08GW・伊那谷探索(11)
クーペ9
クーペ9

本田技研工業
ホンダクーペ9
1300GT

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

新緑の季節に似合う爽やかなグリーンの
ホンダクーペ9を撮影しました。
この車、フロントがゴッソリ取れる
仕組みになっており、昔ヤードで
この顔だけが3つ並んでいたのを思い出しました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/31 18:00】 | クーペ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
08GW・伊那谷探索(10)
BM320ライトバス

日野自動車工業
日野 レインボーBM320ライトバス

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

一瞬、電車かと思わせるこのスタイルは
たまらなく良い味を出しています。
あまり見かけることが無いこのマイクロは
探検隊も山梨に続き2台目です。
運転席の中途半端なドアに笑いが出ました。
顔付きから1975年くらいのモデルのようです。

コメント:鈴木B360&管理人

2016年1月5日追記

80s岩手県のバスその頃の管理人様より、この個体について情報をいただきました。
一見すると自動車ガイドブックに見られるブルーのカラーリングですが、実は伊那バスの塗り分けになります。
加えてフロントグリルに追設された方向幕が、路線バスであったことを物語っております。
「バスジャパンNo.4」(1987年刊行)の伊那バス全車ガイドのよると、本個体は1975年式であるとのことです。
【2008/05/30 18:00】 | マイクロバス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
山梨を行く(18)
サニーRZ-1
サニーRZ-1

日産自動車
サニーRZ-1
1500タイプB(B12)

山梨県甲府盆地西部にて
2007年7月撮影

これもADバン同様に昭和60年ごろの車で
メッキリ少なくなり、存在も薄れている
車種になってしまいました。
探検隊は、この年代の稀少車も注視しており
これからも欠かさず撮りたいと思っています。
トッラドサニーのクーペ版として
若者世代にターゲットを置き登場した車です。
次の世代にはNXクーペとして名前を変えて登場しますが
こちらの方も玉数が少ない車となってしまいました。

コメント:鈴木B360
【2008/05/29 18:00】 | クーペ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
山梨を行く(17)
サニーADバン
サニーADバン

日産自動車
サニーADバン4ドアGL(B11)

山梨県甲府盆地南部にて
2007年7月撮影

初期のADバンも見かけなくなり
草ヒロではやや冷遇されていますが
それだからこそ、我々は貴重な存在だと思います。
特にこの個体はボディーなどしっかりしており
4本足でそこにきちんと立っていることが
嬉しい限りであります。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/28 18:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
山梨を行く(16)
ダットサントラック

日産自動車
ダットサントラック1300ロングボデー(G521)

山梨県峡北地域にて
2006年12月撮影

ご愛用されていたもう1台で
ボンネットが浮かないように
おっきな石が置かれていました。
荷台のトノカバーを引っ掛ける
フックの数からロングボディーと確認できます。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/27 18:00】 | トラック | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
山梨を行く(15)
ダットサントラック

日産自動車
ダットサントラック1300デラックス(521)

山梨県峡北地域にて
2006年12月撮影

ぶどう畑の中に521ダットサントラックがいました。
昭和44年の自動車ガイドブックを見ると
100万台のご愛用をいただく小型トラックの王者と
表記されております。
この地域にもご愛用されたようで
近い範囲に2台いました。

コメント:鈴木B360
【2008/05/26 18:00】 | トラック | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
08GW・伊那谷探索(9)
キャブオールマイクロバス
キャブオール
キャブオール

日産自動車
キャブオールマイクロバス(KC240)

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

果樹園の木々は、冬のサッパリした姿を
大きく変え、緑の葉で覆いつくされ
幹線農道から発見した緑の地帯に降り立つも
視界は芳しくなく、「果樹園はシーズンオフ」と
半ば諦めていたときに、車窓にコンニチハしたのが
このキャブオールになります。
お隣の畑の人に中に入れてもらい
この個体をよく観察すると
車内の荷物の下にはまだ椅子が残っていて
14人乗りのマイクロバスであることが分かりました。
あともう少しで引き返そうとしていた所
なかなか車を回せる場所がなかったのが幸いしました。

コメント:管理人
【2008/05/25 14:08】 | マイクロバス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
08GW・伊那谷探索(8)
ファミリアバン
ファミリアバン

東洋工業
マツダ ファミリア1000バン
2ドアデラックス(BPBV)


果樹園の脇道に2ドアの昭和44年ごろの
ファミリアのバンがおかれていました。
ライトバンなので車内はキチンと物置として
使用されていました。

コメント:鈴木B360
【2008/05/24 18:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
08GW・伊那谷探索(7)
レパード

日産自動車
レパード2ドアクーペ2000XS
ツインカムターボ(F31後期型)

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

後ろの山々が大変美しい草っぱらにハチマルないし
キュウマルのレパードが置かれていました。
鈴木B360が少しの間愛車にしていたこともある
この年式でも思わず撮ってしまいました。
サンルーフやサイドのバイザー類が装着されていました。

コメント:鈴木B360
【2008/05/23 18:00】 | クーペ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
山梨を行く(14)
ブルーバードバン

日産自動車
ダットサン ブルーバード1300バン
スタンダード(V510S)

山梨県峡北地域にて
2006年11月撮影

花を纏った510ブルーバードバンを撮影しました。
自動販売機の裏にこの個体が居て
少し休憩を取りながら撮影をしました。
グリルにダットサンのマークがみえました。
喧嘩ワイパーの片方は抜け落ちていました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/22 18:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
山梨を行く(13)
キャブスター

日産自動車
ダットサン キャブスター
ライトバンデラックス

山梨県甲府盆地南部にて
2007年3月撮影

ガラス類がすべて無くなった
キャブスターを発見しました。
発見当初はあまり馴染みの無い車だったので
このような状態でもかなり大喜びしたことを覚えています。
浮かれていたため排気量を調べ忘れています。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/21 18:46】 | バン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
山梨を行く(12)
コニー360
コニー360

愛知機械工業
コニー360ライトバン
デラックス(AF7VH)

山梨県甲府盆地南部にて
2007年3月撮影

甲府盆地の底力というべき個体として挙げられるのは
この昭和43年頃のコニーのライトバンではないでしょうか。
他にも同じ南部でこの前の型を発見していますが
発見時は、山梨でもコニーが見れたと感無量でした。
顔は少々無いものの、エンブレム類やホイールキャップ
リボンタイヤは健在でした。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/20 18:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
山梨を行く(11)
TN360

本田技研工業
ホンダTN360

山梨県峡北地域にて
2007年7月撮影

荒廃したぶどう園の一角に埋もれていた
初代TNを撮影しました。
T360と同様に大きなホンダのマークが
誇らしげで印象的です。
しかし、この子はライトから悲しげな
涙を流しているように思えました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/19 18:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
08GW・伊那谷探索(6)
スプリンター
スプリンター
スプリンター

トヨタ自動車工業
スプリンター5ドアセダン
1500SX(AE81)

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

あのドリフト漫画のお豆腐屋さんが
乗って有名になったAEの型式を持った
珍しい5ドアのスプリンターを山道で発見しました。
溝を跨いで放置されており
車内にはその年代に流行ったと思われる
つり革などアイテムが残っていました。

コメント:鈴木B360
【2008/05/18 18:25】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
08GW・伊那谷探索(5)
R2
R2

富士重工業
スバルR-2 360GL

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

くすんだゴールドカラーの
R-2を朝一番に発見しました。
知っての通り、この車はリアエンジン車なので
ボンネットの空洞はゴミ置きに使われていました。
リボンタイヤは多分当時の物と思われるので
長い間ここに置かれているものだと思います。

コメント:鈴木B360
【2008/05/17 18:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
08GW・伊那谷探索(4)
スズライトキャリィ

鈴木自動車工業
スズライトキャリイバン(L20V)

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

以前、7月三県探索編(12)でも紹介した
スズライト他のいる畑地に再訪問してきました。
ほぼ1年ぶりの訪問でしたが他の草ヒロにも
目立った動きがなく安心させられました。
前回は枯れ木に遮られてしまって
見えなかったフロント部を
しっかりと拝んでまいりました。

コメント:管理人
【2008/05/16 18:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨を行く(10)
ファミリア

東洋工業
マツダ ファミリア1200
4ドアデラックス

山梨県峡北地域にて
2007年7月撮影

フロント周りが無残な状態になってしまった
2代目ファミリアのセダンを撮影しました。
左フェンダーがもげているものの
しっかりとボンネットに載せ置かれ
リア部は反面エンブレム類等しっかり
残っていました。

コメント:鈴木B360
【2008/05/15 18:00】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
山梨を行く(9)
ボンゴ
ボンゴ

東洋工業
マツダボンゴ1000バン(FPAV)

山梨県峡北地域にて
2006年12月撮影

かわいいお顔をしたボンゴなのですが
草木に覆われ見えないのが少し残念です。
かすかに見えたエンブレムから782ccの後に
出た昭和43年以降の987ccのエンジンを搭載したモデルでした。
左後部ドアは完全に封鎖され倉庫としての命運は
果ててしまっているように見えます

コメント:鈴木B360
【2008/05/14 18:00】 | バン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨を行く(8)
フェローバン

ダイハツ工業
フェローバンスーパーデラックス(L37VD)

山梨県峡北地域にて
2006年12月撮影

荒地の真中にライトバンらしき車を認め
軍手をはめた手で掻き分け発掘してみると
昭和42年ごろのフェローバンが出てきました。
保存状態は良好な1台でした。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/13 18:07】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
山梨を行く(7)
三菱360

三菱360

三菱重工業
三菱360ピックアップ

山梨県峡北地域にて
2007年7月撮影

ツタに包まったピックアップ。
全長3メートルも無い小さなボディーで
丘陵地帯を一生懸命走っていたのでしょう。
グリルとボンネットに三菱のマークがあります。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/12 18:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
08GW・伊那谷探索(3)
ライトバス
ライトバス
ライトバス

東洋工業
マツダライトバス(A型)

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

今回の探索で発見したマイクロバスの
トップ2のうち1台を紹介。
構成など考えていませんから
息切れするのは必至でしょう。
リンク先の『叢荘8148号室』でも
N県の物件として紹介されているこの個体。
その姿のまま車窓に飛び込んできたときには
周りの風景から浮きすぎていて
思わず笑ってしまうくらいでした。
何台見ても、他を圧倒するフロントビューは秀逸で
残っていることに感謝したいマイクロバスです。

コメント:管理人
【2008/05/11 15:17】 | マイクロバス | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
08GW・伊那谷探索(2)
キャリィ
キャリィ

鈴木自動車工業
キャリィバン550
スーパーデラックス(H-ST30V)

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

集落内を車で突っ切っていると
交差点に側面がゴッソリと無い
異様なバンを見つけ停車。
フロント部に回り込んでみると、550のキャリィでした。
御丁寧に屋根まで据え付けられたこの個体。
よく観察してみると「代金は正しく入れてください。」と
張り紙がしてあったり、車内に棚が設置されている
様子から、無人販売所のようでした。
側面をここまで開放的にしなくても良いのではと
一瞬考えてしまいましたが、これほど意欲的な
活用法は、今までにありませんでした。

コメント:管理人

今週より、『山梨を行く』とあわせて
『08GW・伊那谷探索』を週末にお送りいたします。
【2008/05/10 18:00】 | 550 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
山梨を行く(6)
日野RM
日野RM

日野自動車工業
日野 RM

山梨県甲府盆地にて
フロント:2007年12月撮影
リア:2007年2月撮影

航空機の世界では間もなく姿を消す
前の日本航空のマーク「鶴丸」も
このような草ヒロであるならば
その車が存在し続ける限り
姿を消すことは無いでしょう。
このバスも通常であるならば
テールにあるエンブレム等がなければ
何なのかサッパリなところでした。
今まで見てきたRMとは違い
観光旅客輸送に使われていたとあってか
テールランプが2代目スカイラインのものに
似ていて、なかなかの1台でした。

コメント:管理人
【2008/05/09 18:00】 | バス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
山梨を行く(5)
ダットサントラック

日産自動車
ダットサントラック1200(320)

山梨県東部にて
2006年6月撮影

目の真ん丸なダットサントラックを撮影しました。
コンテッサと同じく塗装がはがれているだけで
この個体も綺麗な復活を遂げられそうです。
山梨はこのような古い車でも
しっかり立っているものも多いです。

コメント:鈴木B360
【2008/05/08 18:07】 | トラック | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
08GW・伊那谷探索(1)
K360

東洋工業
マツダK360

長野県中央構造線沿線にて
2008年5月撮影

『草ヒロ第二王国宣言!山梨を行く』が連載中ではありますが
探検隊は山梨をすっ飛ばし、王国長野へと探索に行ってまいりました。
当初3月に予定していた探索が流れ、果樹園の木々は一面緑に覆われ
果樹園地帯での探索は困難を極めましたが
2日間伊那谷をグルグル500kmほど巡ってきました。

写真のK360は中央構造線に程近い山村で発見しました。
赤い車体が郵便車を思わせましたが違うようでした。
今回の探索では年代を問わず、商用車の草ヒロを
多く目にしましたが、三輪はこの1台のみでした。

コメント:管理人
【2008/05/07 18:06】 | 三輪 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
山梨を行く(4)
ファミリアトラック
ファミリアトラック

東洋工業
マツダ ファミリア
1000トラック(BPA55)

甲府盆地にて
2006年6月撮影

昭和40年代初期のファミリアトラックが
果樹園の中に潜んでいました。
愛嬌ある顔がこちらを不思議そうに見ていました。
よく見ると屋根が少し潰れており
ガラスが浮いた状態になっています。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/06 19:00】 | トラック | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
山梨を行く(3)
ハイエースコミューター

トヨタ自動車
ハイエースコミュータ1600
デラックス(RH16B-D)

甲府盆地にて
2006年6月撮影

2ナンバー登録の15人乗りコミューターの撮影が
道端だったのでアップで撮る事ができました。
今の車とは違い普通の扉なので送迎などでは
ちょっと不便な感じがします。
しかしこのように倉庫だと気になりません。

コメント:鈴木B360&管理人
【2008/05/05 18:00】 | マイクロバス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お知らせ
飯田線

草ヒロ探検隊、2月に山梨に行った以来
探索に出かけられずにいましたが
本日、GWのラスト2日を利用して
写真の地域へと探索に行ってきます。

その間、更新は行いますが、管理ができず
アダルト広告等が放置状態となる恐れがあるため
記事へのコメントは承認待ち状態とさせていただきます。

また、皆様からお寄せいただいたコメントへの返信は
鈴木B360との時間が、探索出発まで持てなかったため
もうしばらくお待ちください。
今週末頃にはお返ししたいと思っております。

コメント:管理人
【2008/05/05 00:54】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨を行く(2)
コンテッサ1300

日野自動車工業
コンテッサ1300デラックス

甲府盆地にて
2006年6月撮影

整備工場の脇とは言え
このような珍しい車に会えるとは思いませんでした。
塗装が剥げているだけで再生は可能だと思われるます。
残念だったのは草木が生えているため
特徴的なリアエンジンのグリルが
拝めなかったことであります。

コメント:鈴木B360
【2008/05/04 19:00】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
草ヒロ第二王国宣言!山梨を行く(1)
isuzu
いすゞTX

いすゞ自動車
いすゞ TX

山梨県富士五湖地域にて
2006年7月撮影

湖畔の資材置き場の隅に
屋根付き保管されていたのは
1960年頃のいすゞTXでしょうか。
バンパーも左側が千切れていたりと
現役時代は良く働いたことが覗えます。
この場所に来るまでは野ざらしだったのか
雨が当る部分のみ塗装が剥げています。

コメント:管理人
【2008/05/03 18:00】 | トラック | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ