FC2ブログ

管理人・趣味の鉄道車両(2)

デハ1052

京浜急行1000形(デハ1052)
栃木県真岡市並木町にて
2007年10月8日撮影

京浜急行1000形は昭和33年製造の試作車を皮切りに昭和53年まで
20年にわたりマイナーチェンジを繰り返しながら356両が製造されました。
鉄道趣味的な部分を書き連ねればキリがないためバッサリと割愛しますが
ひと言で表せば、なんでもこなせる万能車として君臨した名車であります。

昭和40年代後半~生まれの約100両が、今なお現役であるものの
陳腐化は否めず新車投入ごとに、その数を減らしており
地方に譲渡され第二の人生を歩んでいる車両以外は
近い将来その活躍に終止符を打つ運命にあります。

写真のデハ1052号車は、昭和36年に東急車輛で製造され
昭和61年に冷房改造を受けることなく1000形で初の廃車となった車両で
廃車後は真岡市へ運ばれ鉄道グッズ販売の店舗として活用されるも、
店舗が移転したため現在はテナントの付属品となってしまっています。

管理人にとっては、生まれてから今までお世話になり続けている車両で
人生を共に歩んできたと言っても過言ではありません!!

コメント:管理人

シビック特集(6)



07101202.jpg

ホンダ シビックバン
1300デラックス(初代)

長野県東筑摩郡某所にて
2006年11月撮影

シビック特集ラストを飾るのはバンモデルになります。
探検隊も数多くのシビックを見ましたが、初代シビックバンは
あまりにも少なく、年式的なレア度は高くはありませんが
稀少性のある個体だと思います。
この個体は、花に囲まれワラを背負い、自然に包まれており
いつまでも残っていて欲しいものです。

コメント:鈴木B360

明日更新より、『栃木旅行編』と題し
10月7日8日と栃木県をメインに旅行をしてきた折に発見した草ヒロの戦果を掲載します。

シビック特集(5)

07101101.jpg
07101102.jpg

ホンダ シビック4ドア
1500GF(初代)

長野県中野飯山地域某所にて
2006年9月撮影

シビック特集1日目と同じモデルの果樹園仕様(探検隊勝手に命名)で
かなりボディーがくたびれた個体を載せました。
よくよく見ると、顔つきが当時のアコードにも似て
鈴木B360は愛嬌があると思います、いかがでしょうか。

コメント:鈴木B360

シビック特集(4)



07101002.jpg

ホンダ シビック3ドア
1500GF(初代後期)

山梨県甲府盆地東部某所にて
2007年2月撮影

昭和53年にマイナーチェンジされたモデルで
この個体も辛うじて残っているオーバーライダーでわかるように1500ccモデルです。
さらに、エンブレムに「ホンダマチック」とあるように、AT車であることがわかります。

コメント:鈴木B360

シビック特集(3)



07100902.jpg

ホンダ シビック3ドア
1500 CE(2代目)

山梨県フルーツ線某所にて
2007年2月撮影

通称「スーパーシビック」と呼ばれたモデルは昭和54年に登場。
初代は爆発的ヒットを飛ばしたが、マツダファミリア等に押され
シビックの中では玉数が少ないモデルです。
草ヒロにおいても同様で、お目にはあまりかかれません。
この個体は、当時流行った後着けドアミラーを装着しています。

コメント:鈴木B360

シビック特集(2)

07100801.jpg
シビック3ドア1500 25X
長野県北筑摩郡にて
2006年11月撮影

07100802.jpg
シビック3ドア1300 23L
群馬県妙義地域某所にて
2006年9月撮影

07100803.jpg
07100804.jpg
シビックシャトル1500 55X
長野県伊那谷某所にて
2006年9月撮影

07100805.jpg
バラード4ドアセダン1500CR-L
山梨県身延地域にて
2007年7月撮影

通称「ワンダーシビック」と呼ばれた3代目シビック。
昭和58年から登場したモデルです。
このモデルには4ドアセダン、ステーションワゴンの
「シャトル」といったラインナップがあり、
4代目まで続くのであります。
今回、探検隊は3ドアとシャトル、
残念なことにシビックとしてのセダンは未発見ながら、
兄弟車のバラードを撮影しました。

コメント:鈴木B360

お知らせ(10月7日)



探検隊、出力30%で北関東へと旅立ちます。
火曜日までコメント等への対応ができませんのでご了承ください。
ブログの更新は自動で毎日0時に行います。
探検隊+1名での旅行のため、戦果はあまり期待できません。
しかし、月一探索を目標に掲げていますので、気を抜くことなく頑張ってきます。

写真は昨年夏、管理人が鈴木B360を伴わず
ホンダコレクションホールを訪れた際に撮影したシビック RS。
今回は鈴木B360共に、このホンダの聖地を訪れる予定であります。

シビック特集(1)

本田技研工業の看板車として名高い
ベストヒットロングセラーカー「シビック」を特集いたします。
草ヒロ界の分布としては、やや勢力の小さいホンダのリッターカーを
なんとか掻き集めたいと思いで、今回まずシビックを登場させました。


07100701.jpg
07100702.jpg

ホンダ シビック4ドア
1500CVCC GF(初代)

山梨県甲府盆地東部某所にて
2006年4月撮影

今回撮影した個体は、路上駐車からそのまま草ヒロ個体になったような1台です。
グリルにも書かれている通り、アメリカ市場を狙うべく開発された「CVCC」という
当時の環境基準に適合するエンジンを搭載した初代シビック登場1年後の追加モデルです。

コメント:鈴木B360

8月長野探訪(19)

デリカ

07100602.jpg

三菱 デリカ75ライトバン
長野県上田地域某所にて
2007年8月22日再訪問・撮影

R2に続き、またもや奇妙な個体に巡りあいました。
何層にも塗られたボディーに所々大きなサビが浮き
フロントガラスは辛うじて引っかかた状態でした。
もしかしたら何らかのコマーシャルカラーだったのでしょうか?

コメント:鈴木B360

長野探訪編は本日更新分で終了。
明日からはホンダの名車特集を行います。

8月長野探訪(18)



07100503.jpg

スバル R2 360SS
長野県上田地域某所にて
2007年8月22日再訪問・撮影

ほとんどのパーツが見るも無残に取り外され
さらにはエンジンフードまでもが無く、
ただしかし奇妙なのは、エンジンに残されたホイールキャップ2枚、
フロントスポイラーチックな泥よけにガラスは無傷。
これは何を意味しているのか?

コメント:鈴木B360

8月長野探訪(17)

キャブスター1500

日産 ダットサンキャブスター
1500パネルバン(A321型)

長野県上田地域某所にて
2007年8月22日撮影

キャブスターも長らく探検隊をしていると、
結構見かけるようになりました。
このキャブスターは、横の倉庫のトタンから流れる
サビにボディーはやられているものの、
メッキが輝きを失っておらず、バン1台にしても
しっかり造られていたメーカーの技量が今日に残っている、そんな個体でした。

コメント:鈴木B360

8月長野探訪(16)



07100404.jpg

プリンス ホーマールートバン(V640型)
長野県上田地域某所にて
2007年8月22日撮影

とても珍しいホーマーバンです。
長野ではホーミーを含めれば数台は確認しています。
見事に竹やぶに突っ込み、お顔が痛そうです。
小窓しか無く中は窺い知る事ができないくらい
鉄板で覆い尽くされて、今で言う現金輸送車みたいな
仕様になっていました。

コメント:鈴木B360

8月長野探訪(15)



07100402.jpg

スバル サンバートラック
長野県上田地域某所にて
2007年8月22日撮影

すごい道端に2代目サンバー。
はっきり言って驚きです!
このてのサンバーは遠くにあって撮りにいくのに
困難を喫すのが通例でありますが、ひょいと車中から
撮影するのは珍しいケースでした。
でも、草ヒロの神は最後まで微笑まない。
お顔が半分以上ドラム缶に埋め尽くされていました。

コメント:鈴木B360

8月長野探訪(14)



07100304.jpg

ホンダ ライフ4ドア
360スーパーデラックス

長野県佐久地域某所にて
2007年8月22日撮影

単体で畑で出会うのは珍しいライフです。
常に集合体におり、紛れて撮影される率が多い車ですが
このように、じっくりと見ると愛嬌が有り
キュートなボディーをしています。
管理人がひと言「シート薄いっすねぇ」
この頃は、この薄いシートでも上級グレードの証しであったのでしょう。

コメント:鈴木B360

8月長野探訪(13)



07100302.jpg

日野RB10(1965年導入)
元所有:西武バス(5A-2309)
ボディーメーカー:帝国自動車工業
長野県佐久地域にて
2007年8月22日撮影

探検隊の2人はバスへの造詣が深くなく、
ボディーにエンブレム等が無ければ
一部車種をのぞいて、ほぼ鑑定不能な困ったちゃん達です。
この個体に関しても、鈴木B360所蔵の
「廃車幻想」によって判明した次第です。
この個体は数多くの池がある台地で発見したもので
首都圏がメインの西武のバスが、
しかも路線バス車両がこの地域にあるのに驚きました。

コメント:管理人

8月長野探訪(12)



スバル ff-1
1300Gスポーツセダン

山梨県某所にて
2007年8月22日撮影

前身であるスバル1000が1966年に登場し、
1969年ff-1へモデルチェンジを経て1972年まで生産が行われた。
1971年に後継モデルのレオーネが登場したこともあり
販売は1971年がピークで1972~73年では1200台余りに留まっている。
探索では下回りにサビが浮き出ているものの
状態の結構良さそうなスバルff-1を発見しました。
探検隊として始動する前にff-1には数台出会っており
久しぶりにお会いした感がありました。
目がクリっとしており、かわいい奴です。

コメント:鈴木B360&管理人

3000アクセス突破記念(20)



07100202.jpg

トヨタ ライトバス(後期型)
ボディーメーカー:荒川車体
長野県中央高速道路沿いにて
2006年11月撮影

もはや何の用途で置いてあるかわかりませんが
ほとんどの危ないと思われるパーツが無くなった状態でオブジェと化し、
高速道路を行き交う車を見続けている個体です。
我々も、ここを通るたびにこのオブジェを見ては癒されております。
この近辺にはこの他にもコースターがあり、
この個体同様、トマトジュースで有名なメーカーの送迎車だったようです。

コメント:鈴木B360&管理人

続きを読む

3000アクセス突破記念(19)



07100102.jpg

日産 エコー(GC141型)
長野県諏訪地域某所にて
2006年11月撮影

この古さのエコーを見つけられて感激です。
サビがでているものの欠損箇所が少ない個体です。
レア度としてはそれなりに高い評価をもらえそうな1台です。
有名な遺跡の近くにあるので、見つけた方は多いはず。
ライト周りの輪郭がしっかりしていて目のように見え
グリルの形も相まって、愛嬌のある顔をしています。
この個体の前進キャブオールエコーは1960年に生産が開始され、
この形のエコーとなったのは1963年になります。
以後1966年まで生産され、おなじみの2代目エコーにモデルチェンジをします。

コメント:鈴木B360&管理人

3000アクセス突破記念マイクロバス特集は明日の更新でラスト!!
これというオチは付きませんのでので、あしからず!

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数