FC2ブログ
2020年11月の草ヒロ探検隊 信州展(12)
ギャランクーペFTO
ギャランクーペFTO

三菱自動車工業
ギャランクーペFTO GⅢ
(A61GS)
昭和46年登場~48年MC
長野県にて
2012年8月と2020年11月撮影

GTカーとして名をはせた兄貴分のギャランGTOに対して、こちら弟分のFTOは、車名の意味するところ「新鮮なクーペスタイルのツーリングカー」という若者向けのモデル。
スタンダードグレードにGⅠ、ラグジュアリーに仕上げられたGⅡ、これら2モデルには前期型では初代デリカのグリルバッチでお馴染みのネプチューン86エンジンを搭載。
そしてGⅢはツインキャブエンジンのネプチューン95エンジンを搭載のスポーティモデルです。

ギャランクーペFTO
ギャランクーペFTO

最初に見た2012年7月は、ナンバーが取れてからさほど時間が経っておらず、ボディーは夏の太陽を浴びて眩しいくらいでした。

ギャランクーペFTO

転じて2020年11月、空き地にそのまま佇んでいた姿は、8年でこうも変わるかという草臥れ方で、塗装は剥が落ちてサビ、ボディを黒ずませていました。

コメント:管理人



【2021/01/19 20:00】 | 2ドアHT・クーペ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2021/1/18「季節の草ヒロ」
サニーバン
サニーバン

日産自動車
ダットサン・サニーバン1200 2ドアデラックス
(VB210TR)
昭和48年FMC~51年MC
長野県にて
2009年1月撮影

昨日紹介した初代カローラバンから北の方へ数百メートル。
果樹園のなかでカローラの呪縛を解く3代目サニーバン。
テールゲートの把手が外れてしまった跡には、知恵モノのハンドルバーを付いていて目を引きます。
車体側面を見るとちょいとごちゃっとしていますが、後部座席にドアのない2ドアモデルです。
自動車ガイドブックには、‘スポーティ感覚あふれる2ドアバン。’とあり、ワゴン感覚で乗ってみなされと言わんばかり、ビジネスユースとは一線を画す紹介のされ方。
こちらのオーナーは、このサニーバンの向かいに2ドアのダットサンバンを置いていたので(探検隊未撮影)、4枚ドアがなくても2枚で十分と、謳い文句とは別の確信を持って2ドアサニーバンを買い求めたようです。

コメント:管理人
【2021/01/18 20:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おまけの初代カローラバン+季節の草ヒロ
カローラバン
カローラバン

トヨタ自動車工業
カローラバンデラックス
(KE16V)
昭和43年MC~44年MC
長野県にて
2009年1月撮影(現存せず)

3日前から紹介をしてきた初代カローラバンを締めくくる1台。
今日紹介したのも含め、ざっと半径数百メートルの円で囲うとすべてがその中にあります。
カローラを買い、廃車にしてから耕作地に置かれるのが、異様なまでに密度濃い一帯です。
周辺は決して日産が弱い地盤ではないのですが、初代サニーバンは探検隊確認できず。
こちらはグリルが見えませんが、この3年前に訪問した際に中期顔と確認済み。
果樹園の主の風格ただようサビっぷりに佇む姿、心底いい車だと思う。
このままこの地で朽ち果てることができなかったのが残念。

コメント:管理人
【2021/01/17 18:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おまけの初代カローラバン
カローラバン
カローラバン

トヨタ自動車工業
カローラバンデラックス
(KE16V)
昭和42年登場~43年MC
長野県にて
2007年12月撮影(現存せず)

小道の脇に置かれていた初代カローラバン。
フロントの顔まわりにはパーツ類の欠品なく、文句なしの初代カローラの前期顔。
朝6時半過ぎに探索を始めて、早々に大物にお目にかかりました。
ガラスがすべて無く風通し良すぎる姿を、身震いしながら撮影したのを覚えています。
ガラスはないのに出てしまっている助手席のサンバイザーが、やる気の空回りのようなおかしさを感じます。
このあと、昨日、一昨日とブログで紹介した初代を相次いで発見し、探索の良き1日の鮮烈なスタートでした。

コメント:管理人
【2021/01/16 17:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春から夏日和の長野にて2018(94)
カローラバン
カローラバン
カローラバン

トヨタ自動車工業
カローラバンデラックス
(KE16V)
昭和43年MC~44年MC
長野県にて
2018年3月撮影

未舗装の農道沿いに置いてある初代カローラバン。
全体的に経年による痛みなど見られますが、この年式にして左右のフェンダーミラーがしっかりとしているあたり、この個体が良い余生を送っているのを物語っています。
モールの外れた部分に元色のブルーが出ているほか、それが色褪せてグレーのようになった部分、補修のために白く塗られた部分と、カローラが過ごしてきた時間を垣間見せてくれ、サビによる深みだけでない廃車体美です。
文頭で未舗装の農道といった道は、歴史ウォークなどの趣味人には有名な道で、江戸の世から続く歴史ある旧街道がそのままmの道で残っている場所だったりします。

コメント:管理人

【2021/01/15 20:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
草ヒロ探検隊~平成をしめくくる長野旅行から(34)
カローラバン
カローラバン
カローラバン

トヨタ自動車工業
カローラバンデラックス
(KE18V)
昭和44年MC~45年FMC
長野県にて
2007年12月と2019年4月撮影

畑のあんな奥の方に、どうやって置いたのだろうね。
さすが初代だけあって一筋縄ではいかぬ場所に鎮座なさっている、と諦めて望遠で撮影をした初代カローラバン。
以前は遮るもの無く見通せた姿が、今は害獣除けの柵が張り巡らされて、風景を一変させています。
幾重にも張られた柵に加えて、電気柵の最終ラインも見られ、厳重に守られているエリアから外に追いやられたカローラは、そのためか撤去されることなく健在でした。
以前はアクセス不能と接近を諦めたのですが、時は進み平成の終わり紙の地図だけを頼りに探索していた時代ではなく、スマホを駆使して調べて見ると、段で見えない奥に道があるのを発見。
車では到底入っていけない深みなので、管理人があるいてポヤポヤと様子を見てきました。

カローラバン
カローラバン
カローラバン

遠目からの様子で顔は見えないと思っていたとおり、枯れ枝や草にボンネットを埋めていました。
周囲には栗が大量に落ちていて、害獣除けの外で熊さんとの遭遇を予感させるのに十分すぎる材料が。
とっとと撮影して探索車の方へと戻ったのは言うまでもありません。
接近せずとも分かったことですが、リアピラーにエアアウトレットの穴が開いているので(カバーは脱落)、昭和44年MCを受けたモデルとわかります。
助手席三角窓には、排出ガス対策済みの丸シールの跡も見えます。
左のテールが炎に炙られて溶けていることから、カローラの近くで草などを燃やす火を焚いていたのが伺え、今ではお役目無い様子も、かつては物置として使われていたのが想像できます。

コメント:管理人
【2021/01/14 20:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2020年11月の草ヒロ探検隊 信州展(11)
サニーバン
サニーバン
サニーバン

日産自動車
ダットサン・サニー1000バンデラックス
(VB10)
昭和42年MC~43年MC~45年FMC
長野県にて
2006年9月と2020年11月撮影

季節違っても相変わらず草に埋もれている初代サニーバンのバックショット。
幹線道路から見ようと思えば見えるのに、場所の記憶も曖昧で、有るのか無いのかイマイチわからない感じにしたまま10年。
初めて見た時すでにガランドウになっていて、草に埋もれるのに任せていたのが、まさか残っているとは思いもしませんでした。
何か離れたところから撮影した覚えだけあり、再訪問して見るとサニー背後には用水路が通っていて、とてもじゃないですがテールゲートを開けて荷物を出し入れできる立地ではありません。
ガラスがないだけで、特に荒れ果てたという感じもせず、ガラスが割れて散乱するのを嫌ったオーナーが外したのではと思うくらい整然としたドンガラです。
フロント側に周るも、今回もお顔は拝見できず、サイドマーカーが四角形なのを確認できたくらいです。

サニーバン

撮影に際し、サニーの下で寝入っていた猫を起こしました。
距離があり逃げはしないものの、何か変なのが来たくらいに警戒され、不機嫌そうにこちらを見ていました。

コメント:管理人
【2021/01/13 10:00】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2020年11月の草ヒロ探検隊 信州展(10)
サンバー360
サンバー360
サンバー360

富士重工業
スバル・サンバーパネルバン
(H-K74)
昭和51年2月MC~5月サンバー5へMC
長野県にて
2020年11月撮影

ひときわ目立つ赤いボディのサンバーを、高原の草ヒロ群集地で見つけました。
道が通っていたので管理人歩いて向かい、撮影終えて戻って「サンバー5」と鈴木B360に報告。
その撮影から2カ月経とうとしています今訂正いたします。
こちらはサンバー5にあらず。水冷4サイクルエンジン搭載の360cc最末期のモデルです。
水冷2サイクルのEK34エンジンから、水冷4サイクルのEK21エンジンに換装して、昭和50年排ガス規制に適合させたのがメインのマイナーチェンジで昭和51年2月に登場。
この見た目からも、わずか3カ月後の5月に登場するサンバー5を、360cc時代に少しだけ先取りしたというのがよくよくわかります。
そのサンバー5でさえ550規格には暫定対応で、1年後には完全対応のサンバー550にマイナーチェンジし、トラックを例にすると昭和51年から52年の間に、K71(2サイクル360cc)→K73(4サイクル360cc)→K75(サンバー5)→K77(サンバー550)の4モデルがぎっちりと詰まっています。

サンバー360
サンバー5

サンバー5の雰囲気を出していますが、バッチ云々を除いて決定的な違いはフロントバンパーです。
2車の写真を並べて見比べると、穴の有無で形状の違いが一目瞭然です。

サンバー360

草ヒロとしてのロケーション良く、パネルバンでありがちなパネル部分が切り離された物置ではないのが嬉しいところ。
サンバー5とばかり思っていたもんですが、良い物を見たという満足感の高い1台です。

コメント:管理人
【2021/01/12 05:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2018年末慰安旅行より(50)
ファミリアプレストセダン

東洋工業
マツダ・ファミリアプレスト1300 4ドアセダンデラックス
(STB)
昭和45年登場~47年MC~48年MC
長野県にて
2018年12月撮影

草ヒロを追ううちにだいぶ山の方へと入ってきて、もう草ヒロのある広がりや気配がなくなり、さて引き返そうとしたとき、点在する家屋のなかに雪を被るセダンを発見。
ファミリア!というのは眺めてわかるも、望遠で撮るくらいしかアングルを確保できず、とても良い感じに草臥れたのを、もう少しじっくり拝見したかったところです。
トランク部分の側面に『1300 deluxe』のバッチが確認できたのみで、フロントやテールは見ることかないませんでした。
ファミリアプレストという車は馴染み深いと思っていましたが、それはバンの発見数の賜物で、セダンモデルとなるとマイナーチェンジの差異を比較できるほど発見数が実はありません。

コメント:管理人
【2021/01/11 20:00】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2021/1/10「季節の草ヒロ」

サンバー

富士重工業
スバル・サンバーライトバン5ドアスーパーデラックス
(K81)
昭和48年FMC
長野県にて
2013年1月撮影

仕事終わりから身支度整え電車に揺られて長野へ。
駅前の宿に入り旅装を解くなり、すぐ宿のレンタサイクルで探索へ繰り出す。
ちょいと宿で休んで、暗くなったあたりで居酒屋に繰り出せばいいのに、道中に車窓で眺めただけの草ヒロと、宿のエントランスにあった自転車で変なスイッチ入りました。
30分ほど自転車を走らせ市街地を抜けた頃には、果樹園地帯がひろがるも日暮れも迫り、日影が伸びるなかにスポットライトのように太陽の光を浴びたサンバーを撮影できました。
サンバー手前のアルトにも良い感じで光があたっています。
1時間も探索できませんでしたが、日がとっぷり暮れてから宿に戻り、その後に飲んだ地酒の美味いこと。

今ではがっつくほど草ヒロがいらっしゃらないので、同じ行程で出かけたとしても、街歩きをしながらダイレクト一献となる公算大です。

コメント:管理人
【2021/01/10 20:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ