羽前の国ツアー2017(11)
ハイゼット
ハイゼット

ダイハツ工業
ハイゼットスーパーデラックス
(S38)
年式:昭和49年MC~後期型
山形県にて
2017年4月撮影

荷台に小枝を背負った姿が、山へ芝刈りにいったお爺さんのように見えるハイゼットを見つけました。
ルーフをこんがりとサビで覆った頭は爺様そのもので、鴨居に引っかかったビニールシートは首に引っかけたタオルにも見えます。
残雪をたたえた山々なところをひっくり返して、冬ごもりのために精を出す爺様にという風に妄想を重ねていって、ふと車の年式に思いを致せば、若者ではありませんが爺様と話を進めるには、鈴木B360や管理人自身にはとてもとても不利な話になり、爺様をオッサンに軌道修正をして、与太話を終えます。

コメント:管理人
【2017/06/25 17:50】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<羽前の国ツアー2017(12) | ホーム | 空梅雨模様の山梨にて>>
コメント
>魔洲魅丸さん

同じ年月を経た人間と車の両者(車)を比べてみたとき、車も同じように年を重ねているようで、直そうと思えば鉄板を継ぎはぎして、パーツを取り換えれば昔の姿を取り戻すことができます。
でも、人間にはそれができず、流れる時を巻き戻すことはできませんね。


>通りすがりのおっさんさん

草ヒロでも鉄板のコンディションが急に悪化する時期を「お肌の曲がり角」なんて称したことがありますが、草ヒロよりも人間の方が切実です。
でも、油断していると急に来るというのは共通しているでしょうか。
ナンバープレートのサイズはおっしゃる通りに黄色いナンバープレートになってからのサイズで違いありません。昭和50年からのモデルです。
【2017/06/30 19:10】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
私より若いハイゼットです。ハイゼットは頭が茶色ですが、私は白くなり始めています。
ナンバープレートの取付穴が黄色ナンバー用しかないので昭和50年以降のものでしょうか。
【2017/06/26 02:47】 URL | 通りすがりのおっさん #-[ 編集] | page top↑
ほっこり
幼少の時に見慣れた車が草ヒロとして現れると「心」が解れます 今日は「娘」(応援している歌手)に逢って来ました
ほっこりと同時に「不安」を覚えました
【2017/06/25 22:13】 URL | 魔洲魅丸 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/3507-37da2a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |