10年目の山梨(15)

17020402.jpg

鈴木自動車工業
エブリイ
(DA51V)
年式:平成2年MC~3年FMC
山梨県にて
2016年12月撮影

写真奥の幹線道路を走っていて一度は華麗に?スルーをぶっこいたエブリイさま。
走り抜けた先で別に草ヒロと出くわしてウロチョロしているうちに細い農道をノロノロ走り抜けてくると、エブリイの真正面を通りました。
目の前にしてまだ管理人はカメラを向けることを躊躇いましたが、助手席の窓を開ければ直ぐのところ、鈴木B360に促されて「さちゅえい」をしました。
この後、ご新規さんにも恵まれましたので、縁を結んでくれたのかなと、ゴニョゴニョ・・・。

コメント:管理人
【2017/02/04 18:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
10年目の山梨(14)


富士重工業
サンバートラック660 4WD標準ルーフ三方開 JA仕様
(V-KS4)
山梨県にて
2012年2月撮影

農協専売車の営農・・・もといJAサンバーを山の上で見つけました。
550ccからの規格改正で登場し、660ccの第一世代を駆け抜けたモデルです。
スバルのHPによると、平成2年3月の発売から9年で92万台余りが生産され、
歴代サンバーの中でも最高を誇ります。
現在の探検隊主力のサンバートライですら8年で83万台なので、
草ヒロ化の波に今までの時代のように乗ったら、
数年先からは次期主力となってしまうことでしょう。

などと、2012年にコメントをして、それから数年が経ちましたが・・・

17020302.jpg

2016年12月撮影

この世代のサンバーが主力となることはありませんでした。
自動車リサイクル法にのっとり粛々と処理され、一部に果樹園仕様車として改造されて第二の人生を送るものがありますが、物置フィーバーには至っていません。
それでも自動車リサイクル法を潜り抜けて草ヒロになる車が少数ながら居るのが面白いところです。

コメント;管理人
【2017/02/03 06:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨ニモマケズ、草ニモマケズ、草ヒロ探検隊旅行記(1)
レックス
レックス
レックス

富士重工業
レックス4WD フェリアai-3(E-KH4)

年式:平成2年MC~平成4年3月(3代目後期型)
長野県長野地域にて
2015年6月撮影

レックスにしよう。
販売当時のCMキャッチコピーみたいに積極的になれない草ヒロ的に地味な1台ながら、「660を撮るなんて!」と袖にして最初から草ヒロの縁を切ってしまうのはいけません。
験担きの意味合い強く撮影してきたレックスですが、660cc黎明期のモデルであり現役車も見かける機会が少なくなってきている1台です。
こちらの個体は、レックスがヴィヴィオにバトンタッチをする直前の平成3年7月に発売された特別仕様車になります。
車検ステッカーが平成14年7月と確認できますので、発売と同時に購入されて現役期間が11年、草ヒロになり13年と隠居生活の方が長くなってきています。

コメント:管理人
【2015/06/24 18:16】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
探検隊周辺の草ヒロ(7)
本日分の目標としていた自宅大掃除を終え、まだ外が明るかったのでコンデジを持って、

デリカ
デリカ

まずは、近所に唯一(と推定される)ナナマルのデリカを眺めたあとは城跡の丘へと上がっていき、
丘城跡から稜線づたいに進んで行って近所で一番標高の高い(85メートル)に着くと、

浦賀から望む東京湾越しのスカイツリー

大気が澄んでいるのか東京スカイツリーがはっきりと望めました。
日が傾きかけ暗くなった雑木林を自宅の方へと下りて行くと、
意外なところで草ヒロと言える状態の廃車体に出くわしました。

ミニキャブトラック

高圧鉄塔の管理路を兼ねているためか、
雑木林の中を軽自動車が通れるくらいの幅に木々が疎らになっているだけの山道は、
高圧鉄塔の足元を最後に完全に人道サイズになり傾斜もキツく下り始めましたが、
百メートルほど進んだところの畑のある開けたところに軽トラックの後姿を見つけてしまいました。
歩いてきた道の状態と軽トラックがあるという状況のミスマッチ感から少し期待をしましたが・・・

ミニキャブトラック
ミニキャブトラック

三菱自動車工業
ミニキャブトラック4WD(U42T)

神奈川県横須賀市にて
2013年12月24日撮影

その期待を完全に笑いものにしたような、
660になったミニキャブでも角目にMCされた平成6年からのモデルでした。
よく見てみればナンバーが取れて日が浅いのがバンパーから伺えるもので、
車通りが無くなって道が廃れたのか、道が埋まり出られなくなったのか、
どちらか分かりませんが、今となっては脱出不可能となった個体(660ですが!!)を見つけました。

コメント:管理人
【2013/12/24 18:17】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
風の強い日に

DSC01328.jpg
DSC01325.jpg

ダイハツ工業
ハイゼットクライマー4WD(S83P)

神奈川県横須賀市の海岸にて
2013年9月16日

ハイゼットの漁港専用車を、傍ら三毛猫撮影のついでに撮ってきました。
訪問した日は砂浜に綺麗な風紋ができるくらいに強い風が吹き漁船は出ず、
ハイゼットは三毛と同じようにおやすみモードになっていました。
半島の漁港を巡れば各所でナンバーの無い軽トラ・バンを見ることができしたが、
潮風で朽ちると早々と更新されてしまい、ほとんどパネルしか残っていません。
荷台は朽ち落ちないようにコンパネ敷きの改造を受け、
砂浜にもってこいの4WDで使い勝手は良さそうですが、足回りに結構サビがキていて、
趣味的に油断をするとすぐに先輩方の後を追っていそうなので、
即撮影・即紹介の早い仕事になりました。

コメント:管理人

DSC01314.jpg

660だけでは何なので、すぐ近くのTN-5の写真も付けておきます。
1年ぶりに去りゆく夏を惜しんで食事のついでに見てきました。
【2013/09/26 23:16】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨探索2011~2012(12)
今日から山梨シリーズは鈴木自動車工業に突入します。
まずは、サブロクから550と満遍なくキャリイを拝んだ探索のシメの1台からスタートです。

キャリイ

スズキ
キャリイ3方開農繁キャリイ4WD(M-DB51T)

山梨県甲府盆地にて
2011年11月撮影

1日のシメに660cc最初期のキャリイ。『最』と書いても、う~んと唸ってしまうような年式です。
エンジンこそ660ccになって完全対応していますが、
ボデーは未対応でバンパーを不自然に延長して寸法を合わせてるお茶目なところと、
そして過渡期のイロモノ的なモデルですから何とか出す気になれます。
同型車に2~3年くらい前まで親戚が乗っていて、
ドアに660とデカールがあるのが、泣かせるねえと思う1台でした。

コメント:管理人
【2013/07/22 21:33】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
秋の三連休は山梨にいました。(6)
JAサンバー

富士重工業
サンバートラック660 4WD標準ルーフ三方開 JA仕様(V-KS4)

山梨県東部富士五湖地域にて
2012年10月撮影

先ほど紹介したタウンエースと同じ現象が
その数百メートル先でまたも起きました。
K-77サンバーの目と鼻の先に、
平成の660サンバーを突然に見つけました。
こちらも平成21年6月をもって公道引退を果たしているのですが、
「居たのかもしれないけれど、目に入らなかった?」と誤魔化しつつ、
折角停まったのだからと撮影に臨みました。
コスモスはまだ開花したばかりで、
年式といい花の具合といい惜しいという1台でした。

コメント:管理人
【2012/11/28 18:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
真夏の山梨より2012(6)
サンバー
サンバー
サンバー

富士重工業
サンバー標準ルーフSDX(V-KV3)

山梨県身延町にて
2012年7月撮影

記事作成が詰まるのに、
なんの弾みで草ヒロ化したのよ~!という、
どっぷり平成の660の個体があります。
え~、記事作成で日を跨いでしまいました。

サンバーさんは、平成4年MC以降のモデルで、
10年ちょいという短すぎず長すぎない現役を終えて畑に置かれています。
同じ畑の中には、身延町のスローガン塔も建てられ、
寛容なオーナーあっての塔とサンバーなのかねぇと、ふと感じてしまいました。
富士五湖からクネクネの山道を落ちてくること30分の滞在だった身延町。
数々の名車を有する町ですが、今回の探検隊はその魅力を引き出せず、
甲府盆地への道をのらりくらりと進んでいきます。

コメント:管理人
【2012/11/11 00:31】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
週末は山梨にいました。2012年2月~Part1(6)
ミニキャブブラボー660
ミニキャブブラボー660

三菱自動車工業
ミニキャブブラボー4WD AXスーパーエアロルーフ(M-U19V)

山梨県甲府盆地にて
2012年2月撮影

昨日あっさりとブラボーを紹介し、懲りずに今日もブラボーです。
このモデルのブラボーには550と660の2タイプが存在し、
660ではバンパーが大きくなり、360から500・550の時と同じ対応です。
で、こちらの個体は肝心のバンパーが無いので他の方法で見ると、
デカールの違いもありますが、4WDでハッキリとした違いがあり、
550がパートタイムであったのが660ではフルタイムとなり、
この個体は後者なので660モデルになります。

コメント:管理人
【2012/10/30 15:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
きまぐれ伊那谷放浪記(22)
スクラム
スクラム
平成23年

マツダ
オートザム・スクラム4WD

長野県伊那谷南部にて
2011年12月撮影

業界どこを見渡しても前年比アップという言葉を聞くことは少ないというのに、
ここのストリートでは平成23年に1台新たな仲間を迎え勢力的には微増しました。
内容にしても、平成2年3月から3年10月までの短期モデルのスクラムで、
660ccでチョイとゲンナリしつつも、まぁまぁ珍しい個体でした。
というか、見ようと思って見れるようなクルマではありません!

伊那谷南部のストリート紹介のシメにしては地味な平成車ですが、
このご時世に純粋に勢力拡大とは嬉しい限りです。

コメント:管理人
【2012/08/25 15:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
春到来の長野より~2011(61)
果樹園仕様ズ

左から
マツダ
オートザムスクラムトラック660
本田技研工業
TNアクティ550三方開(M-TA)
三菱自動車工業
ミニキャブトラック660 4WD三方開(V-U42T)

長野県長野地域にて
2011年4月

果樹園仕様3台の壮観な並び。
アクティがハチマルなだけで、あとの2台は660ccのキュウマルで、
アクティの物持ちの良さが感じられる並びになっています。

スクラムは、スズキキャリイのOEMとなって2代目のモデルですが、
ポーター~マツダB360と本家本流は昭和30年代まで歴史を遡れます。

アクティは初代ですが、TN-7~5~3~TN360~T360と歴史を有す老舗の
2代目?若旦那といえる頃のモデルです。

ミニキャブは6代目で、初代の登場こそ昭和41年でしたが、
三菱360を含めると昭和30年代からの由緒ある家柄となっています。

と、3台を訳わからなく紹介しましたが、
ハチマルやキュウマルやOEMだろうと、
各メーカーの歴史の1ページには変わりないので、
大切に記録をしていきたいなと、気持ちを新たにした3台でした。

コメント:管理人
【2012/06/26 23:25】 | 660 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
恒例の塩尻探索プラス2012(3)
オプティ
オプティ

ダイハツ工業
オプティ660Cx5ドア(E-L300S)

長野県松本盆地にて
2012年3月撮影

オプティは平成4年1月にリーザの後継として登場しました。
宮沢りえのCMで有名です。
この個体の5ドアは、平成5年8月に追加されました。
広い畑のマスコット的存在として、末永い活躍を祈りたいです。
それにしても、右フェンダー周りは変態的な綺麗さで、
青空は反射するはタイヤはバリ山で、
「どうかしてるぜ!」といったところでしょうか。

L系なので辿るとフェローまで遡れダイハツの軽の正統なのですが、
トールワゴン全盛時代に居場所はなく絶版となってしまいました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2012/05/04 15:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お正月の山梨より2012(1)
サンバーディアス

富士重工業
サンバーディアス660 4WDサンサンルーフ(V-KV4)

静岡県御殿場市にて
2012年1月撮影

昨日の予告とおり、絡まって660のサンバーディアスの登場です。
いつもならば国道をひた走って静岡県脱出を急ぐところを、
脇道に逸れてみたら直ぐの所に早速草ヒロがいました。
新年の探索の一台目から見つけた天然個体を蹴っ飛ばして
2012年を通じて縁起が悪くなると大変困るので、
縁起物と納得して撮影をしました。
草ヒロ探検隊の2012年はこの660ccからスタートしました。

しかしながら、この日探索では縁起モノの効果が早速出始めたので、
撮って悔いなし、なので、紹介して初めて縁起モノと開き直ってみます。

コメント:管理人
【2012/02/14 15:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
週末は山梨にいました。2012年2月~PartⅡ(2)
JAサンバー
JAサンバー

富士重工業
サンバートラック660 4WD標準ルーフ三方開 JA仕様(V-KS4)

山梨県甲府盆地にて
2012年2月撮影

農協専売車の営農・・・もといJAサンバーを山の上で見つけました。
550ccからの規格改正で登場し、660ccの第一世代を駆け抜けたモデルです。
スバルのHPによると、平成2年3月の発売から9年で92万台余りが生産され、
歴代サンバーの中でも最高を誇ります。
現在の探検隊主力のサンバートライですら8年で83万台なので、
草ヒロ化の波に今までの時代のように乗ったら、
数年先からは次期主力となってしまうことでしょう。

『週末は山梨にいました。2012年2月~PartⅡ』は
鈴木B360の居ない探索ゆえにゆる~い展開に終始し、
ご新規さんでは失笑を誘うかのような個体が続きます。
PartⅡがあると言うことはPartⅠも当然あるのですが、
明日は今日の個体と絡めて『お正月の山梨より2012』をお送りします。

コメント:管理人
【2012/02/13 22:36】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
週末は山梨にいました。2012年2月~PartⅡ(1)
管理人の本日予定はブログの作業を行うはずだったのですが、
朝5時に目を覚まして、山梨に逃げてしまいました。
コメントの返信の滞りなど解消する絶好の休みでしたが、
逃げてしまいました。
明後日の勤務明けには善処する所存でございます。

ハイゼット

ダイハツ工業
ハイゼット保冷車(S100系)
1台目

ハイゼット
ハイゼット

ダイハツ工業
ハイゼット保冷車(S100系)
2台目
山梨県甲府盆地にて
2012年2月11日撮影

甲府盆地に10時前に着き、昼食前の腹ごなしにとプチ探索をすると、
交差点を挟んで50メートルの距離に一挙2台のハイゼットが迎えてくれました。
1台目は平成20年頃に置かれた個体で、タイヤの空気が抜けている以外はお綺麗でした。
2台目はというと車検が平成24年3月までと期限内に置かれてしまったホヤホヤの新参者ですが、
現役時代の差からヘコミや傷が生々しいです。
デカールから2台共に同じ業者のものだったようですが、
4年の差はあったものの近所に置かれたのは、
業者が配って歩いたのか?はたまた、腕利きの斡旋者が居たのか?
何にしても変な巡り合わせを感じずにはいられませんでした。

コメント:管理人
【2012/02/11 22:24】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
山梨日帰り探索2011夏(2)
エブリイ
エブリイ

鈴木自動車工業
エブリイ4WD660ジョイポップ(M-DA41V)

山梨県東部富士五湖地域にて
2011年8月撮影

トヨタさんのマークの付いている660になったばかりの
エブリイの洒落たグレードが倉庫になっちゃいました。
この付近の道を整備したのか、とてもきれいに区画されており、
その記念に植樹とともに置かれたものだと思われます。
山梨はまだ草ヒロを植える気が存分に有ることをヒシヒシと感じさせてくれます。

コメント:鈴木B360&管理人
【2011/09/15 15:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
伊那どんぶり街道1泊2日の旅から(2)
エブリイ

鈴木自動車工業
エブリイ4WD660ライトバン(DA41V)

長野県伊那谷南部にて
2011年6月撮影

コヨーテが高いところで泣き叫ぶかのよに、
猛々しく空を仰ぎ見ていたのは、
平成2年から1年ほど造られた660バージョンのエブリイでした。
余りに簡素すぎてキャリイに見え、見た目通りキャリイでもいいかと思いましたが、エブリイでした。

コメント:鈴木B360&管理人
【2011/09/14 23:16】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
半島にて11夏(7)補習編
ワゴンR
ワゴンR
サンバー

スズキ
ワゴンR660RX(E-CT21S)

千葉県夷隅・安房地域にて
2011年6月撮影

千葉はやってくれました。
なので探検隊もやります。
出さないと言っていたものを反故にしてまで・・・。

以前、山梨で2代目サンバーがこんな置き方をされていたのを、
新世代草ヒロをして見事に彷彿とさせてくれたのは、
軽ナンバーワンのワゴンRでした。
平成5年に登場したモデルで、
当たり前ですがブログ初登場であります。

コメント:鈴木B360&管理人

2代目サンバーの写真はあくまでもイメージでのご紹介です。
【2011/08/19 23:51】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
週末は山梨にいました2011(20)
ハイゼット

ダイハツ工業
ハイゼットトラック660ツインカム12V天晴

山梨県甲府盆地にて
2011年2月撮影

かつてこの傍には探検隊の癒しのバイオレットバンが草ヒロしていたのですが、
いつの間にか姿を消してしまい、長い間その喪失に悲しんでいたのですが、
それを笑いで吹き飛ばすかのようなご新規様が登場しました。
平成8年頃の660ハイゼットです。
これといい、ルシーダといい、カローラといい、
草ヒロの世界はまだ終わってはいません。
まさにアッパレ。

コメント:鈴木B360&管理人
【2011/05/06 21:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
雪の長野探索~前編(17)
ハイゼット
ハイゼット

ダイハツ工業
ハイゼットバン4WDハイルーフ660スーパーデラックス(S83V)

長野県諏訪地域にて
2011年1月撮影

観光道路沿いで平成3年頃の660ハイゼットを
めでたく成人を迎えた縁起物と
納得させて撮影しました。
しかも、管理人は車内からではなく、
車からわざわざ降りて寒い中撮影してきました。

これを撮影してピンで紹介出来れば、
もう何も怖いものはありません。

コメント:鈴木B360&管理人
【2011/02/15 20:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
師走の山梨より(13)
ミラ660

ダイハツ工業
ダイハツミラ3ドアセダン660Pit

山梨県甲府盆地にて
2010年12月撮影

鈴木B360中学生時代の通学路にあったダイハツのお店には、
この型のミラがいっぱい並んでいて
毎日見せられていたため、特段興味は無いものの
特別仕様車の隅々まで覚えさせられた記憶が
この果樹園ミラで蘇りました。
青春時代のクルマが草ヒロしているなら、
660でもアリかなと思った1台でした。

コメント:鈴木B360&管理人
【2011/01/02 21:54】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
師走の山梨より(9)
サンバー

富士重工業
スバルサンバートラック660


ミニキャブ

三菱自動車工業
三菱ミニキャブバン660

山梨県甲府盆地にて
2010年12月撮影

探検隊お決まりの午後の中弛みにて、
験担ぎと未来への先行投資として
2台の660初期規格車を捉えました。
発見時のコメントは「サンバ~↑」「ミニキャブ~↑」と
語尾を上げて延ば~すのが精一杯で、
テンションは下がるは軽い眠気をもよおすなど、
中弛みを大いに満喫させられました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2010/12/26 21:00】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松本盆地縦走探索(28)
アルト660
10041202_AL.jpg

鈴木自動車工業
アルト3ドアセダン660Ce-X

長野県松本盆地南部にて
2010年2月撮影

遂にアルトの660を初掲載してしまいました。
鉄塔の下の畑にこのまだガンメタの色艶がはっきり残る
アルトがちょこんと置かれていました。
一人前に車内は荷物でいっぱいになり、
660でも立派に畑の草ヒロをしていることを
アピールしていたので、撮影し掲載しました。

コメント:鈴木B360&管理人
【2010/04/12 17:25】 | 660 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |