをくまないものの、リベルタの名前を流用してパルサー、ラングレーの格に下り誕生しました。

リベルタビラ

2008年10月に、鈴木B360が茨城のヤードで撮影したリアだけのリベルタビラも蔵出しで付けておきます。

コメント:管理人
【2015/12/09 19:00】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お台場旧車天国(6)
九五式戦車

九五式軽戦車(レプリカ)

レオーネエステートバン

レオーネエステートバン(マイルドな痛車)

映画撮影用に作成されたレプリカの軽戦車と戦車アニメをモチーフにしたマイルドな痛車。
並べて展示するほど縁深いものではありませんが、勝手にくっつけてみました。
くろがね四起がいればどっぶりディープな世界ができそうです。

コメント:管理人
【2015/12/08 19:00】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
お台場旧車天国(5)
ダットサントラック

DATSUN!

会場でお見かけしたダットサンの冠を戴くトラックたち。
こちらは後で紹介をするとして、続いて

ダットサンキャブスター

ダットサン・キャブスター標準高床トラック1300DX(A321H)

ダットサンの「D」をフロントセンターに掲げた、初代キャブスターの後期型。
この顔のモデルからFMCを受けるとニッサン化の波に乗ってダットサンの看板を降ろすため、ダットサンとしては最後のモデル。
バンモデルも存在しますが、後期型ではほとんどお見かけしたことがありません。

ダットサントラック

ダットサン1000トラック(220)


千4にハイフンの無いナンバーを掲げた53年間ワンオーナーというダットサン。
53年を勘定すると2015-53で1962となり、数年落ちを中古で買い求めて以来一筋であります。

ダットサントラック
ダットサントラック
ダットサントラック

ダットサントラック(L521)


キャンパー仕様が目を引く赤いダットサントラックは、左ハンドルの輸出仕様車で、国内モデルでは当時あり得なかったカスタムドアミラー、DATSUNとプレスされたアオリ板、異なるサイドマーカー、大きなテールランプが、里帰りを果たしたモデルであることを物語っています。
車両の倍くらいの高さの箱を背負ったような欲張り仕様ではなく、堅実なサイズでテントを張るキャンプから少しクラスアップをしたくらいのものですが、週末のレジャーを楽しむときに着脱ができる手軽さは良いのではないでしょうか。
自動車ガイドブックでは1972年からキャンピングカーの掲載があり、牽引するタイプから箱バンの改造車と、こちらのようなトラックの荷台に着脱するタイプがありました。

コメント:管理人

【2015/12/07 19:00】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(8)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/06 17:52】 | バン | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(7)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/05 19:03】 | バン | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(6)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/04 19:00】 | トラック | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(5)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/03 19:05】 | セダン | page top↑
探検隊2015慰安旅行より(4)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2015/12/02 06:00】 | 複数車種 | page top↑
お台場旧車天国(4)
草ヒロの風景ではお馴染みでも、現役車となるとお見かけする機会が少ないサブロク・バンを会場に3台居ました。

ハイゼットキャブ

ダイハツ工業
ハイゼットキャブバンスーパーデラックス(S36VD)


長き歴史を誇るハイゼットの中で、初代をさしおいて一時期は廃車体ではみかけても実動車は存在しないなどといわれていた2代目のハイゼットキャブ。
Old-timer2008年6月号付録の国産レア車アルバムには、そのような査定でございましたが、その頃に比べて多くはなかった廃車体は次々と姿を消しましたが、イベントでこうして姿を拝見することができるようになりました。
写真の個体は、空冷エンジンから水冷エンジンとなった末期のもので、程なくして3代目ハイゼット(S37)の登場をみます。

三菱360

三菱重工業
三菱360バンデラックス(LT23D)


甲府盆地を巡れば、集落で、山で、果樹園でと、どこでも見ることができた三菱360ですが(2007年頃のお話です)、最近では新たな個体とはさっぱり縁が無くなった感があります。
趣味を始めた頃は、三菱の360ccの車というだけを表す安直なネーミングだなと感じていましたが、クラス初のモデルという意気込みに溢れた意欲あるものであると、今では親しみを持ってその名前を呼べます。


サンバー
サンバー

富士重工業
スバル・サンバーライトバン5ドアカスタムL


どこかで見たことがあるサンバーだと思えば、2013年のところざわでお会いしていました。
剛力サンバーという愛称から転じて、「彩芽!彩芽!」と呼んで長野で草ヒロを探していたこともあるしょうもないエピソードが思い出されました。

コメント:管理人
【2015/12/01 09:52】 | イベントレポ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |