fc2ブログ
2010年の思い出深い草ヒロたち(4)
今年を締めくくるのは、
レア車部門からは現存確認が増えつつ有るコルト800。
管理人の好物のマイクロバスからは、
3月の長野単独探索からトヨペットマイクロバスをご紹介いたします。

コルト800バン

三菱重工業
コルト800バンデラックス

元記事:コルト800バン 松本盆地縦走探索(47)

トヨペットマイクロバス

トヨタ自動車工業
トヨペットマイクロバス(RK170B)

元記事:管理人単独行リベンジ(51)

自動車ガイドブックなどの
書籍の一層の充実を展開するきっかけとなった2大発見。

日本最大の古書店街のお店へは最近めっきり足を運ばなくなりましたが、
かわりに横浜市内や地元の古書店でそれなりにお安い価格で、
足で稼いで蔵書を増やしています。
そのなかで手に入れた『モーターマガジン』の
65/東京モーターショー特集号では、
コルト800はファストバックと共にライトバンも紹介されています。
まさか後にレア車になるなど思ってもいない、
華やかなショーでの出展風景が紙面を飾っていました。

一方のトヨペットマイクロバス。
自動車ガイドブックでの扱いは1963-64のみで、
翌年にはライトバス1本に絞られています。
三樹書房の『日本のトラックバス』での紹介が、
所蔵の資料の中では一番良いのですが、
カタログを元にしたものなので、
カタログ収集も視野に入ってきたりしますが、
踏み出せばキリがない分野と考えています。

以上2台の思い出よりかは後日談を長々と書きましたが、
これをもちまして2010年を締めくくりたいと思います。

皆様、どうぞ良い2011年をお迎えください。

草ヒロ探検隊 鈴木B360 管理人
【2010/12/31 12:00】 | コラム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2010年の思い出深い草ヒロたち(3)
第3弾は鈴木B360のセレクトです。
基本的に写真撮影は専ら管理人が行っていますが、
時に気に入った個体となると、
自らもカメラを持ち出して撮影することもあります。
そんな鈴木B360のおメガネに適った個体をご紹介しいます。

サニーバン

日産自動車
ダットサンサニーバン
デラックスAタイプ(VB10)

元記事:北の関東より2010夏~(18)

水田地帯での草ヒロ遭遇率は眼を覆いたくなる程に低いのですが、
田んぼに囲まれたちょっとした畑に嬉しいことにサニーバンはいました。
長野で探索していればさほど珍しくなかった初代も、
関東平野でこれほど程度のよい天然モノと出会えるとは考えもしませんでした。
また久しぶりの初代に降る雨もわすれてハシャギにハシャギました。

キャロル360


東洋工業
マツダキャロル360 4ドアデラックス(KPDA(4))

元記事:収穫期の山梨より(20)

探検隊全盛期の数年前ならまだしも、
業界が先細りの今にあって
このような情緒的な風景に遭遇できるとは、
なかなか有ることではありません。
キャロルの佇まいも情感に溢れるものがあり、
探索をやっている充実感と達成感を満たされた1台でした。

コメント:管理人
【2010/12/31 00:00】 | コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2010年の思い出深い草ヒロたち(2)
第2弾は乗用車から2台。
共に5月の北関東探索からの個体になります。

ブルーバード

日産自動車
ダットサンブルーバード
4ドアセダン1600GL(P510HAWTD)

元記事:北の関東より2010夏~(5)

高速道路から遭遇した2台。
1台は以前から目を付けていた個体で、
沿道の果樹園に置いてある510ブル。
中央道沿いにあったトヨタライトバスのように、
姿を消していないかドキドキしながら
目の前を通り過ぎていましたが、
やっとこさ機会を設けてじっくりと見ることができました。

グロリアスーパー6

日産自動車
ニッサングロリア
4ドアセダン2000スーパー6(PA30)

元記事:北の関東より2010夏~(1)

もう1台も高速走行時に見つけておりますが、
トラックの荷台でドナドナされているもので、
地面にしっかりと根を張ったものでなく、
全く予期しなかった発見でした。
出来ればこうなる前に見つけてあげたかった!
という撤去の生の現場との遭遇でした。

コメント:管理人
【2010/12/30 18:00】 | コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2010年の思い出深い草ヒロたち(1)
2010年も残り3日となり、
やり残した事はたくさん、
行きたかった所も数多くあれど、
ここでジタバタしても手遅れなので、
来年のやることリストに記すことにして、
大晦日までの3回で2010年に撮影した
思い出深い草ヒロたちをご紹介します。

サブロク箱バンから2台おいでいただきました。

コニー360ライトバン

愛知機械工業
コニー360ライトバン(AF11VH)

元記事:松本盆地縦走探索(20)

史上最高の個体滞在時間と撮影枚数を記録したのは、
2月の信州でまだ遠い春を待っていたコニー360でした。
何度も探索をしていた見渡しの良い大平原での、
まさかの撃ち漏らし個体でした。
会えた嬉しさの次に、今まで発見できなかった悔いる念が
ドロドロと湧いてきてしまい、探索手法に一石を投じた出来事でした。

くちびるサンバー

富士重工業
サンバーライトバン360

元記事:収穫期の山梨より(22)

2010年の探検隊の甲府盆地トピック商用車部門の
頂点に輝く発見は、初代サンバーの発見でした。
2代目サンバーを数十台見つけて初代は1台。
初代と2代目には大きな壁が有りましたが、
探検隊は漸くその壁を越えることができました。

コメント:管理人
【2010/12/29 22:30】 | コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
師走の山梨より(11)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/28 20:00】 | 360 | page top↑
師走の山梨より(10)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/27 20:00】 | 550 | page top↑
師走の山梨より(9)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/26 21:00】 | 660 | page top↑
師走の山梨より(8)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/25 18:00】 | 360 | page top↑
師走の山梨より(7)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/24 18:00】 | バン | page top↑
師走の山梨より(6)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/23 22:00】 | コーチ・ワゴン・1BOX | page top↑
師走の山梨より(5)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/22 20:00】 | 360 | page top↑
師走の山梨より(4)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/21 20:00】 | ライトバン | page top↑
師走の山梨より(3)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/20 18:00】 | ライトバン | page top↑
師走の山梨より(2)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/19 19:00】 | 550 | page top↑
師走の山梨より(1)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/18 22:00】 | トラック | page top↑
管理人単独・11月宮城
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/17 23:38】 | 360 | page top↑
鳥取出張より~鈴木B360単独行2010夏(2)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/16 16:00】 | ハッチバック | page top↑
鳥取出張より~鈴木B360単独行2010夏(1)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/15 15:00】 | 360 | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(13)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/14 18:00】 | マイクロバス | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(12)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/13 12:13】 | ライトバン | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(11)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/12 18:00】 | ライトバン | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(10)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/11 19:16】 | 550 | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(9)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/10 20:00】 | コーチ・ワゴン・1BOX | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(8)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/09 19:00】 | 360 | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(7)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/08 19:30】 | 550 | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(6)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/07 12:00】 | ライトバン | page top↑
ぐんまちゃん家本家にて+やまなし~電気機関車
本日紹介しますのは、群馬からEF16形電気機関車と、
過去に撮影していた山梨のEF15形電気機関車になります。

戦後復興期の増大する輸送量に対応すべく、
昭和22年から33年までの11年間にわたり
総勢202両が製造された直流形電気機関車の傑作機EF15。
何でもこなせる万能機として北は直流時代の奥羽本線、
西は山陽本線と活躍するも、
高速化や、列車削減による余剰など
時代の流れで活躍の場と数を減らし、
国鉄がJRとなる頃に全機活躍を終えました。

山梨のEF15は最終製造のグループ、
群馬のEF16はEF15の初期製造車からの改造車で、
製造時期に10年余りの差があり、
大きな違いとして車体側面の窓の数が異なります。

EF15

EF15 198号機
山梨県韮崎市にて
2006年12月撮影

昭和33年に製造され各地を転々とした後、
晩年は甲府や八王子に配置され中央本線などで活躍し、
昭和61年に廃車となり韮崎中央公園で保存されています。
現役時代26年間で212万キロを走り抜け、
今は公園で貨車を従えて置かれています。

101206_EF162.jpg
EF16

EF16 28号機
群馬県水上市にて
2010年10月撮影

EF15を勾配線区の補助機関車として改造したのがEF16。
写真のEF16 28号機の元は昭和22年製造のEF15 30号機で、
昭和32年にEF16改造され上越国境で働き、昭和56年に廃車。
現在は、所属機関区のあった水上の道の駅「水紀行館」に置かれている。
屋根付き保管ながら、荒廃が進み、適切な維持管理がなされず、
道の駅の隅っこに放置されている印象を受けました。

コメント:管理人
【2010/12/06 22:00】 | 鉄道系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぐんまちゃん家本家にて~デゴイチ


D51-561号機
群馬県川場村にて

10120502_D51.jpg

D51-489号機
上越線後閑駅付近にて

~はじめに~

川場村にありますホテルSLにおいて運行されているSL・D51が
先月運行中に負傷者を出すという事故を起こしました。
安全対策を講ずるなどし12月4日に運行は再開されましたが、
探検隊の2人が乗車した後に起きた事故だけに大変ショックを受けておりました。
運行再開に際し、再び事故の起きぬよう願うばかりです。



今回の探索は初っ端から台風やら霧にやられ、
諦めの境地と探索を半ば放棄して、沼田市でりんご狩りをしたり、
水曜どうでしょう「絵ハガキの旅」の聖地・上発地を探訪したりで、
はっきり申して『片手間探索』と形容するしかない体たらくを晒しました。
緩みきった所に、管理人はここぞとばかりに
「SLが見たいんですよね!」と軽い言葉で誘い、
道の駅田園プラザかわばから程近いホテルへ向かいました。

こちらのホテルにあるSLデゴイチは、
日本に数ある保存SLの中でも特異な、
圧搾空気の力で自走することのできる車両で、
入場料金300円で車掌車に、
さらに追加の1000円を払うと機関室で体験乗車ができる、
鉄博のシミュレーターでは体感できない、
生の躍動を感じれる施設です。
特に汽笛の吹鳴は、音が谷に響き渡り爽快です。
これにはお付き合い程度に乗っていた鈴木B360も感動したようで、
チラシで偶然知ったSLみなかみ号も見てみたいと意欲を示したので、
山をふたつみっつ越えて後閑駅付近へ向かい、
黒煙を吐いて上り勾配を疾走するデゴイチのダイナニズムに触れ、
勢い余って終着の水上までお付き合いする超展開となりました。

終着水上では、転車台広場で憩うデゴイチを間近で見て、
熱気を感じるなどSL三昧なひと時を過ごし、
探索放棄5時間という前代未聞の不祥事となりました。

コメント:管理人
【2010/12/05 22:50】 | 鉄道系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(5)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/04 21:40】 | その他の車 | page top↑
ぐんまちゃん家本家訪問(4)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/12/03 12:00】 | 550 | page top↑
| ホーム | 次ページ