FC2ブログ

赴くままに真夏を旅した1日から(3)

サンバー郵便車

自動販売機のかげにすっぽりと隠れてしまう、小さくかわいらしいサイズ。
近所にはスカイラインがジャッキアップされた状態、660が畑の乗りつけたままに草ヒロ化していたりと、草ヒロの雰囲気が多少ただようところでしたが、まさか2代目サンバーに出会えるとは。

サンバー郵便車

富士重工業
スバル・サンバーライトバン

年式:昭和45年MC~46年MC
神奈川県にて
2018年8月撮影

郵便車の赤い塗装は退色が進んでいてサーモンピンクのような淡い色合い。
それに対してサビは深く、容赦なくボディを引きちぎらんと、はっきりとした道筋でボディを走っています。
山梨や長野あたりの道路端ではなく、住んでいる神奈川県内で見つけたというのが嬉しいところ。
平成になっても10年、20年前なら、ごくごく普通に見かけた草ヒロも、探検隊のふたりでこの趣味を始めたころには、すでにその姿は大方が消えていた頃でした。
真夏の暑さにやられて、夢と現が曖昧になったのではなく、平成最後の夏、サンバーは確かに居ました。

コメント:管理人

通勤車窓に動きが・・・

9月に入ったらブログを更新できるかと思いきや、ちょいと更新して再び沈黙していました。
おちごとのせいかがよいかんじにふれてしまい、10月まで延長戦の気配となってしまいましたが、ようやく自宅のパソコンを起動する余裕がでてきました。

18091202.jpg

2018年9月 1503S車中より

ゆるゆるっと移動している車窓から、夏草に埋もれても目立つ赤いボディを眺めていたのですが、ちょいと目を離したら目の前で家を建て始めていました。
玄関アプローチに草ヒロのカローラIIを飾る酔狂なオーナーさまではないでしょうから、工事の進捗とともにいつ姿を消してもおかしくありません。

18091201.jpg

回りこんでの写真は2013年9月の撮影です。
道路に面した土地といえば土地ですが、まさか家が建つとは思いもしませんでした。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(24)

スズライト・キャリイ

鈴木自動車工業
スズライトキャリイ360FB

年式:昭和36年登場~38年MC
長野県にて
2018年3月撮影

山奥の空き家に取り残された初代スズライトキャリイです。
あるところにはあるのだというにつけても、初代キャリイとは驚きの1台です。
今では車で行くことが・・・できる場所にあり、周辺には観光客が訪れるようなものもあるところで、忘れ去られたとか、取り残されたとかいう悲壮感のない、明るい感じの場所でした。

スズライト・キャリイ

フロントマスクから昭和38年にMCを受ける前の前期型とわかります。
立派なフロントグリルにボンネットを持つ車体ですが、エンジンは車内の座席シートを外した直下にあり、ボンネットの中は、ハテ?見たことが無いぞ?
というか、切れ目が見えないので、コの字型の一枚物の鉄板で、そもそも開くところが無い?
エンジンの収まっている場所については、同じくボンネットスタイルの次代L20キャリイにおいても同様でした。
ちなみにL20キャリイでは、ボンネットの部分は明らかに開くような造りです。

コメント:管理人

9月~。



つつがなく?9月突入です。
オチゴトとは言え、今年は世間で騒がれているような人材難も直撃して、さんざんな8月でした。
あしたから、草ヒロのブログを再開します。

草ヒロ探検隊管理人

週末ではなく月末でした。



サラリーをいただいているオチゴトで、8月いっぱい落ち着けない状態のため、ブログの更新を原則お休みします。
記事を書く気力が充電できましたら、更新をいたします。

草ヒロ探検隊 かんりにん

更新オヤスミします。



台風接近など諸々でゴタついていますので、週末くらいまでお休みさせていただきます。

赴くままに真夏を旅した1日から(2)

長野や山梨には足しげく通うも、隣の市にポツンと居る1台にはなかなか足が向かわず、いつか撮影しようとしているうちにいすゞジャーニーは居なくなっていました。
鈴木B360曰く、ジャーニーは随分と前に2台そろって撤去されたとのこと。
随分と前って、おじさんになると時が経つのが早くていけません。
いすゞプラザ訪問前の景気づけ?はできなかったものの、ほどなくして立ち寄ったコンビニの前には、変わらずダットサンの姿がありました。

ダットサン210
ダットサン210
ダットサン210

日産自動車
ダットサン210セダン
(L210)
年式:昭和32年~33年MC
神奈川県にて
2018年8月撮影

被っていたシートがはだけて露わになったままのダットサンセダンです。
モールが前のドアの途中で途切れているので210型になります。
何気なく写真を撮ってきたのですが、よくよく見てみるとハンドルが左にあるような・・・。
それに、運転席側のドアに鍵穴が付いているのですが、こちらさんには右側にそれがありません。
北米向けの左ハンドル車、L210型のようです。
このようなイロモノ、畑の草ヒロでは見ることはまずあり得ません。
整備工場の片隅ながら眼福です。

1958年の自動車ガイドブックには、国内向けの210Jと北米向けL210の2台掲載があり、スペックを見ると全長、エンジン馬力、タイヤ寸法に本当に微妙な違いがありました。

ダットサン211

日産自動車
ダットサン1000セダン
(211)
年式:昭和33年MC~34年
神奈川県にて
2018年8月撮影

同日、パレットの上にて若干の高い高いをしているダットサンも見ました。
モールが後方に向けて延長されている跡が見えるので、210のマイチェン211型になります。
数年前にはボンネット部分もしっかりとあった個体・・・のはずが、なんとも言えない感じになっていました。

コメント:管理人

いすゞライトバス

18080501.jpg
18080102.jpg
18080502.jpg
18080503.jpg

いすゞプラザで1/43のジャーニーのミニカーを拝見して、草ヒロでは久しくお会いしていないと気づいてしまいました。
ちょいと前までは、いすゞプラザからほど近いところにもいらっしゃったのですが・・・。
ミニカーのほうは、お目目がちょっと小さいような気が・・・。

コメント:管理人

赴くままに真夏を旅した1日から(1)



神奈川県にて
2018年8月撮影

猛暑日に日陰に避難する1台と、し損ねた1台。
奥のほうは鬱蒼とした森となっていて、順当に古い車が続いて置かれていたら面白いかもしれません。
はっきりと姿を見せてしまう冬と違い、想像力を掻き立たせてくれます。

コメント:管理に

暑い8月のスタート



本日は昼前より鈴木B360とともに神奈川県藤沢市にあるいすゞプラザの見学と、神奈川の宿題を少々済ませ、あとは高速道路に乗り甲府盆地へ夕食と温泉入浴に行くという、欲望のおもむくままの弾丸ツアーを敢行しました。

いすゞプラザは現在夏休み期間中とあって、平日も事前予約なしでの入場ができるということで、急に決まった日帰り旅にも組み入れることができました。
ビヴァ!夏休みという感じです。

18080105.jpg

用事や目的地の無く神奈川をフラフラするというのはあまりないため、知らない道を選んで通ってみました。
夏なもので大した期待もせず車を進めていましたが、居るところには居るものです。
夕方に勢いで甲府盆地まで足を伸ばしましたが、なんとか日が変わる前に帰ってくることができました。

コメント:管理人

明日の更新はお休みさせていただきます。

ライトバスジャーニー~2006年8月撮影

国鉄の廃線跡が道路になった場所を走っているときに相次いで見かけたライトバスジャーニー。
撮影はいずれも2006年8月と、10年以上も昔になります。
昭和40年代に役目を終えた鉄路は、かつてはSLがけん引する貨物列車や、ディーゼルカーの旅客列車が行き交っていました。
その終点までの大部分が道路に転用されています。


18080103.jpg

こちらは国道に面した整備工場の裏手にへばりついていた1台目のライトバス。
顔を突き出している先が崖で、下には川が流れているという崖っぷちにあり、廃線跡の橋から撮影しました。
だいぶ足元がえぐられていますが、ゴロンとしていなければ撤去も難しい場所なので、もしかすると現存するかもしれません。

18080102.jpg

もう1台は木の下で苔だらけの姿で物置になっていた教習所の送迎車だった個体。
昼間だというのにオバケが出てきそうな鬱蒼とした雰囲気がしていました。
開いたままのドアから見える暗い車内が正直怖い。
同じ日の数分のあいだに相次いで見た2台でした。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(23)

コロナ
コロナ
コロナ

トヨタ自動車工業
トヨペット・コロナ1500デラックス
(RT40D)
年式:昭和43年MC~45年FMC
長野県にて
2018年3月撮影

赤いコロナから450メートル、白いコロナも変わらず健在。
エンジンやらグリルが抜き取られた個体で、もう走ることは叶いませんが、物置として悠々の第二の人生を送っています。
赤いコロナにエンジンなんかは譲ったのかなと、近い2台をくっつけて考えてしまいます。
乗っている1台の脇に部品取りの何台かがパーツを抜かれて置いてあるのを想像してしまいました。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(22)

コロナ

立地こそ果樹園草ヒロですが、実態は保管車というコロナを訪問しました。
とあるコロナから目と鼻の先にあるという話を聞き見に行った、探検隊にとって日常の漏れヒロです。
目と鼻の先というニュアンスも広大な果樹園での話で、実際には450メートルほど離れていました。
ちょっと角を曲がってみたり、ここいらで引き返しましょう、などと動いたら、450メートル近くでも「縁」が無かったと見つけられないものです。

コロナ
コロナ

トヨタ自動車工業
トヨペット・コロナデラックス
(RT40D)
年式:昭和41年MC~42年MC
長野県にて
2018年3月撮影

平成13年1月で車検が切れてしまった3代目コロナ。
果樹園で物置となった個体たちよりも20年以上のタイムラグがあるため、不思議なコンディションで置かれています。
物置となっているわけではなく、ドア開閉や荷物の出し入れによる破損等もないので、物置草ヒロを思い浮かべただけでも異様としか言いようがありません。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(21)



こんな並びのホンダが居たかしら。
何回か通っている国道沿いで覚えのない2台でしたが、いい味出していたので止まって眺めてみました。

18072902.jpg

本田技研工業
ホンダN360

昭和45年MC~(NIII)
長野県にて2018年3月撮影

右半身と左半身のコンディションに大きな違いが出ています。
軒から半分だけはみ出た状態で置かれていたのでしょうか?

18072905.jpg

左側はステッカー類も色を残していて、点検ステッカーは昭和48年12月、三角窓には点火時期調整のステッカーもあります。
右側では判読できないまで劣化していたドアのペイントも残っていて、営業車だったようです。

18072903.jpg

本田技研工業
ホンダZ

年式:昭和45年登場~46年MC

N360の横にはまだまだいけそうなホンダZが居ました。
点検ステッカーは平成ひと桁と思しきものが残っていました。
新品を思わせるタイヤをはじめ、外観はいい線いっていますが、車内に目を転じると草臥れている感は否めません。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(20)


マツダB360
マツダB360
マツダB360
マツダB360
マツダB360

東洋工業
マツダB360ライトバンスタンダード

年式:昭和41年MC~44年ポーターへFMC
長野県にて
2018年3月(モジャモジャオバケ)と2012年3月撮影

元はそこそこのコンディションだったマツダB360も、6年ぶりに訪れてい見るとすっぽりと姿を隠していました。
畑だったであろう平地に苗木が植えられていた6年前。
今はその苗木も立派に成長しています。
植林か造園業者の樹々なのか判断しかねますが、自然に還ろうとしているのは確かな6年の変化でした。

コメント:管理人

モジャモジャオバケ



春だというのに目覚めることなく冬眠中。
6年前に訪れたときは、まだ人の手が入っていたようですっきりとしていましたが、埋もれるのはあっという間です。
ライトやグリルと手がかりの部分が辛うじて見えています。

コメント:管理人

ハイゼット~銀世界の長野より~2013如月Part2より



ファミリアトラックバンの背後には巨泉ハイゼット。
最近は再訪問をしてみようとしても、ここまで濃い並びをお目にかかる機会はほとんどありません。
軽トラが辛うじて入れる道なので、今もあれば良いのですが、はてさて足が遠のいています。

18072602.jpg
18072603.jpg

ダイハツ工業
ダイハツ・ハイゼットバン360

長野県にて
2013年2月撮影

後部ドアがちょいと落ちているほかは、とても綺麗なハイゼットです。
雪による美白の効果が若干はある!ほか、雪の下のルーフも若干へこんでいるのですが、これ以外に白状するところが無い美個体です。

コメント:管理人

ファミリアバン~銀世界の長野より~2013如月Part2より



雪に車体をすっぽりと埋めたファミリアバン・・・

18072502.jpg

ではありません。
なんのためにこうしたのかイマイチ分からない、車体から分離されたルーフでした。

1807503.jpg
18072504.jpg

東洋工業
マツダ・ファミリア1000バンデラックス

長野県にて
2013年2月撮影

2013年の寒い寒い冬の日の探索の未掲載の個体を引っ張り出しています。
このファミリアバンは、さかのぼれば2006年9月に初訪問していて、その時はルーフ オン ルーフという珍妙なナリをしていましたが、道路挟んで向かい側に避けられていました。
どれくらい重さがあるのか想像できないものの、人が持てないほど重くはないようです。
10年以上にわたりいろいろな草ヒロを見てくると、この珍妙なナリの個体も、園内作業車として仕立てようとしたのか、高さのあるものを置くために切ったのか、想像もとい妄想だけは膨らませることはできるようになりました。

コメント:管理人

暑中お見舞い申し上げます



暑中お見舞い申し上げます。

連日の暑さのなか皆さまどうお過ごしでしょうか。
人に会うごと「暑いねぇ」と声をかけあい合言葉になりつつあり、7月だというのに夏にウンザリしつつある管理人です。
体調を崩さずに秋の訪れを迎えられるよう、無理をせずに夏を乗り切りましょう。

暑さは変えられませんが、冬の日を思い返して、少しでも涼しくありたいと思います。

草ヒロ探検隊

オヤスミします。



今日と明日の更新をお休みします。
コメントの返信も月曜日までお待ちください。

月曜日追記。
火曜日までお待ちください。

善光寺平から北へ草ヒロ探訪300km(31)


18072002.jpg

日産自動車
ダットサンバネットバン

年式:昭和55年追加~57年MC
長野県にて
2017年11月撮影

さらっと撮影をしてきたのですが、あとからジワジワとくるダットサンバネットです。
フロントのバッチは外れてしまっていますが、外れた跡が実にダットサンらしいです。。
ドアにもかすれながらもDATSUNの文字が見えますし、リアにもダットサンバネットのデカールがあります。
ここまでは普通なんですが、草を被った顔をしっかりと見ると丸目2灯なのです。

所有している昭和55年3月と7月発行のダットサンバネットのカタログを見ても、2灯モデルはどこにも掲載されていないのです。
それに加えて、今まで見てきたダットサンバネットを思い返しても、「2灯なんてあったんだ!」という認識なもので、さらっと撮影してきたのが悔やまれるレアなバネットでした(笑)

コメント:管理人

梅雨明けの甲信地方にて(9)(終)

ライトエース
ライトエース

トヨタ自動車工業
トヨタ・ライトエースバンデラックス
(KM10V)
年式:昭和45年登場~53年MC
2018年7月撮影

カンカン照りの昼下がり、涼しかった高原から盆地へと戻ってきました。
標高にすると1000メートルから400メートルまで一気に下りてきたので、暑いったらありゃしません。
ふだん潮の香りのする地べたの半島に住んでいる身にとっては、そもそも標高が400メートルすら無いので、十分に高いところなんですが、涼しい感じが一切しません。
何だかんだと動き回った半日の汗を温泉でさっぱりと流して、後は帰るだけと車を走らすと見つけてしまうものです。
車幅ちょうどの道だったので、窓を開けて運転席からカメラを構えるという、風呂あがりに障らない横着をこきました。

ライトエース

このライトエース、10年くらい前に長野から山梨に旅をしたときに見たことがあったのですが、10年前はまだ鮮やかな緑色をしていました。
幹線道路から遠くて道も狭いと、スルーをしておおよその場所は把握していたつもりでしたが、いざ訪れようとするとたどり着けないもので、ずいぶんと色あせてしましました。

コメント:管理人

梅雨明けの甲信地方にて(8)

トヨペット・ダットサントラック
トヨペット・ダットサントラック
トヨペット・ダットサントラック

日産自動車
ダットサン1300トラック
(520S)
年式:昭和41年MC~43年MC
2018年7月撮影

ボンネットにぐるぐる巻かれたホース、荷台には送水管を立て掛けて、堂々たる佇まいのダットサントラックです。
背後に広がる畑にくまなく水を行き渡らせるためのもので、広い畑ゆえにホースや管も数が多いです。
このダットサントラック、姿を初めて見たのはテレビの中で、お昼ご飯を見せてください的内容の番組に後姿が出演していて、続けて視聴していた番組ではないものの、何となく見ていてお会いしたものです。
この撮影の前日に放送されていた、ポツンと建つ家に訪問する番組でも、営業を終えた民宿のハイエースが出演するなど、廃車体を見ることがしばしばあります。

トヨペット・ダットサントラック

グリルにシレっとあるのは、NISSANでもDATSUNでもなくTOYOPET(笑)
スタウトのバッチも付けましょうか!と続けたくなるくらいユーモアのあるアイテムです。
よく見るとバンパーにはライトバンかピックアップにあるものの、トラックには無いはずのオーバーライダーが付いていて、好き者のオーナーであったことが想像できます。

コメント:管理人

春から夏日和の長野にて2018(19)



2015年11月撮影

18071702.jpg

2017年5月撮影
フロントガラスとサイド(ぼかし済み)に何やら嫌なことが

18071700.jpg

2017年11月
前を通るも痛ましい姿を見るに堪えず撮影せず

18071703.jpg

2018年4月撮影
撮らないままでいても埒があかないので撮影
見たくないところを白塗り

バスの置いてある前後の納屋や集落の看板にも同じ落書きあり。
エスカレートして見るも無残なことに。
落書きの存在を消し去って認めないのが、さらなる被害防止に効くのですが、物置と言えど廃車体となるとそこまで手が回ることもなさそうで、秋から春を迎えていました。

コメント:管理人

オヤスミします。



今日と明日の更新をお休みします。
コメントの返信も月曜日までお待ちください。

月曜日追記。
火曜日までお待ちください。

梅雨明けの甲信地方にて(7)

エコー
エコー
エコー

日産自動車
ニッサン・エコー
(GHC240)
年式:昭和41年FMC~43年MC
2018年7月撮影

昨日紹介をしたエコーから走ること数分、道路下に見知らぬ青白のマイクロバスがちらりと見え、にエコーと即断した管理人です。
しかしながら、小一時間後にまた戻ってくると走り過ぎて、答え合わせを後回しにすると、ご新規さんに舞い上がって「本当にエコーだったのか?」と気がかりになるものです。
結局のところ2時間後に戻ってきて行ってみると、ちゃんとエコーでした。
外装は一部のモールが落ちていたものの、サビは薄っすらとしていて、モールのところを境にベロリと剥がれ落ちることが多いサイドのパネルもしっかりとしていました。
ただ車内は屋根の断熱材にネズミが住んでいるようで天井が大荒れでした。

エコー

青空と白い雲色のエコーの窓が、青空に浮かぶ白い雲を映しこんでいました。
夏ならではのノスタルジックな雰囲気がとても良いですね。

コメント:管理人

梅雨明けの甲信地方にて(6)

エコー

日産自動車
ニッサン・エコー
(GHC240)
年式:昭和41年FMC~43年MC
2018年7月撮影

広い畑の奥に置かれた物置エコーを夏に初めて訪問しました。
青々としたレタスが畑一面を覆い、カラマツの木々も緑を湛えていて爽やかな風景です。

エコー
エコー

エコーに寄りかかり倒れていたトイレが離れてキチンと建っていました。
トイレがゴッチンコしていたフロントガラスのところは何やら派手に壊れているようで、左右分割ガラスの片方が無いような感じになっています。

コメント:管理人

梅雨明けの甲信地方にて(5)



夏至を過ぎても日の長さはほとんど変わらず、残業し放題の草ヒロ探索ができるのですが!草も伸び放題で、そうは問屋が卸しません。
この三菱360の状態だと、まだまだ草に埋もれず見えている方ですが・・・。
できるなら、夏の昼を貯めておいて、冬のシーズンに探索のために使いたいと、何度思ったことか。
せっかくの太陽も暑さを放出する方に打ち込んでくれて、息を吸うのも苦しい熱波に晒されてはやる気も削げて、車を快調に走らせて日帰り温泉に到着。

18071102.jpg
18071101.jpg

近所にある初代サニー2ドアスポーツを、果樹園上の道路から見下ろしてみたものの、どこが2ドア?というもっさりと覆われた姿で、サニーから目を転ずればたわわに実ったキウイフルーツに囲まれていました。

コメント:管理人

梅雨明けの甲信地方にて(4)

18071001.jpg
18071002.jpg
18071003.jpg

鈴木自動車工業
スズライト・フロンテデラックス
(FEAII型)
年式:昭和41年10月一部変更~42年
2018年6月撮影

空き家に残されたスズライト・フロンテ、夏の姿です。
果樹園との境のギリギリに置いてあるので、隣の果樹園越しに眺めることができます。
耕作されているため、草に埋もれることなくしっかりと姿を見ることができます。
果樹園草ヒロにつきものの農薬被害が、このフロンテには無いのも嬉しいところです。

コメント:管理人

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数