FC2ブログ

2018年末慰安旅行より(7)



2015年9月撮影

19032102.jpg

2018年12月撮影

劇的~。
なんということでしょう。
えー、ノーコメントで。

コメント:管理人

春の箱祭り探索in長野(2)



2015年5月撮影

道行く車を眺めていたコニーが、

19031502.jpg

2019年3月撮影

サヨナラしていました。
ここにもソーラーが。
山奥に、荒れ地に、耕作放棄地に、メガと付くものから、猫の額みたいな屋根にもソーラー、ソーラー。
平成の終わりの頃、日本の風景が変わりました。
どんな風にって、それは何十年後かの教科書でも見てみませんと。
大げさな未来を描いたようなSFチックなまでに滑稽な風景にと管理人は思います。


19031503.jpg

在りし日のコニー。

春の箱祭り探索in長野(1)

19031203.jpg

一晩寝て疲れをリセットして、ホテルを出発したのが午前8時過ぎ。
ホテルの駐車場から撮影した写真の右奥のほうに写りこんでいた山の中腹の東屋にでも行って、景色を眺めようなんて話していたのも束の間、集落内で鈴木B360が納屋に何かを見つけてUターン。
曰く「ダイハツCM8が居た!」とのことでしたが、戻ってみると見間違いでした。
朝から草ヒロセンサーの感度が高すぎます。
車の進行方向を変えるべく、手近にあった路地へと車を入り込ませて回そうとしていると、今度は家の隙間に謎の物体を発見。

スズライトバン

通り過ぎざまに、今度は管理人が「フェローバンが居た!」と声を発しましたが、ずぐに鈴木B360が言葉を継ぎます。

スズライトバン

鈴木自動車工業
スズライトバン360デラックス
(FE)
年式:昭和40年MC~44年(ドアノブの形状から末期の個体)
長野県にて
2019年3月撮影

「スズライトFEバンだ」と。
でも、顔がごっそりとありません(涙)
バンはお尻(リア)が命と言っても、やっぱり顔はしっかりと見たいのが人情。
ほいほいと見ることがないスズライトバンとなれば、思わず呻きが・・・。

スズライトバン

本当に顔が無いのか?試すだけムダですが回りこんでみても、やっぱりありません。
このアングルだと、どちら様でしょうか?となってしまいます。
でも、こんな姿の1台、探検隊はかつて出会ったことがありました。

スズライトバン

もう1台のスズライトバン
長野県にて
2007年8月撮影

2台の距離は10キロと離れていないという妙な縁もあり、エンジンのあるボンネットだけがごっそり無いのには何か理由がありそうです。

16092201.jpg

顔を出さないままは終えられないので、こんな顔していますという1枚。
2007年撮影の個体は断言できませんが、今回2019年に撮影の個体は、この顔をしています。

三菱360

三菱重工業
三菱360バン
(LT23)
年式:昭和42年頃~44年
長野県にて
2019年3月撮影

朝イチバンの草ヒロが顔のないスズライトバン、夕暮れ時の締めくくりの草ヒロは、こちらの三菱360バン。
1日に2台目ですから驚きはしませんが、またまた顔がありません。
こんな姿になっていますが後期型です。
道路から横方向に見上げる場所にあり、デジカメの400mmの望遠で捉えた姿がこの写真なんですが、これを車だと見てしまう鈴木B360の草ヒロセンサーの感度、やっぱり高めでした。

コメント:管理人

善光寺平から北へ草ヒロ探訪300km(36)

サンバー

道の両側に家並みが続く1.5車線幅の集落道を進んでいて、家並みの外の様子が気になりしだし、道の選択を誤ったか!と思いだしたくらいに、家の切れ間の瞬間に何かと目が合いました。
管理人の助手席からの「何か居た!」コールは、確かに何かが居るのが6割くらい、残り4割は草ヒロに苛まれた目と脳の連携によるでっち上げ、でもでも少しは良い仕事をすることがあるのです。

サンバー
サンバー

富士重工業
スバル・サンバーライトバン

年式:昭和45年MC~46年MC
長野県にて
2017年11月撮影

賑やかな中に異質な白いボディは、写真で見れば目立ちますが、これはほぼ全体が見えるように角度を調節したベスポジからお送りしていて、実際の車窓からは角度が少々きつくなり、ほんの一瞬目が合うくらいでした。
雪を受け流す急角度の三角屋根を被っているおまけも、車らしさを弱くしていようかと思います。
よく見ると被っている三角屋根が落ち込んでいるのか、見える範囲のドアで開閉可能なのが無さそうで、中に入っている物品の様子からも動きが無いようです。
昨日紹介したアルトの近所での出会いでした。

コメント:管理人

2018年末慰安旅行より(2)

19020902.jpg

2009年5月

19080903.jpg

2013年2月

19020901.jpg

本田技研工業
N360
の跡地
長野県にて
2018年12月撮影

石の上にも何年いたのか分からないN360もついに。
どうしてこうなったのかわからない、目を引く1台だったのですが、今回通りかかったところ石の上から姿を消していました。
3枚目の最後だけ見たら、この石の上にがらんどうの車が載っていたなんて、誰が信じますかねぇ。

コメント:管理人

2018年末慰安旅行より(1)

ポーターキャブトラック

2009年当時、目にクマをつくったガチャピンが時を経て

ポーターキャブトラック

コワイヨ!
夕暮れ時や、夜にはお会いしたくないくらいに、愛らしい瞳が変わり果てた姿に。
数年前からすでに瞳は損なわれていましたが、怖さに磨きがかかっています。

ポーターキャブトラック

東洋工業
マツダ・ポーターキャブ
(KECA53)
年式:昭和45年MC~48年MC
長野県にて
2018年12月撮影

善光寺平から北へ草ヒロ探訪300km(34)

ミニカ73

落ち葉のじゅうたんの上に佇むサビまみれのサブロク。
奥のほうまで見渡せるようになった果樹園で、かつてはもう2~3台草ヒロが居たはずですが、見つけることはできませんでした。

ミニカ73

三菱自動車工業
ミニカ

長野県にて
2017年11月撮影

サビた脚立やポールが寄せ固められていて、ギュッっと固まり静かな廃車体のはずなのに、崩れ落ちようとしている様子に躍動感すら感じます。
ガラスがはまっているのが不思議なくらいに崩壊を極めています。

ミニカ73

2012年4月撮影

ほんの5年前までは、わりと原型を留めていました。
積もった雪が崩れ落ちるのに従って潰れてしまったのでしょうか。

コメント:管理人

赴くままに真夏を旅した1日から(3)

サンバー郵便車

自動販売機のかげにすっぽりと隠れてしまう、小さくかわいらしいサイズ。
近所にはスカイラインがジャッキアップされた状態、660が畑の乗りつけたままに草ヒロ化していたりと、草ヒロの雰囲気が多少ただようところでしたが、まさか2代目サンバーに出会えるとは。

サンバー郵便車

富士重工業
スバル・サンバーライトバン

年式:昭和45年MC~46年MC
神奈川県にて
2018年8月撮影

郵便車の赤い塗装は退色が進んでいてサーモンピンクのような淡い色合い。
それに対してサビは深く、容赦なくボディを引きちぎらんと、はっきりとした道筋でボディを走っています。
山梨や長野あたりの道路端ではなく、住んでいる神奈川県内で見つけたというのが嬉しいところ。
平成になっても10年、20年前なら、ごくごく普通に見かけた草ヒロも、探検隊のふたりでこの趣味を始めたころには、すでにその姿は大方が消えていた頃でした。
真夏の暑さにやられて、夢と現が曖昧になったのではなく、平成最後の夏、サンバーは確かに居ました。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(24)

スズライト・キャリイ

鈴木自動車工業
スズライトキャリイ360FB

年式:昭和36年登場~38年MC
長野県にて
2018年3月撮影

山奥の空き家に取り残された初代スズライトキャリイです。
あるところにはあるのだというにつけても、初代キャリイとは驚きの1台です。
今では車で行くことが・・・できる場所にあり、周辺には観光客が訪れるようなものもあるところで、忘れ去られたとか、取り残されたとかいう悲壮感のない、明るい感じの場所でした。

スズライト・キャリイ

フロントマスクから昭和38年にMCを受ける前の前期型とわかります。
立派なフロントグリルにボンネットを持つ車体ですが、エンジンは車内の座席シートを外した直下にあり、ボンネットの中は、ハテ?見たことが無いぞ?
というか、切れ目が見えないので、コの字型の一枚物の鉄板で、そもそも開くところが無い?
エンジンの収まっている場所については、同じくボンネットスタイルの次代L20キャリイにおいても同様でした。
ちなみにL20キャリイでは、ボンネットの部分は明らかに開くような造りです。

コメント:管理人

赴くままに真夏を旅した1日から(1)



神奈川県にて
2018年8月撮影

猛暑日に日陰に避難する1台と、し損ねた1台。
奥のほうは鬱蒼とした森となっていて、順当に古い車が続いて置かれていたら面白いかもしれません。
はっきりと姿を見せてしまう冬と違い、想像力を掻き立たせてくれます。

コメント:管理に

春から夏日和の長野にて2018(21)



こんな並びのホンダが居たかしら。
何回か通っている国道沿いで覚えのない2台でしたが、いい味出していたので止まって眺めてみました。

18072902.jpg

本田技研工業
ホンダN360

昭和45年MC~(NIII)
長野県にて2018年3月撮影

右半身と左半身のコンディションに大きな違いが出ています。
軒から半分だけはみ出た状態で置かれていたのでしょうか?

18072905.jpg

左側はステッカー類も色を残していて、点検ステッカーは昭和48年12月、三角窓には点火時期調整のステッカーもあります。
右側では判読できないまで劣化していたドアのペイントも残っていて、営業車だったようです。

18072903.jpg

本田技研工業
ホンダZ

年式:昭和45年登場~46年MC

N360の横にはまだまだいけそうなホンダZが居ました。
点検ステッカーは平成ひと桁と思しきものが残っていました。
新品を思わせるタイヤをはじめ、外観はいい線いっていますが、車内に目を転じると草臥れている感は否めません。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(20)


マツダB360
マツダB360
マツダB360
マツダB360
マツダB360

東洋工業
マツダB360ライトバンスタンダード

年式:昭和41年MC~44年ポーターへFMC
長野県にて
2018年3月(モジャモジャオバケ)と2012年3月撮影

元はそこそこのコンディションだったマツダB360も、6年ぶりに訪れてい見るとすっぽりと姿を隠していました。
畑だったであろう平地に苗木が植えられていた6年前。
今はその苗木も立派に成長しています。
植林か造園業者の樹々なのか判断しかねますが、自然に還ろうとしているのは確かな6年の変化でした。

コメント:管理人

モジャモジャオバケ



春だというのに目覚めることなく冬眠中。
6年前に訪れたときは、まだ人の手が入っていたようですっきりとしていましたが、埋もれるのはあっという間です。
ライトやグリルと手がかりの部分が辛うじて見えています。

コメント:管理人

ハイゼット~銀世界の長野より~2013如月Part2より



ファミリアトラックバンの背後には巨泉ハイゼット。
最近は再訪問をしてみようとしても、ここまで濃い並びをお目にかかる機会はほとんどありません。
軽トラが辛うじて入れる道なので、今もあれば良いのですが、はてさて足が遠のいています。

18072602.jpg
18072603.jpg

ダイハツ工業
ダイハツ・ハイゼットバン360

長野県にて
2013年2月撮影

後部ドアがちょいと落ちているほかは、とても綺麗なハイゼットです。
雪による美白の効果が若干はある!ほか、雪の下のルーフも若干へこんでいるのですが、これ以外に白状するところが無い美個体です。

コメント:管理人

梅雨明けの甲信地方にて(4)

18071001.jpg
18071002.jpg
18071003.jpg

鈴木自動車工業
スズライト・フロンテデラックス
(FEAII型)
年式:昭和41年10月一部変更~42年
2018年6月撮影

空き家に残されたスズライト・フロンテ、夏の姿です。
果樹園との境のギリギリに置いてあるので、隣の果樹園越しに眺めることができます。
耕作されているため、草に埋もれることなくしっかりと姿を見ることができます。
果樹園草ヒロにつきものの農薬被害が、このフロンテには無いのも嬉しいところです。

コメント:管理人

梅雨明けの甲信地方にて(3)

日野BT
日野BT
日野BT

日野自動車工業
日野BT

2018年7月撮影

レタス畑にレタス色のバス。
夏野菜の時季にこそ訪れたい1台です。
青々としたレタスに比べて色褪せた感は否めませんが、廃車になってから40年近くになるのでがんばっている方です。
以前はフロントガラスがしっかりと付いていて、昭和51年3月の車検ステッカーが残っていて廃車時期がわかりましたが、ここ数年でガラスごと失われてしまいました。

コメント:管理人

明日は石和でお会いしましょう!



明日のイベントの地である石和の交通安全ステッカーが残っていた剛力サンバーの後姿です。
ステッカーの決まり事をしっかり守ったかいあってか、無事に草ヒロになっていました。
温泉のあるところとはまったく別の場所で、10年以上昔に撮影したものです。

18062902.jpg

その時に剛力サンバーの近所で撮影した初代ハイゼットバン。
こちらは1年くらい前に鈴木B360がドライブ中に現存を確認しています。
山梨には3日間滞在する予定で、イベントの相方からは何も言ってきていませんが、夏の草ヒロ探索!という独自イベントがあるのなら、もう一度探して姿を拝見したいハイゼットです。

コメント:管理人

次の更新は7月2日頃になります。

鈴木B360のぶらり盆地ひとり旅(10) +管理人なぞり旅



草を食むヤギさん。
ピンが打たれて紐がかけられ行動範囲、というか一日に食べられる草が決められています。

ミニキャブELバン

ヤギとは反対を向くと、ミニキャブのELバンが物置しています。
道路から離れている場所にあるので、携帯電話のカメラではデジタルズーム頼りで画質が粗めで絵画のよう。

以上、鈴木B360が2018年3月に撮影

18062203.jpg

続いて管理人が訪問をした時も、まず姿を見つけたのはヤギさん。
地面の雑草は食べきれないくらいに一面を覆っていて、草を食べ疲れたのかヤギさんはポクポクと歩き回っていました。

ミニキャブELバン
ミニキャブELバン

三菱自動車工業
ミニキャブELバンスタンダード
(LT30V)
年式:昭和46年MC~51年
山梨県にて
2018年4月撮影

サイドドアとテールゲートが開けられてお仕事中の様子です。
昼どきだったためかオーナーにお会いすることはできず眺めていると、テールゲートがくの字に折れてしまっています。

17012405.jpg

2016年訪問時の写真を引っ張ってきて見れば、ガラスの下辺にそってサビが入っていて、メンテに青ペンキが塗られていました。
その部分がついに堪えきれず破断してしまい、くの字に折れ曲がってしまったようです。

ミニキャブELバン
ミニキャブELバン

冬のすっきりとした姿も良いですが、春の緑や花の色がある絵もやはり良いです。
草が多く生えてきたら、ヤギさんに食べてもらいましょう。

コメント:管理人

管理人のなぞり旅(13)

三菱360ピックアップ
三菱360
三菱360ピックアップ
三菱360

三菱重工業
三菱360ピックアップ
(LT25)
年式:昭和40年MC~44年MCミニカへ
山梨県にて
各アングル上が2016年3月・下が2018年4月撮影

定点撮影の領域に入った2台の三菱360です。
耕作放棄地で、斜面のぶどう棚の下で今年も春を迎えていました。

2016年より前の様子は以下の過去紹介記事で。

耕作放棄地の三菱360→春の山梨満喫ツアー(3)
斜面のぶどう棚下の三菱360→春の山梨満喫ツアー(4)

こちらの2台の三菱360は、昨日紹介個体の同じ丘にあり、三菱360の密集地帯と言えます。
探検隊の雑な仕事では、まだ見ぬ三菱360が居るかもしれません。

コメント:管理人

管理人のなぞり旅(12)

三菱360

10年にわたって浸かりにいっている日帰り温泉から一番近い草ヒロの個体を更新。
付近のサニーと三菱360たちと比べてみるも圧倒的な近さ。

三菱360
三菱360

新三菱重工業
三菱360
(LT22)
年式:昭和36年登場~40年MC
山梨県にて
2018年4月撮影

果樹園に囲まれた耕作されていない広い土地にぽつんといる三菱360のトラック。
しかも前期型でいらっしゃいます。
ちょいと遠いところにいますが、道路からしっかりと見えます。
目の前の温泉施設にしか注意が向いていないところで、すこし振り返れば姿を見つけることができたはずですが、まったく気が付きませんでした。
帰るときには目の前に見えるのですが、湯に入るのが大抵は夕暮れ後で、帰る頃には真っ暗になっているため、姿を見るまでに10年が経ってしまいました。

存在を知るきっかけが、インスタグラムのハッシュタグの#温泉名と#草ヒロだったのが、なんとも今風です。
にわかに信じられず、昼間の訪問を英断するのに2年くらいを要しました。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(13)

LN360とちょっとだけスバル360

本田技研工業
ホンダ・LNIII360

年式:昭和45年MC~46年
長野県にて
2018年3月撮影

大きな畑の向こうで、ひなたぼっこをしているLN360です。
午後の陽を浴びて、なんとも伸びやかです。
にゅるにゅるとレンズを伸ばしてなんとか捉えた姿で、パソコンの画面で見て初めて後ろにスバル360が続いていることに気が付きました。(後の祭りなれど、この置かれ方では手も足も出ない!)

18060802.jpg

フロントライトはリム付きの物に変えられていて、N360からもホンダ車からもイメージを一新しています。
鈴木B360が言うに、当時流行ったマネクーパーだとのことで、オリジナルで残っているよりも面白い1台かもしれません。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(12)

フェローバン

ボンネットの部分があるのだか怪しい、埋もれつつあるサブロクのボンネットバンです。
斜面に突っ込んでいる車、あれは何だろか?と写真の奥を走る道路からぽちぽち走ってきて近くから見下ろし、正体は何とかわかりました。

フェローバン
フェローバン
フェローバン

ダイハツ工業
ダイハツ・フェローバン360スーパーデラックス
(L37V)
年式:昭和42年登場~45年FMC
長野県にて
2018年3月撮影

全体像がすっきと見えたわけではないため、鈴木、東洋、三菱、愛知に本田と、各社の車が一斉に頭の中を走り抜けていきましたが、正体はダイハツのフェローバンでした。
ブルーシートで覆って何とか使っていた時期もあるようですが、背後に棟続きである物置に役目を完全に譲ったように、荒れるに身を任せています。
リアの上下開きの荷室ドアが半ばまでスイングアップしています。
このドアを開け放つと上下ともにほぼ水平となり、大開口で荷物の出し入れは大変スムーズです。

コメント:管理人

鈴木B360のぶらり盆地ひとり旅(9) +管理人なぞり旅

スズライトフロンテ

2018年3月撮影

探検隊がふたり雁首そろえて探索にでかけるよりも、ひとりで伸びやかに出かけたら成果が出てしまった2018年の春。
その片方の足跡を辿る羽目になった大物がこちらです。
鈴木B360から送られてきた写真。
iPhoneで撮影されたスズライトは印象画のような仕上がりで、実物を見たいという衝動に激しく駆られるものでした。

スズライトフロンテ
スズライトフロンテ

鈴木自動車工業
スズライト・フロンテデラックス
(FEAII型)
年式:昭和41年10月一部変更~42年
山梨県にて
2018年4月撮影

スズキ・フロンテではなく、スズライト・フロンテ。
売れに売れたLC10ではなく、ライバルの後塵を拝したFEA。
商用車3万8295台に対して乗用車2147台という昭和41年の生産データ(引用:戦後の日本車2 133ページより)が物語るように、この年式のL20キャリイなどはそれなりの数を見てきましたが、スズライト・フロンテとなるとさっぱり見かけません。
フロンテというイメージでも、昭和42年登場のLC10フロンテからという気すらしてしまうくらい、実車のイメージが乏しいです。
鈴木B360も、よくこんなマイナーな1台を見つけてきたものです。写真が印象画でなくても、ひと目見ておきたいものです。

スズライト・フロンテは果樹園に隣接した民家の裏手にあり、塀で区切られること無く眺め良い立地です。
お顔が望めませんがイメージとして出すとこんな感じ。

16092201.jpg
スズライトフロンテ

バンモデルのスズライトFEの写真を引っ張り出してきました。
フェイスデザインはこれで違いありませんが、各パーツを見比べてバンという他に、ドアハンドルの形状と、サイドマーカーの有無の違いがあり、日本車検索大図鑑でスズライトフロンテFEAの最終型であると判断できました。

コメント:管理人

羽前の国クラウンツアー旅行2018(9)

ホンダZ

本田技研工業
ホンダZ

年式:昭和46年MC~47年MC
山形県にて
2018年4月撮影

草むらに埋もれるホンダZです。
山を上ってきた畑に置かれていました。
モデルとしては、水冷エンジンに改められてからと思われますが、グリルの部分はよく分からない上、空冷と表情を変えているバンパーがそもそも外れされていてありません。
雪の重みでぐにゃりと屋根が潰れていますが、これが昭和47年にBピラーが無くなりハードトップとなったモデルであったなら、もっと派手に屋根が潰れていたかもしれません。

コメント:管理人

追記2018.6.2
サイドマーカーの意匠から、ライフベースとなってからのモデルとご指摘をいただきました。
ホンダZは当初はN360をベースとしていましたが、昭和46年のMCに際してベースをライフに変更し、それに伴いホイールベースが80mm拡大しています。

管理人のなぞり旅(6)



菜の花とミニキャブとネギ坊主。
季節の物なのに、撮影してからはやひと月、夏が来てしまいます。

18051603.jpg
18051604.jpg

三菱自動車工業
ミニキャブELバンスーパーデラックス(LT30V)
年式:昭和46年MC~51年
山梨県にて
2018年4月撮影

顔がこざっぱりとしてますが、ガーニッシュが抜けたミニキャブELになります。
ブロックの上に乗っかって姿勢よく佇んでいました。
車内は内張が落ちて少しホラーテイストになっているものの物置として現役です。
サビが目立ちますが、ミラーは落ちていません。
ミラーの支柱は、物を引っ掛けるにはちょうど良いもので、よく活用されている光景を目にしますが、このミニキャブはその誘惑?を見事はねのけています。

コメント:管理人

羽前の国クラウンツアー旅行2018(4)

ハイゼット
ハイゼット

ダイハツ工業
ダイハツ・ハイゼットバン
(S37V)
年式:昭和45年MC~47年FMC
山形県にて
2018年4月撮影

花いっぱいの庭から出られなくなったハイゼットです。
見たところ手前の舗装された坂道しかルートがありません。
2年前に見つけていたものの、撮影不能と判断してスルーしていましたが、今年は桜が満開。
なんとかアングルを捻りだし、カメラを頭上高く掲げて撮影してみました。
フロントドアが前ヒンジなのが辛うじて見えました。
農薬によるサビに縁のない場所で、表面的なサビは目立たないものの、窓が落ちかけていたり、屋根に派手な穴が開いていたりします。

善光寺平から北へ草ヒロ探訪300km(27)

フェローバン
フェローバン
フェローバン
フェローバン
フェローバン
フェローバン

ダイハツ工業
ダイハツ・フェローバン360
(L37V)
年式:昭和44年MC~45年FMC
長野県にて
各アングル 上段2012年4月 下段2017年11月撮影

斜面のわずかな土地に耕作された、りんご園の物置だったフェローバン。
耕作放棄地となり荒れ果てていました。

フェローバン
フェローバン

どうみてもフェローの物では無い大柄な座席シートを、しれっと装備したひょうきんな1台でした。
道路際に置かれていたものの、そこですら完全に水平ではなく傾いた姿は、何が何でも物置が欲しいという強い意志を感じさせました。

コメント:管理人

鈴木B360のぶらり盆地ひとり旅(5)

フェローMAXバン
フェローMAXバン

ダイハツ工業
ダイハツ・フェローMAXバン(L38V)
年式:昭和48年MC~51年MC
山梨県にて
2018年3月撮影

パブリカバンを撮影して、蕎麦屋のある丘に登ると、思わず目が合いました!
こんにちはなのですが、よく見ると竹の串刺しです。
ガラスも突き破り、屋根を引きずり上げています。
自然の力はやはりすごいと痛感(フェローMAXバンが)しました。
お馴染みの辛子色から、この青にオールペンされた個体でした。

コメント:鈴木B360

善光寺平から北へ草ヒロ探訪300km(24)

ミニキャブ
ミニキャブ
ミニキャブ
ミニキャブ
ミニキャブ
ミニキャブ

三菱重工業~三菱自動車工業
三菱・ミニキャブ

年式:昭和44年MC~46年FMC
長野県にて
各アングル 上段2012年4月 下段2017年11月撮影

ハイゼットキャブから向かいの山へと移動してきました。
今となっては向かい同士が見える距離にあるのですが、道がないのでぐるりと迂回して10キロちょい欠けるくらい走って到着。
見えなかった5年前も同じ道をたどったので、見つけていたとしたら・・・
物が物ですので泣きながらでも戻っていたことでしょう。
感慨深い前置きの方が長くなりましたが、5年たってのミニキャブは廃棄物のボックスのような姿になっていました。
薄っすらと浮いていたサビが色濃くなっているなど、月日が経ったことを感じさせますが、1か所だけ流れに逆らっている部分がありました。

18041109.jpg

間違い探しにもならないほど変わっていますが、右テールライトのレンズにご注目。
落ちたかけていたレンズがピタリと戻っています。
落ちたり無くなったりするのが常の草ヒロにあって、これはどうしたことか。

ミニキャブ
ミニキャブ

向かいから道が伸びているように見えますが、谷底ですごいことになっています。

コメント:管理人

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数