梅雨空の山梨行(1)
日野RL

日野自動車工業
日野RL

静岡県東部にて
2009年7月撮影

霧に覆われた山の麓で、
国道からバスが見えたので行ってみると、
草ヒロとなってからは倉庫ではなく店舗として使われていた、
なんとも締まりの無い面構えになってしまった
日野の草ヒロで良く見かける中型バスがいました。

右下端にミラーが写り込んでいるように、
行き過ぎたにもかかわらず、
車内から手抜き撮影をしたのが分かる、
昼から探索に出かけた無気力さが
溢れている最初の1台、1枚になりました。

コメント:鈴木B360&管理人

本日より平常更新に復帰いたします。
【2009/07/31 21:37】 | バス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨を行く(63)
ダットサントラック

日産自動車
ダットサントラック1600標準ボデー(J-720)

山梨県峡北地域にて
2006年12月撮影

山の斜面に車らしきものを見つけ、
探検してみると、この昭和54年頃の
ダットサントラックがいました。
520や620を多数発見してきましたが、
よく考えてみると、この車の玉数が
少ないことに気づきました。
高年式のレア車として今後も捕獲できればと思います。

コメント:鈴木B360
【2009/07/22 07:00】 | トラック | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
探検隊過去の探索からⅤ(15)
Z
Z

本田技研工業
ホンダZ 3ドアハッチバック360GT

長野県伊那谷南部にて
2006年9月撮影

昭和45年登場のホンダZの前期モデルが、
山の上の道路脇に置かれていました。
色からするとオリジナルの色ではありませんが、
Zの天然草ヒロは珍しいとあって写真に収めました。
鈴木B360の親父が、お袋と出会った時に乗っていたのが
ZのGSSでモスグリーンでした。
通称水中メガネとはリアの窓枠から
そう呼ばれているそうです。

コメント:鈴木B360
【2009/07/21 18:35】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨を行く(62)
ニッサン
ニッサン

日産自動車
ニッサン検診車
(詳細不明)
山梨県峡北地域にて
2006年12月撮影

見た目からかなり古いことが伺える検診車が、
高原に倉庫として置かれていました。
キャブスターがベース車と思われます。
フロントガラスも一体の窓ではなく
ホイールもボンバスがあった頃の物にも似ています。
なんといってもこのサビ加減が年代を感じさせ、
さらにニッサンのステッカーがそれに輪をかけ
良い味をかもし出しています。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/20 07:33】 | バス | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
探検隊過去の探索からⅤ(14)
サニー

日産自動車
ダットサンサニー4ドアセダン
1000デラックス(B10)
東京都西部にて
2006年6月撮影

住宅密集地の中に時間の止まったような空間にあったのは、
明らかにオールペンしたと思われる初代サニーの
昭和43年マイチェンモデルです。
物が散乱してB10には災難な事ですが、
これぞ都会派草ヒロといった感じでした。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/19 09:13】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
山梨を行く(61)
キャリイトラック
キャリイトラック
キャリイトラック

鈴木自動車工業
スズキキャリイ360一方開き(L40)

山梨県ワイナリーの近くにて
2007年2月撮影
2008年8月撮影(草バージョン)

1969年登場のキャブ型としては
初のフルモデルチェンジとなるL40型の
前期のモデルが段々畑状の果樹園にいました。
斬新過ぎるヘッドライトからのマスクが
今となってはカッコよすぎです。
錆びの部分がワインレッドに見えてしまうのは
この土地柄でしょうか?

コメント:鈴木B360&管理人

昨年のGWにスタートし、クリスマスから放置
もといお休みしていた連載『山梨を行く』が復活です。
【2009/07/18 07:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
探検隊過去の探索からⅤ(13)
フローリアンバン

いすゞ自動車
いすゞフローリアンバンデラックス(PA20V)

長野県塩尻市にて(撤去済み)
2006年9月撮影

美味しそうな葡萄の下にいたのは、
1976年頃のフローリアンでした。
年式的には高いのですが、かなりのマイナー車。
しかもバンモデルということもあり、
探検隊としても初物だったので
レア度は高い1台です。
ブルーシートで保護されていたりと
オーナーは面倒を見ていたようですが、
残念ながら居なくなってしまいました。

コメント:鈴木B360&管理人

最近の探索のストックを出し尽くした為、
何処かへ出かけて、何かを見つけてくるまで、
過去の探索の企画もので記事を展開いたします。
【2009/07/17 09:42】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
りんご王国から(2)
スカイラインバン

日産自動車
ニッサンスカイラインバンデラックス

青森県津軽地域にて
2009年5月撮影

ハコスカのライトバンモデルが道の駅近くに置いてありました。
信号待ちで上を見上げると、何だか分からないライトバンがいたので、
進路変更し車を停めて撮影してきました。
ハコスカバンとしては珍しいカラーリングでもあり、
管理人は車種の特定ができませんでした。

恥ずかしながら、2泊3日旅行してきての成果は以上です。
見つけながらも撮影しなかった個体は10台ほどで、
全てが昭和50年以降の個体でしたが、
他にC型ライトバスらしきものもいたので、
それだけは心残りです!


コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/16 15:47】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
りんご王国から(1)
ブルーバード

日産自動車
ダットサンブルーバード
4ドアセダン1300デラックス(DP411)

青森県津軽地域にて
2009年5月撮影

管理人が旅行で青森へ行ってきたので、
行程中の草ヒロ収穫としてはじめにお伝えするのは、
この2代目ブルーバードの後期型です。
可哀想にゴミ集積場の近くに置いてあり、
乱雑としたゴミの中で草ヒロしていました。
ゴミを辿って回収していくと、
ブルーバードまで届いてしまいますが、
収集車ではどうにもできませんね。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/15 07:00】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
09GW長野探索(35)
B8系
B8系

三菱ふそう
三菱B8系

長野県大北地域にて
2009年5月撮影

この探索の最後に、一日の疲れを癒すべく温泉へと
集落の道を進んでいると、広場にバスがドンと置かれていました。
広場はゲートボール場として使われていて、
バスは休憩室と物置を兼ねているようでした。
フロントにFUSO、そしてリアにはB8とエンブレムがあり、
200馬力を超える高出力モデルであることがわかります。
現役当時は駅と山を力強く行き来していたのでしょう。

コメント:管理人

この記事を持ちまして『09GW長野探索』の連載を終了します。
【2009/07/14 10:41】 | バス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09GW長野探索(34)
ニッサンライトコーチ
ニッサンライトコーチ

日産自動車
ニッサンライトコーチダブルタイヤ(GHWT40

長野県佐久地域にて
2009年5月撮影

今回の長野探索。
マイクロ党にとってはバラエティに富んでいました。
極めつけは、コレだけ完全な形での残っているライトコーチです。
ダブルタイヤ仕様なので昭和40年代後半期の末期モデルですが、
それでも、なかなか残っていないでしょう。
というか、シビリアンを普通は買っていたでしょう。
まだ停めたばっかりのように綺麗であまり欠品無く、
プリンスの文字も欠落無く、ワイパーすら動きそうです。
今回の探索は大物のマイクロバスが印象的でした。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/13 17:52】 | マイクロバス | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
09GW長野探索(33)

トヨペットライトバス
トヨペットライトバス

トヨタ自動車工業
トヨペットマイクロバス(RK170)

長野県長野地域にて
2009年5月撮影

ハイゼットを見つけた後、誘われるかのように山の方に向かっていると、
視界横の山の斜面にピンク色のマイクロが引っ掛っているのが見え、
○宮さんが見つけ、マイクロ党としては生で是非とも
見てみたかったトヨペットに出会う事ができました。
40年以上経っている車にもかかわらず、
綺麗に立っており欠品も殆ど無く、
ずーと残っていて欲しい個体でした。
ちなみに、排気量は1900ccのガソリンで、
当時のクラウンの3R型エンジンを
大型用に改造した3R-B型エンジンを搭載していました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/12 07:00】 | マイクロバス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
09GW長野探索(32)
ハイゼット55ワイド
ハイゼット55ワイド

ダイハツ工業
ハイゼット55ワイドスライドバン
550スーパーデラックス(S60VD)

長野県長野地域にて
2009年5月撮影

田んぼの端に顔のパネルが無くなってしまった
ハイゼット55ワイドが置かれていました。
とても広いところにこの車だけポツンと置かれ、
道しるべの道祖神のようにも思えました。
結局は、この直後に見つける大物への道しるべになったので、
我々としては忘れがたい個体となりました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/11 01:11】 | 550 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
09GW長野探索(31)
ライフ
ライフ

本田技研工業
ライフ4ドア360スーパーデラックス

長野県長野地域にて
2009年5月撮影

果樹園の一段低いところに、
初代ライフが埋もれているのを発見し撮影しました。
屋根にトタンが敷かれ、重石がのっけられ屋根の陥没を防いでいました。
そこを防ぐなら、周りの雑草からも助けてあげた方が良いように思いました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/10 23:38】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
09GW長野探索(30)
ポーターキャブ

東洋工業
マツダポーターキャブ360(KECA)

長野県上田地域にて
2009年5月撮影

サブロクのポーターが果樹園のど真ん中に
置いてあるのを見つけ撮影しました。
お疲れなのか、目の周りにくまができており、
なんとも気だるい雰囲気が漂っていました。
敷地のど真ん中ゆえに、ガラスなど悪戯されにくく、
さらに錆びるのを待つだけでした。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/10 15:05】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
09GW長野探索(29)
シティ

本田技研工業
シティ1200E(E-AA)

長野県上田地域にて
2009年5月撮影

車体が埋まりつつある初代シティの草ヒロを撮影しました。
シティも長野ではちょくちょく見かけ、すっかり旧車の仲間入りであります。
しかし、カブリオレなどはマニアさんがいっぱい持っているので、
草ヒロにはこのドノーマルなタイプしか見かけません。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/09 07:14】 | ハッチバック | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
09GW長野探索(28)
シビック
シビックとフロンテ

本田技研工業
シビックCVCC3ドア1500RSL(B-SH)

長野県上田地域にて
2009年5月撮影

フロンテの横にいたのは、初代シビックの後期CVCCモデルで、
昭和50年頃の個体なので、フロンテから乗り換えたものと思われます。
こちらの方もサビまみれで、今にも運転席ドアパネルは削げ落ちそうです。
豪華なフロントマスクが印象的で、磨いたら輝きそうなブルーメタリックは、
当時の車としては派手だったのでしょう。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/08 16:15】 | ハッチバック | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
09GW長野探索(27)
フロンテ71

鈴木自動車工業
スズキフロンテ71
360 GO-W(LC10WGO)

長野県上田地域にて
2009年5月撮影

サビサビの昭和46年の水冷Wシリーズを謳ったフロンテが
少し草臥れた傾斜のある果樹棚の下に置かれていました。
この頃のスズキはキャリイといいフロンテバンといい角目ばかりで
他のメーカーに捕らわれない車造りをしていたのですね。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/07 15:08】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
春本番の甲府盆地から(17)
三菱360ライトバン
三菱360ライトバン

新三菱重工業
三菱360ライトバンデラックス(LT21-4)

山梨県甲府盆地北部にて
2009年3月撮影

今回の甲府盆地探索の嬉しい発見は、
昭和37年~38年頃の三菱360ライトバンです。
紹介済みであるハイエースコミューターを撮影中に、
眼下にちょっとした箱が見え、なんとか到達してみると、
かわいいライトバンがご丁寧に、
道端のちょっとした隙間に入れられていました。
昼間には最初期型の三菱360を見つけていますが、
そちらは遠くから眺めただけでしたので、
ここぞとばかりに全方位を飽きるまで見てきました。

コメント:鈴木B360&管理人

これをもちまして、夏まで引っ張ってしまった
『春本番の甲府盆地から』の連載は終了です。
【2009/07/06 07:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
春本番の甲府盆地から(16)
B360

東洋工業
マツダB360ライトバンデラックス

山梨県甲府盆地東部にて
2009年3月撮影

明らかに最近設営されたビニルハウスの中に朽ちていたのは
昭和38年から製造されたB360のライトバンでした。
オーナーは後世に残す気なのか、保管状況に驚きな1台でした。
常にこのように開いている訳ではないのでしょうから、
偶然発見できたと言っても過言ではないでしょう。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/05 08:20】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お知らせ
①コメントの返信の遅滞について

ここ数ヶ月、お寄せいただいたコメントへの返信が
月に2回ほどでのまとめての対応になってしまっており、
大変申し訳ありません。

管理人の知識だけでお返しできないコメントは、
鈴木B360にお願いをしているのですが、
そのお互い合う時間が、環境変化により週1くらいになっていて、
その時間も記事作成に費やしてしまい、
なかなか手を付けられない状態になっています。

この状況は好転の見込みがありませんが、
できうる限りで返信いたしますので、
ご愛顧のこと、よろしくお願いいたします。



②草ヒロ個体所在情報について

コメントやメールで廃車体の所在情報の問い合わせを、
ここ最近、月に2~3件受けるようになりました。

誠に申し訳ありませんが、
情報提供によるその後に、
草ヒロ探検隊は責任を負えませんので、
所在情報のお問い合わせに
お答えする事はできません。


記事に撮影場所の記載があるのは、
県ごと、地域ごとの状況・傾向を
比較できるようにしている為です。

2009年7月5日 草ヒロ探検隊管理人


090705.jpg

文字だけの記事ではなんですので、
今は無き、静岡某地の解体屋の写真も付けておきます。
撮影は2006年の7月です。
草木が好き放題に生い茂っていて、
今が探索向きなシーズンではないことを、大いに語っております。
【2009/07/05 01:45】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春本番の甲府盆地から(15)
TNⅢ

本田技研工業
本田TNⅢ360三方開き

山梨県甲府盆地中部にて
2009年3月撮影

果樹園仕様で屋根が切られ、荷台も側面を取られてしまった
ホンダマークがでかい古いタイプのTNを発見しました。
果樹園仕様も、ここまで古い軽トラは少なく、
多少勿体ない感がしました。
TNもトミカなどでモデル化され、
人気のある車という事が分かります。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/04 20:47】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
春本番の甲府盆地から(14)
灰エース

トヨタ自動車工業
トヨタハイエース

山梨県甲府盆地北部にて
2009年3月撮影

見晴らしの良い所から遠くを眺めていると、
遠くにではなく、足元にハイエースがいました。
もう少しピントが甘かったならば、
なんとなくミニカーを置いたかのような写真に
なってしまうところでしたが、
なかなか撮ろうと思っても撮れないアングルの
写真になったのではないでしょうか。

コメント:管理人
【2009/07/03 17:54】 | バン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
09GW長野探索(26)
デルタワイドワゴン

ダイハツ工業
デルタワイドワゴン1600カスタム(TB11G)

長野県佐久地域にて
2009年5月撮影

某ベットの会社の営業用ワゴンのデルタが、
高速道路から見えたときには、車っぽいものとしか見えず、
いざ現地についてみると、広い段々畑で要領を得られず迷いましたが、
最終的には、招いてくれたかのように見つけ出すことができました。
フランスカラーで、正しくさわやかな朝を迎え、畑の端に佇んでいました。
当時のシャルマンが履いていたホイールキャップをデルタも履いています。

コメント:鈴木B360&管理人
【2009/07/02 18:41】 | コーチ・ワゴン・1BOX | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
09GW長野探索(25)
エアロスター

三菱ふそう
三菱MP系エアロスターK
三菱MK

長野県佐久地域にて
2009年5月撮影

バスの個体を見つけて困るのは、会社名が書かれていなければ、
覚えているカラーリングのバス会社など片手くらいなもので、
このバスも撮影時はさっぱりと判りませんでした。
『日本のバス年代記』を参考に型式を調べていると、
エアロスターでは標準装備とされている、フロントウインド下の
安全確認窓が無く、読み進めてみると北陸鉄道で導入例があるとあり、
前から2枚目の窓に福井-小松空港直行バスの広告があったので、
長野の東の方にも関わらず、北陸鉄道
福井鉄道バスであることが判りました。

この個体に関しては、畑の隅っこで大型倉庫として活用されていて、
車内にはワラが満載されていて、前扉にある『貸切』の表示が
なんともユーモアのセンスがあるなと感心しました。

コメント:管理人
【2009/07/01 22:33】 | バス | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |